ウジェニー・ブランシャール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウジェニー・ブランシャール
Eugénie Blanchard
生誕 (1896-02-16) 1896年2月16日
フランスの旗 フランス
サン・バルテルミー島メルレ
死没 (2010-11-04) 2010年11月4日(満114歳没)
フランスの旗 フランス
サン・バルテルミー島
住居 フランスの旗 フランス
国籍 フランスの旗 フランス

ウジェニー・ブランシャールEugénie Blanchard1896年2月16日 - 2010年11月4日)は、かつて世界最高齢だったフランスの女性。2010年5月2日日本知念カマが死去したことにより、114歳75日のブランシャールが最高齢となった。

来歴[編集]

1896年、サン・バルテルミー島のメルレ近郊にて生誕。スウェーデン領であったサン・バルテルミー島がフランスに買い戻された18年後に生まれている。33歳の時にオランダ領アンティルキュラソー島に移住し修道女となった[1]。60歳の時にサン・バルテルミー島に戻り、1980年まで自宅で暮らし[1]、その後介護老人保健施設に移った[1]。健康状態は良好だが目が不自由であり、視力が非常に弱い[1]。お菓子売りをしていたので、近所の子供からは「Douchy」と呼ばれていた[1]。晩年も時折シャンパンをたしなんだという[2]

2010年11月4日にサン・バルテルミー島の病院で死去し、世界最高齢はブラジルマリア・ゴメス・バレンティンとなった。しかし当時はバレンティンの年齢が公式に認定されておらず、最高齢はアメリカ合衆国テキサス州在住のユーニス・サンボーンとなったとされた[3]

長寿記録[編集]

彼女の死去した2010年11月時点ではフランス人の中で­ジャンヌ・カルマンマリー・ブレモンに次ぐ歴代3番目の長寿であった。また、フランス海外準県であるサン・バルテルミー島出身の人物としては現在も歴代最高齢である(同島は1878年から2007年までは法的にカリブ海グアドループ県の一部であった)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

記録
先代:
知念カマ
存命人物のうち世界最高齢
2010年5月2日 - 2010年11月4日
次代:
マリア・ゴメス・バレンティン
先代:
マヌエラ・フェルナンデス=フォヤコ英語版
存命人物のうちヨーロッパ連合最高齢
2009年1月6日 - 2010年11月4日
次代:
ヴェーネレ・ピッツィナート=パポ
先代:
クレマンティーヌ・ソリニャックフランス語版
フランスの旗 存命人物のうちフランス最高齢
2008年5月25日 - 2010年11月4日
次代:
マリー=イザベル・ディアスフランス語版