五辻経子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

五辻 経子(いつつじ つねこ/けいし、生年不詳 - 元亨4年10月11日1324年11月6日))は、鎌倉時代女性伏見天皇典侍後伏見天皇の生母。父は従三位参議武蔵守五辻経氏。母は卜部兼直の娘。

伏見天皇の掌侍から典侍となり、中納言典侍といわれた。弘安11年(1288年)3月3日、胤仁親王(のちの後伏見天皇)を産む。胤仁親王は中宮西園寺鏱子猶子となったため、経子は国母として遇されなかった。従三位准三宮。中園准后とも呼ばれた。元亨4年(1324年10月11日薨去