白浜ワカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

白浜 ワカ(しらはま ワカ、1878年(明治11年)3月23日 - 1992年(平成4年)6月16日)は、長寿日本一であった宮崎県都城市女性

鹿児島県鹿児島郡桜島郷(のちの桜島町、現鹿児島市)に生まれ、1913年に都城市に転入した[1]

1992年6月16日午前8時、老衰のため都城市の自宅で114歳と85日で死去[1]。年齢に疑いのない日本人としては史上初めて114歳を迎えた人であった。

なお、2006年6月12日から2009年6月19日まで男性長寿日本一だった田鍋友時も同じ宮崎県都城市出身。

出典[編集]

  1. ^ a b 長寿日本一 114歳 白浜ワカさん死去 朝日新聞 1992年6月16日夕刊11ページ
記録
先代:
竹原セキ
日本の旗 存命人物のうち日本最高齢
1987年3月2日 - 1992年6月16日
次代:
猪飼たね
先代:
河本にわ
日本の旗 歴代の日本最高齢
1991年7月5日 - 1993年4月14日
次代:
猪飼たね