西園寺鏱子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西園寺しょう子から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
西園寺鏱子
第92代天皇后
皇后 正応元年8月20日1288年9月16日
永福門院
院号宣下 永仁6年8月21日1298年9月27日

誕生 文永8年(1271年
崩御 興国3年5月7日1342年6月10日
氏族 西園寺家
父親 西園寺実兼
母親 中院顕子(中院通成の娘)
配偶者 伏見天皇
入内 正応元年6月2日1288年7月1日
女御宣下 正応元年6月8日(1288年7月7日
立后前位階 従三位
テンプレートを表示

西園寺 鏱子(さいおんじ しょうし)は、第92代天皇伏見天皇皇后中宮)。鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての京極派の代表的歌人。従一位太政大臣西園寺実兼の長女。母は内大臣中院通成の娘、顕子。女院号は永福門院(えいふくもんいん/ようふくもんいん)。法名は真如源。

次妹の西園寺瑛子(昭訓門院)は亀山上皇の寵姫で、末妹の西園寺禧子後醍醐天皇の皇后・二条派の有力歌人である。

現存する和歌だけでも387首が残り(重複入集も別個に数えると453首)[1]、うち151首が勅撰和歌集に入集した[2]

生涯[編集]

弘安11年(1288年)4月27日、従三位正応元年(1288年)6月2日、前年に即位した伏見天皇のもとに入内、同月8日女御、さらに同年8月20日には中宮となった。

実子は生まれなかったが、典侍五辻経子が生んだ東宮胤仁(のちの後伏見天皇)を猶子とし、手許で育てた。永仁6年(1298年)8月21日、伏見天皇の譲位にともない院号宣下をうけた。正和5年(1316年)6月23日に出家し、真如源と号する。興国3年(1342年)5月7日、72歳で崩御した。

伏見天皇の東宮時代から京極為兼が仕えていたことから、歌を京極為兼に師事し、為兼や伏見天皇を中心とする京極派の歌人として『玉葉和歌集』『風雅和歌集』等に多くの歌を残している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 岩佐美代子 『永福門院 飛翔する南北朝女性歌人』 笠間書院〈古典ライブラリー 9〉、2000年10月30日。ISBN 978-4305600394