コケティッシュな女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コケティッシュな女
Une femme coquette
監督 ハンス・リュカス
脚本 ギ・ド・モーパッサン
ハンス・リュカス
出演者 マリア・リザンドル
ロラン・トルマ
ハンス・リュカス
撮影 ハンス・リュカス
編集 ハンス・リュカス
上映時間 10分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

コケティッシュな女』(-おんな、Une femme coquette)は、1955年製作のフランス映画である。ジャン=リュック・ゴダール監督が、モーリス・シェレール(のちのエリック・ロメール)編集の『ラ・ガゼット・デュ・シネマ』でのペンネームハンス・リュカス」名義で監督した初の劇映画、2作目の映画作品(短篇映画)である。

概要[編集]

ギ・ド・モーパッサン1886年に発表した短篇小説『Le Signe 合図』を原作に、当時24歳の映画青年ハンス・リュカスことゴダールが脚本を書き、撮影・演出した。ロケ地は、1作目の短篇ドキュメンタリーコンクリート作業』に引き続きスイスフランス語圏である(ジュネーヴ州ジュネーヴ[1]

勝手にしやがれ』で長篇劇映画デビューする前のゴダールの発表した、5つの短篇映画の1本である。

キャスト[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ IMDbの本作の項目(#外部リンク)の記述を参照。

外部リンク[編集]