ベッツィー・ベイカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Betsy Baker
ベッツィー・ベイカー
生誕 (1842-08-20) 1842年8月20日
イギリスの旗 イギリス
死没 (1955-10-24) 1955年10月24日(満113歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ネブラスカ州
住居 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ベッツィー・ベイカーBetsy Baker1842年8月20日 - 1955年10月24日)は、長寿世界一であったアメリカ人女性。生まれはイギリスで、4歳の時に移民としてアメリカに渡った。

確実な記録の残る1955年(ギネスブック初版発刊の年)以降、初めて長寿世界一になった人物である[1]。ただし、1955年版のギネスブックに掲載されたという訳ではない。(1973年時点で史上最高齢の女性だったとギネスブックに認定されていた人物が112歳のアリス・スティーヴンソンだった[2]ことからも、ベイカーの記録が1955年時点で認定されていなかったことがわかる。)

1955年10月、ネブラスカ州で死去。113歳65日。彼女が死去した後、誰が世界最高齢者になったかについては、マーサ・グラハムがベイカーの後の世界最高齢とされていた時期があったが[3]、グラハムの記録の信憑性には疑問がありその記録が取り消されたため、現在ではベイカーの後の世界最高齢はマーサ・グラハムではなくロザリア・スポト(1847年生 - 1957年没)が認定されている[1]。なお、キャサリン・プランケットが死去した1932年10月14日から、ベッツィー・ベイカーが110歳を迎えた1952年8月20日までの約20年間、生年に確証のある110歳以上の人物は存在していなかった[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b World's Oldest Person (WOP) Titleholders Since 1955 As of November 15, 2013ジェロントロジー・リサーチ・グループ
  2. ^ “Oldest woman who ever lived”. The Leader-Post: pp. 7. (1973年7月7日). https://news.google.com/newspapers?id=oHJVAAAAIBAJ&sjid=uTwNAAAAIBAJ&dq=alice-stevenson%20oldest&pg=3418%2C959715 
  3. ^ Folkard, Claire (2005). Guinness World Records 2005. ギネス世界記録. New York: Bantam Dell. ISBN 0-553-58810-9. 
  4. ^ 長生きのコツ”. 2017年5月23日閲覧。1933年1月に三越延命長寿の会が発行した『健康に輝く延命長寿の栞』という冊子に、1815年5月18日(旧暦4月10日)生まれの倉平ハルという人物が前年12月時点で存命(生年が正しければ117歳210日前後)だという記述がある他、この期間の日本の新聞を見ると、スーパーセンテナリアンの存在を示唆する記事がいくつか確認できる。
記録
先代:
(不明)
存命人物のうち世界最高齢
? - 1955年10月24日
次代:
ロザリア・スポト