古平コハル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古平 コハル(こだいら コハル、1871年5月8日明治4年3月19日) - 1980年昭和55年)4月10日)は、長寿日本一であった北海道の女性。

奈良県生まれ。1889年(明治22年)に夫の順次郎と北海道幌加内町へ渡り、8人の子を育てた。1944年(昭和19年)に順次郎と死別。

1979年時点では、子供4人、孫54人、ひ孫129人、玄孫89人がいて、草履を1日平均10足作っていた。[1]

存命中は泉重千代の記録が認定されており国内2位の長寿であったが、泉の記録が取り消されたため、実際には1979年4月11日大分県吉國マツの死去に伴い107歳で長寿日本一となっていた。

1980年4月10日に108歳338日で死去。長寿日本一は石川県道井ヲトになった。

出典[編集]

  1. ^ The continental times, October 2, 2019, page 2 | SFU Digitized Newspapers”. newspapers.lib.sfu.ca. 2019年10月2日閲覧。