田中カ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たなか かね
田中 カ子
生誕 (1903-01-02) 1903年1月2日(115歳)
日本の旗 日本福岡県糟屋郡和白村(現・福岡市
住居 日本の旗 日本福岡県福岡市東区
国籍 日本の旗 日本
著名な実績
  • 存命人物のうち世界最高齢(2018年7月22日 - )
子供 2人

田中 カ子(たなか かね、1903年明治36年〉1月2日 - )[1]は現在115歳の日本福岡県福岡市東区長寿の女性。世界最高齢者であった都千代が2018年7月22日に死去して以来、長寿世界一並びに日本一となっている。

人物[編集]

1903年(明治36年)、9人兄弟の三女として誕生。結婚して2人の子を授かったが、夫や息子が第二次世界大戦で出征したため、女手一人で家業の餅米屋を経営した。戦後も経営を続けたが、63歳の時に隠居。その間、いとことハワイ旅行に出かけたり、子供や孫の元へ出かけたりしたという[2][3]。また、1970年代にカリフォルニア州コロラド州に旅行に出かけたことがある[4]。2005年頃から福岡市東区の有料老人ホーム「グッドタイムホーム1・海の中道」に入居している[2][5]

103歳の時に大腸癌の手術を経験したことがあるが、それ以外に大きな病気に罹ったことはない[6]。趣味は勉強することで、算数教室にも週に1度参加している。他に詩を作ることも趣味としている[2][4]

長寿の秘訣はオセロ。老人ホーム内の入居者やスタッフと毎日対決しており、負けず嫌いな性格のため、勝つまで何局も続けることがあるという。食べ物の好き嫌いはなく、1日3食の食事をほぼ完食する。また甘いものが好物で、缶コーヒー栄養ドリンク炭酸飲料などを毎日3本は飲んでいるという。115歳の時点で手押し車を押しながら歩行が可能である[2][7]

2018年7月22日、世界最高齢であった都の死去に伴い、115歳と201日で長寿世界一となった。長寿日本一になったのも同時であり、史上初めて日本人が3人連続で長寿世界一となった。


出演番組[編集]

参考文献[編集]

  • 花田衞 『花も嵐も107歳 田中カ子(カネ)・長寿日本一への挑戦』 梓書院、2010年5月14日ISBN 978-4-87035-380-0

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]


記録
先代:
都千代
日本の旗 存命人物のうち日本最高齢
2018年7月22日 -
次代:
(記録保持者)
先代:
都千代
存命人物のうち世界最高齢
2018年7月22日 -
次代:
(記録保持者)