メアリー・ジョゼフィン・レイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

メアリー・ジョゼフィン・レイ: Mary Josephine Arsenault Ray1895年5月17日 - 2010年3月7日)は、長生きで知られたアメリカ合衆国の女性。

カナダプリンスエドワードアイランド州プリンス郡出身で、1920年代以降死去するまでニューハンプシャー州に在住していた。2007年1月24日にジュリー・ウィンフレッド・バートランドが死去したことで、カナダ出身者としての最高齢者となった。2009年9月11日にガートルード・ベインズが亡くなり、アメリカ在住者の最高齢にもなった。

2010年3月7日、114歳294日で死去。死去の時点で7日だけ年上の知念カマ(2010年5月2日死去)が存命中であったため、世界最高齢になることはなかった。

家族[編集]

フロリダ州ペンサコーラのロバートとニューハンプシャー州ヒンズデールのドナルドの2人の息子と8人の孫がいた。

趣味[編集]

メジャーリーグボストン・レッドソックスへの応援を可能な限り続けていた。また、野球の試合の観戦後、彼女はケーキやアイスクリームを食べることがあった。108歳の誕生日では、野球愛唱歌として知られる「Take Me Out to the Ball Game」でお祝いされ、ケーキにはレッドソックスのシンボルマークが描かれていた。生前、彼女はレッドソックスの関連商品を購入し続けており、今後も買い求めるつもりだと述べていた[1]

出典[編集]

  1. ^ World’s eighth- oldest person, longtime Red Sox fan celebrates birthday Nashua Telegraph、2009-01-25閲覧 Archived 2008年10月21日, at the Wayback Machine.
先代:
ガートルード・ベインズ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ最高齢
2009年9月11日 - 2010年3月7日
次代:
ネヴァ・モリス