秋野やす

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

秋野 やす(あきの やす、1885年〈明治18年〉3月1日 - 1999年〈平成11年〉2月12日[1]は、1998年11月から翌1999年2月まで長寿日本一だった静岡県榛原郡相良町(現牧之原市)の女性。

100歳を過ぎても老人クラブに出席していた。1994年に自宅で転倒して足を骨折するが、杖を使用して歩行できるまでに回復。骨折するまでは元気に畑仕事もこなしていた。

1998年7月に低血圧で入院したが回復し、9月に退院。最晩年までベッドの上でよく話していた。

内閣制度が制定された年の生まれで、生涯のうちに初代の伊藤博文から小渕恵三まで実に84代、54人の総理大臣がいたことになる。

1999年2月、老衰によって死去。113歳と348日。

出典[編集]

  1. ^ 1885Gallery ジェロントロジー・リサーチ・グループ