パパラッツィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パパラッツィ
Paparazzi
Villa Malaparte 2.jpg
ロケ地のマラパルテ邸
監督 ジャック・ロジエ
脚本 ジャック・ロジエ
製作 レ・フィルム・デュ・コリゼ
出演者 ミシェル・ピコリ
ジャン・レスコー (声)
ダヴィド・トネリ (声)
ジャン=リュック・ゴダール
音楽 アントワーヌ・デュアメル
撮影 モーリス・ペリモン
編集 ジャック・ロジエ
配給 フランスの旗 シネマ・ピュブリック・フィルム
公開 フランスの旗 1963年
ドイツの旗 2002年10月7日 TVプレミア放映
上映時間 18分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

パパラッツィ』(Paparazzi, 「パパラッチ」の意)は、1963年製作、ジャック・ロジエ監督によるフランスドキュメンタリー短篇映画である。

略歴・概要[編集]

1963年4月、ローマで撮影を開始した、ジャン=リュック・ゴダールの長篇劇映画第6作『軽蔑』の撮影隊が、同年5月17日夕方5時にカプリ島に上陸したところから、本作は始まる。フランス・ヌーヴェルヴァーグのスター監督であるゴダールと、同時代のスター女優ブリジット・バルドーの組み合わせに、パパラッチたちは密着した。この顛末を切り口に製作されたのが、本作である。

本作の監督のロジエは、短篇映画『十代の夏』(1954年)を評価したゴダールが、『勝手にしやがれ』(1959年)のプロデューサーであるジョルジュ・ド・ボールガールに紹介し、『アデュー・フィリピーヌ』(1960年 - 1962年)で長篇劇映画を監督してデビューした人物である。同作にも出演したミシェル・ピコリが『軽蔑』にも出演しており、本作に出演するとともに、ナレーションも受け持った。オフの声で語るジャン・レスコーは、当時25歳の俳優で、のちに劇作家ダヴィド・レスコーの父親となる人物であり、ダヴィド・トネリは、ロジエの『アデュー・フィリピーヌ』にホラーティオ役で出演した俳優である。

本作は、パパラッチが主題となった最初の映画である。

ストーリー[編集]

1963年5月17日、夕方5時。長篇劇映画『軽蔑』の外景ロケーション撮影のため、撮影隊がカプリ島に到着した。スター女優ブリジット・バルドー(本人)と、ヌーヴェルヴァーグの旗手ジャン=リュック・ゴダール(本人)が、ローマからついてきたパパラッチの一団とともに到着したのだ。

ロケ場所のマラパルテ邸に突き出る岩々は、パパラッチたちの撮影機材でいっぱいになり、化け物のような望遠レンズが無数に突き出ている。ビキニを着て、犬をかわいがったり、ミシェル・ピコリ(本人)と演技をしたり、笑いあったりするバルドーに対し、パパラッチは容赦なく機関銃のようにシャッターを押しまくる。挙げ句に、バルドーは微笑むことすらできなくなってしまう。

バルドーは、バスローブと彼女の威厳で攻撃から身を守る。ゴダールは、ちいさな帽子で武装しつつ、カラビニエリの干渉とともに、パパラッチが出て行くことを虚しく交渉しようとする。こういった光景は、カプリ島での撮影の全行程でつづくのだった。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

アルファベット順

関連項目[編集]

[編集]

外部リンク[編集]