マシュー・ビアード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mathew Beard
マシュー・ビアード
生誕 (1870-07-09) 1870年7月9日
Flag of the United States (1867–1877).svg アメリカ合衆国バージニア州
死没 (1985-02-16) 1985年2月16日(114歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州
住居 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
著名な実績 確かな記録のある人類史上初の114歳達成、黒人男性歴代最長寿

マシュー・ビアードMathew Beard1870年7月9日 - 1985年2月16日[1]は、1983年10月13日から死去するまで、世界最高齢だったと認定されていた人物である。

彼は114歳に達した最初の確証ある人物である(マーサ・グラハムが初めて114歳を迎えたとされた時期があったが、グラハムの記録は抹消されている。)。しかし、その記録が確かなものとして認定されたのは死後28年後の2013年9月のことであった[1]。また、存命中は日本の泉重千代(1865年? - 1986年)の記録が認められていた。またビアード本人にも存命中に生年に異論があり、彼を見た人々は、実年齢はもっと若いと話していたという。

1980年9月5日、チャーリー・フィリップスが死去したことに伴い、男性世界最高齢となった。さらに、1983年10月13日、エマ・ウィルソンが死去したことに伴い、世界最高齢となった。1984年4月18日には、ファニー・トーマスの記録を上回り、確証のある人物の中では歴代最高齢となった。

1985年2月16日、死去。114歳と222日だった。ビアードの死後、僅か1年後の1986年3月にアウグスタ・ホルツにより世界歴代最高齢の記録は破られている。男性としての歴代最高齢記録は1997年3月にクリスチャン・モーテンセンによって破られた。

彼は世界的な秘密結社のフリーメイソンのメンバーであり[2]、フリーメイソンのメンバーのなかで史上最も長生きしたと思われる。

出典[編集]

外部リンク[編集]

記録
先代:
エマ・ウィルソン
存命人物のうち世界最高齢
1983年10月13日 - 1985年2月16日
次代:
アウグスタ・ホルツ
先代:
チャーリー・フィリップス
存命男性のうち世界最高齢
1980年9月5日 - 1985年2月16日
次代:
ジョー・トーマス
先代:
ファニー・トーマス
歴代の世界最高齢
1984年4月18日 - 1986年3月14日
次代:
アウグスタ・ホルツ
先代:
ジョン・モーズリー・ターナー
歴代男性の世界最高齢
1982年4月15日 - 1997年3月27日
次代:
クリスチャン・モーテンセン
先代:
エマ・ウィルソン
アメリカ合衆国の旗 存命人物のうちアメリカ最高齢
1983年10月13日 - 1985年2月16日
次代:
アウグスタ・ホルツ
先代:
ファニー・トーマス
アメリカ合衆国の旗 歴代のアメリカ最高齢
1984年4月18日 - 1986年3月14日
次代:
アウグスタ・ホルツ