レフューズニクたちへの祈り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レフューズニクたちへの祈り (1)
Prière pour refuzniks (1)
監督 ジャン=リュック・ゴダール
脚本 ジャン=リュック・ゴダール
製作 ジャン=リュック・ゴダール
出演者 パトリス・ムレ
オディ・ジュフロワ
(アーカイヴ・フッテージ
カラビニエ』、1963年)
音楽 レオ・フェレ
主題歌 レオ・フェレ『L'Oppression』(1973年)
編集 ジャン=リュック・ゴダール
配給 フランスの旗 サントル・ジョルジュ・ポンピドゥー
公開 フランスの旗 2006年5月18日
上映時間 6分41秒
製作国 スイスの旗 スイス
言語 フランス語
次作 レフューズニクたちへの祈り (2)
テンプレートを表示
レフューズニクたちへの祈り (2)
Prière pour refuzniks (2)
監督 ジャン=リュック・ゴダール
脚本 ジャン=リュック・ゴダール
製作 ジャン=リュック・ゴダール
編集 ジャン=リュック・ゴダール
配給 フランスの旗 サントル・ジョルジュ・ポンピドゥー
公開 フランスの旗 2006年5月18日
上映時間 3分28秒
製作国 スイスの旗 スイス
言語 フランス語
前作 レフューズニクたちへの祈り (1)
テンプレートを表示

レフューズニクたちへの祈り』(-いのり、仏語 Prières pour refuzniks)は、2006年(平成18年)にジャン=リュック・ゴダール監督が製作した『レフューズニクたちへの祈り (1)』(Prière pour refuzniks (1))、『レフューズニクたちへの祈り (2)』(Prière pour refuzniks (2))の連作によるスイス短篇映画群である。『徴兵拒否者への祈り』(ちょうへいきょひしゃ-)とも。

略歴・概要[編集]

2006年(平成18年)5月11日 - 同年8月14日、パリの国立総合文化施設ポンピドゥー・センターが企画した初のゴダール展『ユートピアでの単数/複数の旅行 ジャン=リュック・ゴダール 1946年 - 2006年』(Travel(s) in Utopia, Jean-Luc Godard 1946-2006)が行なわれた際に、同センターの上映ホールで、ゴダールの初期の作品『カラビニエ』(1963年)の併映として公開された[1]

本作はいずれも、徴兵を拒否したために幽閉されたイスラエルの若い兵士たち(レフューズニク)への映画書簡である[1]。2007年(平成19年)11月7日にフランスで発売された『愛の世紀』と『アワーミュージック』の2枚組DVDのボーナストラックに、いずれも収録されている。

レフューズニクたちへの祈り (1)[編集]

概要[編集]

本作は、ゴダールが1963年(昭和38年)に製作した映画『カラビニエ』の処刑シーンのアーカイヴ・フッテージに、レオ・フェレが1973年(昭和48年)に発表した楽曲『L'Oppression』(「弾圧」の意)を音声トラックに載せたもので、弾圧との闘争を語り直したものである。

スタッフ・キャスト[編集]

レフューズニクたちへの祈り (2)[編集]

概要[編集]

イスラエルでのパレスチナ紛争をめぐる映像と、ステンドグラスを背に歌うサラエヴォの歌手による独唱をフィーチャーしたミニ・オラトリオである。

イスラエル国旗の六芒星

平筆でダビデの星を描く映像から始まる。ドイツ語で字幕が2枚、対比される。

ベルリンは Berlin
ただ一人 halt ein 1
あなたのダンサーは dein Tänzer
死である ist der Tod
エルサレムは Jerusalem
ただ一人 halt ein 1
あなたのダンサーは dein Tänzer
死である ist der Tod

最後にエンドタイトルの代わりに字幕が1枚。

地球 Terre
対する contre
ciel

スタッフ・キャスト[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b #外部リンク欄のポンピドゥー・センター公式サイト内の本作の上映情報(2006年5月18日 / 6月11日)の記述を参照。二重リンクを省く。

外部リンク[編集]