二十一世紀の起源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
二十一世紀の起源
L'Origine du XXIème siècle
監督 ジャン=リュック・ゴダール
脚本 ジャン=リュック・ゴダール
A・E・ヴァン・ヴォークト
アンリ・ヴァカン
アンリ・ベルクソン
ジョルジュ・バタイユ
ジャン=ベニーニュ・ボシュエ
ピエール・ギュヨタ
出演者 ピエール・ギュヨタ(声)
ロナルド・アリエル・シャマ(声)
音楽 ハンス・オッテ
撮影 ジュリアン・イルシュ
編集 ジャン=リュック・ゴダール
製作会社 ヴェガ・フィルム
配給 フランスの旗 カナル・プリュス
ドイツの旗 ECM
公開 フランスの旗 2000年5月10日
カンヌ映画祭開会式
ドイツの旗 2006年6月27日
上映時間 13分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

二十一世紀の起源』(仏語L'Origine du XXIème siècle)は、ジャン=リュック・ゴダール監督による、2000年製作のフランスの短篇映画である。第53回カンヌ国際映画祭の要請により、カナル・プリュスの提供によってつくられ、2000年5月10日、同映画祭開会式で上映された。ゴダールの20世紀最後の作品であり、2000年代の最初の作品である。

概要[編集]

20世紀の最後の年、2000年の第53回カンヌ国際映画祭開会式で上映されるべく、本作はゴダールに発注された。『ゴダールの映画史』(1988年 - 1998年)にも出資したフランスのテレビ局カナル・プリュスが出資し、『ヌーヴェルヴァーグ』(1990年)以来のゴダールの製作上のパートナー、ルート・ヴァルトブルゲールヴェガ・フィルム社が本作を製作した。

1998年に10年がかりの大作『映画史』を完成したゴダールは、同様のアーカイヴ・フッテージのモンタージュで本作をつくる。「1990年」「1975年」「1960年」「1945年」「1930年」「1915年」「1900年」と15年ごとに遡るが、「わたしたちの人生のもっともうつくしい時代(Les plus belles année de notre vies)」のどのときにも、わたしたち人類は戦争を戦っていたことを思い知らされる。冒頭にタイトル『L'Origine du XXIème siècle』が大文字で表示されるとき、「わたしにとって pour moi」という文字が示される。あくまでもゴダールの私論なのである。

スタンリー・キューブリック監督の『シャイニング』(1980年)、ゴダール監督の『2人の子どもフランス漫遊記』(共同監督アンヌ=マリー・ミエヴィル1977年 - 1978年)や『勝手にしやがれ』のパトリシア・フランキーニ(ジーン・セバーグ)のラストショット、マックス・オフュルス監督の『快楽』(1952年)の最後の挿話、ロジェ・レーナルト監督の『最後のバカンス』(1947年)、アンドレ・マルロー監督の『希望』(L'Espoir1939年 - 1945年)、カール・ドライヤーの『吸血鬼』(1932年)など数々のフィクションと、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争ヴェトナム戦争第二次世界大戦などの戦争や、レーニンの葬儀、アドルフ・ヒトラーのカラープリントなど数々のニュースリール、そして『映画史』にも紛れ込んでいたようなポルノ画像がモンタージュされる。

電子音楽で知られるハンス・オッテ英語版ドイツ語版のピアノ曲が流れるのは、ドイツのレコード会社ECMと、フランソワ・ミュジーとゴダールの蜜月関係による。ボリス・ヴィアンも愛したSF作家A・E・ヴァン・ヴォークト、労働問題を専門とする社会学者アンリ・ヴァカンノーベル文学賞を受賞した哲学者アンリ・ベルクソン、ナチスのニーチェ濫用を早期に指摘した思想家ジョルジュ・バタイユ、王権神授説を唱えた17世紀の神学者ジャン=ベニーニュ・ボシュエ、そして20世紀後半の寡作で孤高の小説家ピエール・ギュヨタのテクストが読み上げられる。読み上げるのはギュヨタであり、女優イザベル・ユペールの夫でゴダールの友人であるロナルド・アリエル・シャマの声である。

本作は、2006年6月27日、ドイツのECMレコードから全世界発売されたゴダールとアンヌ=マリー・ミエヴィルの短編集DVD(Four Short Films / Quatre Films Courts)に収録された。

作品データ[編集]

カラー作品(イーストマン・カラー) / 上映時間 13分 / 上映サイズ1:1.37(スタンダード・サイズ

スタッフ・キャスト[編集]

参考文献[編集]

巻末に中条省平彦江智弘細川晋による詳細な「フィルモ・ヴィデオグラフィ」がある。
堀潤之による詳細な「ゴダール・フィルモグラフィー 1987-2001」がある。

外部リンク[編集]