やじうまペナントレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

やじうまペナントレース』は、1988年およびそれ以降にクロスメディアソフトビクター音楽産業)から発売された日本のプロ野球を題材とした、日本のコンピュータゲーム

シリーズ一覧[編集]

やじうまペナントレース
ジャンル 野球シミュレーションゲーム
対応機種 PC-8801mkIISR以降 [PC-88]
MSX2
開発元 クロスメディアソフト
発売元 ビクター音楽産業
人数 1人
発売日 1988年 [PC-88]
1989年 [MSX2]
テンプレートを表示

やじうまペナントレース[編集]

プレイヤーキャラを鍛え上げ、6球団によって争われるペナントレース130試合に出場し、優勝すれば、Pリーグ・オールスターチームと日本シリーズを戦う。最終的にM.V.Pを取るのが目的の野球シミュレーションゲーム。登録されている選手は当時の実在のプロ野球選手をもじった名前になっている。監修は田淵幸一、作者は石切山英詔。1990年4月に1990データが別売された。

やじうまペナントレース 12球団篇
ジャンル 野球シミュレーションゲーム
対応機種 PC-9801M/VM/VX以降
開発元 クロスメディアソフト
発売元 ビクター音楽産業
人数 1人
発売日 1988年
テンプレートを表示

やじうまペナントレース 12球団篇[編集]

PC-8800シリーズ対応版を元に移植されたPC-9800シリーズ12球団によるペナントレースを争う野球シミュレーション。PC-88に引き続き、田淵幸一が監修を務めている。後に1989年データ、1990年データが別売された。

やじうまペナントレース 1989
ジャンル 野球シミュレーションゲーム
対応機種 X68000
開発元 クロスメディアソフト
発売元 ビクター音楽産業
人数 1人
発売日 1989年
テンプレートを表示

やじうまペナントレース 1989[編集]

やじうまペナントレース』のX68000対応版。1989年度のデータを収録、後に1990年データも別売。

やじうまペナントレース2
ジャンル 野球シミュレーションゲーム
対応機種 PC-8801mkIISR以降
開発元 クロスメディアソフト
発売元 ビクター音楽産業
人数 1人
発売日 1990年
テンプレートを表示

やじうまペナントレース2[編集]

やじうまペナントレース』を12球団対応としたバージョンアップ版。パソコンゲームでは初めてのセ・パ両リーグ12球団公認ソフト[1]とされており、データは1990年当時の球団名、選手名が実名(漢字表示)で登録されている。ドラフト会議など、新しい要素が追加されており、各球団の監督の似顔絵もCG表示される。プログラムはオフィス恒環が担当。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時のパッケージより。

外部リンク[編集]