ゴダールの決別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴダールの決別
Hélas pour moi
監督 ジャン=リュック・ゴダール
脚本 ジャン=リュック・ゴダール
製作総指揮 アラン・サルド[1][2]
出演者 ジェラール・ドパルデュー
ロランス・マスリア
ベルナール・ヴェルレー
音楽 キース・ジャレット
キム・カシュカシャン
撮影 カロリーヌ・シャンプティエ
編集 ジャン=リュック・ゴダール
製作会社 レ・フィルム・アラン・サルド
テレヴィジオン・スイス・ロマンド
ヴェガ・フィルム
ペリフェリア
配給 日本の旗 コムストック[1]
公開 フランスの旗 1993年9月8日
日本の旗 1994年9月3日[2]
上映時間 フランスの旗 95分
日本の旗 84分[1]
製作国 フランスの旗 フランス
スイスの旗 スイス
言語 フランス語
前作 たたえられよ、サラエヴォ
次作 芸術の幼年期
テンプレートを表示

ゴダールの決別』(-けつべつ、仏語 Hélas pour moi)は、1993年(平成5年)に製作された、ジャン=リュック・ゴダール監督のフランススイス合作映画である。フランス映画界のスター、ジェラール・ドパルデューを初めて起用した商業作品[2]として知られる。

概要[編集]

本作は、ギリシア神話の神ゼウスと人妻とが浮気をするエピソードをベース[1]に、神と肉体をテーマした作品である[2]。フランスでの公開当時、「他の遊星から落ちてきた隕石のかけらのように美しい」と「フィガロ」紙が評した[1]

原題の「Hélas pour moi」は、「Hélas」が後悔や痛みを表現する感嘆語で、「私のために、ああ」というような意味だが、「ギリシャ」の古名「ヘラス」(Hellas)との駄洒落でもある。

ロケ地は、ゴダールが工房を構えるレマン湖のほとりのスイス・ヴォー州である[1]

ストーリー[編集]

スイス・レマン湖畔の町に住む、平凡な夫婦、シモン(ジェラール・ドパルデュー)とラシェル(ロランス・マスリア)のドナデュー夫妻。夫が一晩家を空けた日、突然帰宅した夫シモンが別人のようであった。シモンは妻ラシェルに「私はおまえの愛人であって、シモンの身体を借りた神である」と言う。

最後に「シモン・ドナデュー」とサインをする。Simon Donnadieu、これは、Si m'on donne à Dieu、つまり「もしわが身を神に捧げるなら」を意味する。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f allcinemaサイト内の「ゴダールの決別」の項の記述を参照。
  2. ^ a b c d キネマ旬報映画データベース内の「ゴダールの決別」の項の記述を参照。

外部リンク[編集]