石切山英詔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

石切山英詔(いしきりやま ひでのり)は、クリエイター、ゲームプロデューサー、ディレクター、プランナー、プログラマー。

M.J.KOZOUハンドルを使用している。

富士通パソコンシステムズデジキューブで数々のゲーム、ソフトウェアを企画制作。 テレビ東京ブロードバンド[1]ジグノシステムジャパン[2]でIT系デジタルコンテンツ、アプリ等を企画制作。

現在、レイス[3]の子会社であるMJ GARAGE Inc.[4]の代表取締役。

来歴[編集]

静岡県富士市出身。城西大学卒業。 

高校生時代に雑誌POPCOM創刊記念プログラムコンテストで優勝、その後もいくつかの雑誌で賞を受賞。

大学在籍中にはビクター音楽産業主催の原宿音楽祭パソコンゲームコンテストで優勝、その後、同社より、プロ野球シミュレーションゲーム(PC)「やじうまペナントレース」(田渕幸一監修)をリリース。

1988年 富士通パソコンシステムズに就職。FM TOWNSアプリケーションソフトウェアオペレーティングシステムの開発の傍ら、数々のFM TOWNS用フリーウェアを発表。

これらのフリーウェアは、CDジャケットや演奏に同期しての歌詞表示等、当時では画期的だったCDプレーヤーや、音声合成版、音声認識版までリリースされたクイズゲーム等、FM TOWNSならではの機能が特徴であった。パソコン通信(ニフティサーブ)で配布されていたが、富士通が発売した「フリーウェアコレクション」に収録されたり、雑誌「Oh!FM TOWNS」の付録、さらには、FM TOWNS本体にバンドルされたりもした。

その後、パッケージソフトの制作/企画開発を行う。パネルクイズ アタック25 (PlayStation)など実在するクイズ番組を次々とゲーム化した。また、アタック25や、アメリカ横断ウルトラクイズなど一部のゲームでは、石切山本人が自ら解答者などとしてゲーム中に登場している。1998年デジキューブに移籍、team-digiで精力的にタイトルをリリースする。

2003年 デジキューブ倒産前に退職し、テレビ東京ブロードバンドに移籍。 同社でジェネラルマネージャー[5]として新規事業立ち上げを担当。

2006年 ジグノシステムジャパンに移籍、システムエンジニアリング部部長に着任(後に取締役執行役員)、ユナイテッドワールドミュージックの代表取締役社長を兼任。

2010年 「PROJECT M.J」ブランドでiPhoneアプリ「江頭2:50の オレが時計だ[6]を発表、iTunesAppStore有料アプリ総合ランキング1位を獲得。

2012年 同ブランドでiPhoneアプリ「うまい棒をつくろう![7]を発表、iTunesAppStore無料アプリ総合ランキング1位を獲得、有料・無料で1位となる二冠達成。

2013年 レイスに移籍、同子会社としてMJ GARAGE Inc.を設立、代表取締役に着任。

同年発表したiPhoneアプリ「ジャマカム! 〜江頭ジャマだカメラ〜[8]が iTunesAppStore無料アプリ総合ランキング1位を獲得。

3作目のiTunesAppStore総合ランキング1位獲得。


※アメリカ横断ウルトラクイズのゲームについては、「アメリカ横断ウルトラクイズ (コンピュータゲーム)」を参照のこと。

手掛けた作品[編集]

ビクター音楽産業[編集]

フリーウェア 全てFM TOWNS用 (M.J.KOZOU名義で発表)[編集]

富士通パソコンシステムズ[編集]

後にFM TOWNSにバンドルされた。

デジキューブ[編集]

「Playstation Awards 2002」の人気投票では、他の部門では圏外ながら、ユーザー部門では5位という、クイズゲームとしては快挙を達成。
大ヒットしたPostPetTypeLand 打モモは、後にSONYのパソコンVAIOにバンドルされた。

ジグノシステムジャパン・ユナイテッドワールドミュージック[編集]

YAHOO!トップニュースに取り上げられた。[11]
iTunesAppStore有料アプリで総合で1位を獲得した。[12]
テレビ朝日「雑学王」(2011.06.13 OA)にクイズとして取り上げられ、本人も番組に登場した。[18]
iTunesAppStoreエンターテインメント無料アプリで1位を獲得した。
DREAMS COME TRUEキティちゃんのコラボを記念して制作された。
iTunesAppStore無料アプリ総合で1位を獲得した。[22]
iTunesAppStoreスポーツ有料アプリで1位を獲得した。
iTunesAppStoreエンターテインメント無料アプリで1位を獲得した。
iTunesAppStoreスポーツ有料アプリで1位を獲得した。
iTunesAppStoreスポーツ有料アプリで1位を獲得した。
GooglePlayゲーム(カジュアル)アプリで1位を獲得した。
iTunesAppStoreエンターテインメント無料アプリで1位を獲得した。

エムジェイガレイジ[編集]

iTunesAppStore無料アプリ総合で1位を獲得した。[23]
iTunesAppStoreエンターテインメント無料アプリで1位を獲得した。

その他[編集]

  • 自身がゲーム版を手掛けた「全国高等学校クイズ選手権」に1度、同じく「アメリカ横断ウルトラクイズ」には4度参加歴がある。いずれも一次予選敗退。1998年に開催された"今世紀最後"「ウルトラクイズ」では、あと1,2問で通過というところまで残ったが、デジキューブ入社直後で会社が不安になった途端に間違えてしまったという。
  • ユナイテッドワールドミュージックでは、お笑い芸人をはじめ、芸能人と仕事をすることが多く、自身のブログに芸能人が登場することがある。
  • スマートフォン用アプリ「うまい棒をつくろう!」は、150万ダウンロード(iPhone版95.2万ダウンロード、Android版54.9万ダウンロード)を突破し、大ヒットとなった。[24]
  • 雑誌に取り上げられたこともあるほどのadidas好きである。

脚注[編集]

  1. ^ テレビ東京ブロードバンド株式会社
  2. ^ ジグノシステムジャパン株式会社
  3. ^ レイス株式会社
  4. ^ エムジェイガレイジ株式会社
  5. ^ TXBB、映画情報を携帯向け配信 受託運営で無料化実現、2005年7月20日。
  6. ^ 江頭2:50の オレが時計だ
  7. ^ うまい棒をつくろう!
  8. ^ 江頭ジャマだカメラ
  9. ^ エスパー伊東の高能力開発 vol.1+:高速真っ黒白
  10. ^ “江頭2:50が画面を占拠、iPhoneアプリ「オレが時計だ」”. ケータイWatch. (2010年10月13日). http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20101013_399699.html 2011年4月20日閲覧。 
  11. ^ “YAHOO! トップニュース掲載”. 本人によるブログ. (2010年10月13日). http://ameblo.jp/mjkozou/entry-10675876629.html 2011年5月3日閲覧。 
  12. ^ “1位獲得”. 本人によるブログ. (2012年10月7日). http://ameblo.jp/mjkozou/entry-11374006712.html 2012年10月7日閲覧。 
  13. ^ 江頭2:50の オレが時計だ ~ほぼ実寸大?!~
  14. ^ ブーアの森 iPad版
  15. ^ ブーアの森 iPhone版
  16. ^ ゴージャスの 地球丸ごとレボリューション
  17. ^ 東京ヤクルトスワローズ時計
  18. ^ “テレビ朝日「雑学王」で紹介”. 本人によるブログ. (2011年6月14日). http://ameblo.jp/mjkozou/entry-10922618157.html 2011年7月15日閲覧。 
  19. ^ 千葉ロッテマリーンズ時計
  20. ^ 江頭2:50の 大人のあいうえお ~二匹目のドジョウ~
  21. ^ ドリキティ クロック
  22. ^ “有料総合と無料総合の二冠達成”. 本人によるブログ. (2012年2月29日). http://ameblo.jp/mjkozou/entry-11178367882.html 2012年2月29日閲覧。 
  23. ^ “3回目の総合1位”. 本人によるブログ. (2013年9月15日). http://ameblo.jp/mjkozou/entry-11614213676.html 2013年9月15日閲覧。 
  24. ^ “150万ダウンロード突破”. プレスリリースより. (2012年11月20日). http://www.gignosystem.com/news/2012/11/GSJ120103.html 2012年11月20日閲覧。 

外部リンク[編集]