小山ウラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小山 ウラ(こやま ウラ、1890年明治23年)8月30日 - 2005年平成17年)4月5日)は、長寿日本一だった女性

広島県生まれ。夫の喜三郎との間に3人の子供をもうけ、孫・曾孫・玄孫にも恵まれた。三味線茶道書道など多趣味であった。

1977年に孫の転勤により、福岡県飯塚市に移り住む。100歳頃まで家事手伝いをし、入れ歯も無かった。2000年頃に足腰の不調で入院。

2003年11月13日に、長寿日本一でギネスブックにも認定されていた川手ミトヨが死去したことに伴い、長寿日本一となった。

2005年1月に肺炎を患い、一時回復したものの、3月に容体悪化、寝たきりになった。2005年4月5日、肺炎のため福岡県飯塚市の病院で死去。114歳と218日であった。小山ウラの死去により、長寿日本一は皆川ヨ子となった[1]

出典[編集]

記録
先代:
川手ミトヨ
日本の旗 存命人物のうち日本最高齢
2003年11月13日 - 2005年4月5日
次代:
皆川ヨ子