言葉の力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
言葉の力
Puissance de la parole
監督 ジャン=リュック・ゴダール
脚本 ジャン=リュック・ゴダール
原案 エドガー・アラン・ポー
ジェームズ・M・ケイン[1]
シャルル・ボードレール[2]
撮影 カロリーヌ・シャンプティエ
編集 ジャン=リュック・ゴダール
製作会社 フランステレコム
JLGフィルム
ゴーモン
配給 フランスの旗 ゴーモン
公開 フランスの旗 1988年
上映時間 25分
製作国 フランスの旗 フランス
スイスの旗 スイス
言語 フランス語
テンプレートを表示

言葉の力』(ことばのちから、原題:Puissance de la parole)は、1988年製作、ジャン=リュック・ゴダール監督の短篇映画である。

概要[編集]

本作は、1988年1月1日に電信電話総局を民営化したフランステレコムからの要請で、ゴダールが製作・監督した[2][3]

エドガー・アラン・ポーの短篇小説『言葉の力』(1895年)、ジェームズ・M・ケインの小説『郵便配達は二度ベルを鳴らす』(1934年)、およびシャルル・ボードレールの詩[2]を引用し、ゴダールが脚本を作成した[1]

スタッフ・データ[編集]

キャスト[編集]

関連事項[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Jean-Luc Godard: Documents, éditeur : Centre Georges Pompidou, Paris, 2006., p.433
  2. ^ a b c Roberto Chiesi, Jean-Luc Godard, Roma : Gremese, ISBN 888440259X, p.81, p.112
  3. ^ #外部リンク欄、ポンピドゥー・センターの本作のリンク先の記述(仏語)を参照

外部リンク[編集]