河本にわ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かわもと にわ
河本 にわ
生誕 (1863-09-17) 1863年9月17日
日本の旗 日本 近江国
死没 (1976-11-16) 1976年11月16日(113歳没)
日本の旗 日本 滋賀県
住居 日本の旗 日本 滋賀県
国籍 日本の旗 日本

河本にわ(かわもと にわ、 1863年9月17日文久3年8月5日) - 1976年昭和51年)11月16日)は、1975年5月31日から死去まで長寿日本一[1]及び長寿世界一[2]であった滋賀県の女性。また、当時の日本歴代最高齢でもあり、生年に確証のある日本人としては初めて113歳を迎えた人物でもあった[3]

20代で結婚して8人の子を産み、生前に80人以上の子孫ができた。元自由民主党参議院議員河本嘉久蔵は孫である[1]。1976年11月16日午前8時半に113歳と60日で死去[1]。出生記録が確認できる日本人としては、江戸時代生まれの最後の生き残りであった[注釈 1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 慶応4年(明治元年)を江戸時代とみなせば、出生記録が確かである江戸時代生まれの最後の生き残りは中山イサ(1868年6月15日(慶応4年6月3日) - 1977年5月25日)である。

参考文献[編集]

  • 朝日新聞大津支局編 『現代の顔 : 湖国の100人』(サンブライト出版部, 1977年5月) p98-99
記録
先代:
梅田ミト
存命人物のうち世界最高齢
1975年5月31日 - 1976年11月16日
次代:
ソフィア・デ・ムース
先代:
梅田ミト
日本の旗 歴代の日本最高齢
1975年10月10日 - 1991年7月5日
次代:
白浜ワカ