忘却に抗って - 命のための30通の手紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
忘却に抗ってから転送)
移動先: 案内検索
忘却に抗って
- 命のための30通の手紙
Contre l'oubli
監督 パトリス・シェロー
フィリップ・ミュイル
シャンタル・アケルマン
ルネ・アリオ
ドニ・アマル
ジャン・ベッケル
ジェーン・バーキン
ベルトラン・ブリエ
ジャン=ミシェル・カレ
アラン・コルノー
コスタ=ガヴラス
ドミニク・ダント
クレール・ドニ
レイモン・ドパルドン
ジャック・ドレー
ミシェル・ドヴィル
ジャック・ドワイヨン
マルティーヌ・フランク
ジェラール・フロ=クータズ
ベルナール・ジロドー
フランシス・ジロー
ジャン=リュック・ゴダール & アンヌ=マリー・ミエヴィル
ロマン・グーピル
ジャン=ルー・ユベール
ロバート・クレイマー
パトリス・ルコント
サラ・ムーン
ミシェル・ピコリ
アラン・レネ
コリーヌ・セロー
ベルトラン・タヴェルニエ
ナディーヌ・トランティニャン
製作 アムネスティ・インターナショナル
配給 フランスの旗 放映[1]
カナダの旗 モントリオール世界映画祭
日本の旗 山形国際ドキュメンタリー映画祭
公開 フランスの旗 1991年11月10日 放映[1]
カナダの旗 1992年8月30日
- モントリオール世界映画祭
ドイツの旗 1992年12月24日
日本の旗 2001年9月9日
- 山形国際ドキュメンタリー映画祭
上映時間 90分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

忘却に抗って - 命のための30通の手紙』(Contre l'oubli、「反忘却」の意)は、1991年(平成3年)に製作されたオムニバスビデオ映画である。

概要[編集]

非政府組織 (NGO) アムネスティ・インターナショナルのフランス支部が30周年を記念し、良心の囚人の救済、啓発のためのビデオ映画として、30の監督の3分の短篇映画を製作した。テーマとなった人々は、アウンサンスーチーのように政治犯として長期間拘束されている人がほとんどで、フェーベ・エリザベス・ベラスケスのように政府により殺された人や、なかには少年犯罪で死刑となったダルトン・プレジャンも含まれている。

Internet Movie Database山形国際ドキュメンタリー映画祭公式サイト等にパトリス・シェローフィリップ・ミュイルの参加の記載があるが、本作での短篇映画のタイトルは不詳である。2作を加えると32作になるが、タイトル不詳のまま併記する。

構成[編集]

  1. 『エル・サルヴァドル、フェーベ・エリザベス・ベラスケスのために』 Pour Febe Elisabeth Velasquez, El Salvador
    監督シャンタル・アケルマン、出演カトリーヌ・ドヌーヴ
    エルサルバドルの旗 エルサルバドル フェーベ・エリザベス・ベラスケス
  2. 『連合王国、ヴィティアリンガム・カンダラジャのために』 Pour Vythialingam Skandarajah, Royaume Uni
    監督ルネ・アリオ、出演ベルナール・スタジ
    イギリスの旗 イギリス ヴィティアリンガム・カンダラジャ[2]
  3. 『USA、ダルトン・プレジャンのために』 Pour Dalton Prejean, USA
    監督ドニ・アマール、出演ピエール司教
    アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ダルトン・プレジャンDalton Prejean
  4. 『赤道ギニア、ヨアキム・エレマ・ボリンゲのために』 Joaquim Elema Boringue, Guinée équatoriale
    監督ジャン・ベッケル、出演フィリップ・ノワレ
    赤道ギニアの旗 赤道ギニア ヨアキム・エレマ・ボリンゲ
  5. 『フィリピン、マリア・ノンナ・サンタ・クララのために』 Pour Maria Nonna Santa Clara, Philippine
    監督・出演ジェーン・バーキン
    フィリピンの旗 フィリピン マリア・ノンナ・サンタ・クララ[3]
  6. 『ヴェネズエラ、アリリオ・デ・クリサント・メデロスのために』 Pour Alirio de Crisanto Mederos, Vénézuela
    監督ベルトラン・ブリエ
    ベネズエラの旗 ベネズエラ アリリオ・デ・クリサント・メデロス
  7. 『エチオピア、ムルゲッタ・モジッサのために』 Pour Mulugetta Mosissa, Éthiopie
    監督ジャン=ミシェル・カレ、出演アルーン・タジエフ
    エチオピアの旗 エチオピア ムルゲッタ・モジッサ
  8. タイトル不詳
    監督パトリス・シェロー、出演シャルロット・ゲンズブール
  9. 『リビア、ムハンマド・アル=カジリのために』 Ali Muhammad al-Qajiji, Lybie
    監督アラン・コルノー、出演エドガール・モラン
     リビア ムハンマド・アル=カジリ
  10. 『韓国、キム・ソンマンのために』 Pour Kim Song-man, Corée
    監督コスタ=ガヴラス、出演ロベール・バダンテール
    大韓民国の旗 韓国 キム・ソンマン
  11. 『モロッコ、』 Pour Abraham Serfaty, Maroc
    監督ドミニク・ダント、出演アレクサンドル・ミンコフスキ
    モロッコの旗 モロッコ アブラハム・セルファティAbraham Serfaty
  12. 『スーダン、ウシャリ・アーメッド・マハムードのために』 Pour Ushari Ahmed Mahmoud, Soudan
    監督クレール・ドニ、出演アラン・スーション
    スーダンの旗 スーダン ウシャリ・アーメッド・マハムード
  13. 『コロンビア、アリリオ・デ・イエズス・ペドラーザ・ベセラのために』 Pour Alirio de Jesus Pedraza Becerra, Colombie
    監督レイモン・ドパルドン、出演サミー・フレー
     コロンビア アリリオ・デ・イエズス・ペドラーザ・ベセラ[4]
  14. 『南アフリカ、スタンザ・ボパペのために』 Pour Stanza Bopape, Afrique du Sud
    監督ジャック・ドレー、出演ブリュノ・マジュール
     南アフリカ共和国 スタンザ・ボパペ[5]
  15. 『ヴェトナム、グエン・チ・ティエンのために』 Pour Nguyen Chi Thien, Vietnam
    監督ミシェル・ドヴィル、出演エマニュエル・ベアール
     ベトナム ヌイエン・チ・ティエンen:Nguyen Chi Thien
  16. 『グアテマラ、アンストラウム・アマン・ヴィラグラン・モラレスのために』 Pour Anstraum Aman Villagran Morales, Guatémala
    監督ジャック・ドワイヨン、出演ジェラルド・トマサン
    グアテマラの旗 グアテマラ アンストラウム・アマン・ヴィラグラン・モラレス
  17. 『モーリタニア、ママドゥー・バのために』 Pour Mamadou Bâ, Mauritanie
    監督マルティーヌ・フランク、出演アンリ・カルティエ=ブレッソン
    モーリタニアの旗 モーリタニア バ・ママドゥ・ムバレen:Ba Mamadou Mbaré
  18. 『中国、王希哲のために』 Pour Wang Xizhe, Chine
    監督ジェラール・フロ=クータズ、出演ポール・アマール
    中華人民共和国の旗 中国 王希哲
  19. 『シリア、ハッサン・ナジャールのために』 Pour Ghassan Najjar, Syrie
    監督ベルナール・ジロドー、出演アニー・デュペレー
    シリアの旗 シリア ハッサン・ナジャール
  20. 『インド、アルカナ・グーハのために』 Pour d'Archana Guha, Inde
    監督フランシス・ジロー、出演イザベル・ユペール
    インドの旗 インド アルカナ・グーハ
  21. インドネシア、トーマス・ワインガイのためにPour Thomas Wainggai, Indonésie
    監督ジャン=リュック・ゴダール / アンヌ=マリー・ミエヴィル、出演アンドレ・ルスレ
     インドネシア トーマス・ワインガイ
  22. 『イスラエル、アブド・アル=ラウフ・ガビーニのために』 Pour Abd al-Ra'uf Ghabini, Israël
    監督ロマン・グーピル、出演クロード・シェソン
    イスラエルの旗 イスラエル アブド・アル=ラウフ・ガビーニ
  23. 『ギリシア、アンドレアス・クリストドゥールーのために』 Pour Andreas Christodoulou, Grèce
    監督ジャン=ルー・ユベール、出演キャロル・ブーケ
    ギリシャの旗 ギリシャ アンドレアス・クリストドゥールーen:Andreas Christodoulou
  24. 『ペルー、フィデル・イントゥルサ・フェルナンデスのために』 Pour Fidel Intursa Fernandez, Pérou
    監督ロバート・クレイマー、出演ヒューバート・リーヴズ
    ペルーの旗 ペルー フィデル・イントゥルサ・フェルナンデス
  25. 『ソ連、アレクサンドル・ゴルドヴィッチのために』 Pour Alexandre Goldovitch, URSS
    監督パトリス・ルコント、出演ギ・ブドス
    ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 アレクサンドル・ゴルドヴィッチ
  26. 『ナイジェリア、オーギュスティン・エクのために』 Pour Augustine Eke, Nigéria
    監督サラ・ムーン、出演ユッスー・ンドゥール
    ナイジェリアの旗 ナイジェリア オーギュスティン・エク
  27. タイトル不詳
    監督フィリップ・ミュイル、出演アニー・デュペレー
  28. 『イラン、ナスリン・ラスーリのために』 Pour Nasrin Rasooli, Iran
    監督・出演ミシェル・ピコリ
     イラン ナスリン・ラスーリ
  29. 『キューバ、エステバン・ゴンザレス・ゴンザレスのために』 Pour Esteban Gonzalez Gonzalez, Cuba
    監督アラン・レネ、出演フランソワ・ジャコブ
     キューバ エステバン・ゴンザレス・ゴンザレス
  30. 『マラウイ、ヴェラ・チルワのために』 Pour Vera Chirwa, Malawi
    監督コリーヌ・セロー、出演ジャック・イジュラン
    マレーシアの旗 マレーシア ヴェラ・チルワ
  31. 『ミャンマー、アウン・サン・スー・チーのために』 Pour Aung San Suu Kyi, Myanmar
    監督ベルトラン・タヴェルニエ、出演アヌーク・グランベール
    ミャンマーの旗 ミャンマー アウンサンスーチー
  32. 『メキシコ、ホセ・ラモン・ガルシア=ゴメスのために』 Pour José Ramon Garcia-Gomez, Mexique
    監督ナディーヌ・トランティニャン、出演マリー・トランティニャン
    メキシコの旗 メキシコ ホセ・ラモン・ガルシア=ゴメス

[編集]

外部リンク[編集]