チョコレート♪キッス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チョコレート♪キッス
対応機種 PlayStation
開発元 インフィニティー
発売元 デジキューブ
キャラクターデザイン 戸部淑
シナリオ 斎藤恒樹
ジャンル 恋愛アドベンチャー
発売日 2002年2月14日
メディア CD-ROM1枚組
キャラクターボイス フルボイス
テンプレートを表示

チョコレート♪キッス』は、2002年2月14日[1]デジキューブよりPlayStationで発売した恋愛アドベンチャーゲームである。

概要[編集]

プレイヤーは、主人公・有崎尚斗となり、女子校に編入する1月15日から女子校を去る2月14日のバレンタインデーまでの1カ月間を過ごすこととなる。

尚斗は、この女子校内でさまざまな女性たちとの出会いを繰り返し、コミュニケーションを図りながら、学校を去るまでに仲良くなった女性からチョコレートをもらうことが、ゲームの目的である。

ストーリー[編集]

主人公・有崎尚斗は男子校に通う高校2年生。 彼が通う学校のオンボロ校舎は、30年ぶりだという大雪に見舞われ大破してしまう。

校舎が直るまでの約1カ月の間、尚斗たちは、近所の女子高で学園生活を送ることになる。

登場人物[編集]

有崎 尚斗(ありさき なおと)
主人公。
椎名 麻里絵(しいな まりえ)
大塚麻恵
尚斗の幼馴染で、彼をお兄ちゃんとして慕う。明るく社交的で、誰からも好かれる性格。子供の頃はもう一人の幼馴染「みちろー」と3人で、いつも一緒に遊んでいた。
九条 弥生(くじょう やよい)
声:木村郁絵
勝気で行動力もあるバンド娘。17代続く華道の家元の娘だが、生き物である花を作品として扱う事に嫌悪感がある。ロックに心を打たれて音楽の道に進もうとし、両親と喧嘩して家出中。
九条 御子(くじょう みこ)
声:新谷さや香
弥生の妹。気弱ではっきりと物事を言い出せない、弥生とは正反対の性格。愛らしい容姿と、生け花の高い腕前から、華道界の頂点に昇りつめると評されている。花が大好きで、校内の小さな温室で世話をしている。
天野 安寿(あまの あんじゅ)
声:みなのふうこ
自称天使の高校生。「他人を幸せにするために天界から降りてきた」らしい。アンジュはフランス語で天使の意味。
橘 夏樹(たちばな なつき)
声:Hinano
175cmの長身と端正な顔立ちで、所属の演劇部では男役の主演を担当する。ファンクラブがあるほどの人気を誇る。趣味は読書。
入谷 結花(いりたに ゆか)
声:伊藤あすか
夏樹の大ファンで、彼女の親衛隊長を自認する1年生。裏方として演劇部を支え、学業成績は6年間学年トップを誇る有能な人物。背が低くて可愛らしい容姿だが、性格はかなり突飛で思い込みが激しく、見た目からは想像できないような行動力を持つ。
一ノ瀬 紗智(いちのせ さち)
声:宮西乃愛
麻里絵の中学時代からの親友。おっとりしている麻里絵と全く逆の性格で、うるさいぐらい活発。男勝りで、空手2段の腕前を持つ。インターネット部の副部長。麻里絵に男を紹介したり、尚斗とくっ付けようと画策し、困らせる。
香月 冴子(かづき さえこ)
声:Aina
写真部所属の3年生。卒業を目前にしながら、いつもカメラを持ち歩いている。被写体として尚斗に興味があるようだ。
藤本 綺羅(ふじもと きら)
声:桜井紗良
クラスの担任教師。優しく面倒見が良いところが全校生徒に人気で、慕われている。幼年部から大学まで校内で育ち、そのまま教員になった為、同年代の男性と接した経験が無い。サディスティックな面があり、尚斗の困った顔を見るのが趣味。
宮坂 幸二(みやさか こうじ)
声:石田彰
主人公の同級生かつ悪友。学校内のさまざまな情報に詳しく、チョコパンと引き換えに情報を提供する。言動と行動は変質者そのもの。

主題歌[編集]

全作詞・作曲:浅田優美 / 全編曲:幡手康隆 / 歌:LaLa♪Lu

オープニングテーマ「YOU&I〜これがいいんじゃない?〜」
エンディングテーマ「MY ALL〜小さな手紙を添えて〜」

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]