放蕩息子たちの出発と帰還

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
放蕩息子たちの出発と帰還
L'amore
監督 ジャン=リュック・ゴダール
脚本 ジャン=リュック・ゴダール
製作総指揮 カルロ・リッツァーニ
音楽 ジョヴァンニ・フスコ
撮影 アラン・ルヴァン
アルマン・マルコ[1]
編集 アニエス・ギュモ
デルフィーヌ・デフォン[1]
製作会社 カストロ・フィルム[1]
アヌーシュカ・フィルム[1]
配給 日本の旗 アポロン (VHS発売のみ)
公開 イタリアの旗 1969年5月29日
西ドイツの旗 1969年6月25日BIFF
フランスの旗 1970年6月3日
日本の旗 1990年5月21日VHS発売のみ
上映時間 26分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
フランス語
テンプレートを表示

放蕩息子たちの出発と帰還』(伊語:L'amore、仏語:L'Aller et retour des enfants prodigues / 伊語:Andate e ritorno dei figli prodighi)は、1967年(昭和42年)製作、1969年(昭和40年)公開、イタリアオムニバス映画愛と怒り』の一篇として、ジャン=リュック・ゴダールが監督した短篇映画である。

概要[編集]

オムニバス全体については愛と怒りを参照。

オムニバス映画『愛と怒り』の原題は、「L'amore」(「愛」の意)として知られるが、イタリアでの公開時のタイトルが「Andate e ritorno dei figli prodighi[1]で、邦題はこの直訳である。

1967年(昭和42年)、ミシェル・ロジエのルーフガーデンで撮影された[1]。本作の撮影は、『ベトナムから遠く離れて』(1967年)の一篇『カメラ・アイ』に引き続き、アラン・ルヴァンアルマン・マルコである。

本作を織り込んだ『愛と怒り』は、当初『福音書'70』のタイトルで、1967年11月24日にイギリスのロンドンで開かれたロンドン映画祭で初上映され[1]、1969年7月5日[1]第19回ベルリン国際映画祭で上映され、1968年5月の「五月革命」を超えて、『論争』(La Contestation)のタイトル[1]1970年6月3日にフランスで公開された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

彼女(クリスティーヌ・ゲオ)と彼(ニーノ・カステルヌオーヴォ)のカップルが、ルーフガーデンでくつろいでいる。近くにはほかの若い恋人たちもいる。彼女はフランス語で話し、彼はイタリア語で話す。その後、若い恋人たちが、戦争、革命、搾取などについて、女の子はフランス語で語り、男の子はイタリア語で話す。

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Colin MacCabe, Godard, Macmillan, 2005. p.351-352.

外部リンク[編集]