ゴダールのマリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリアの本
Le livre de Marie
監督 アンヌ=マリー・ミエヴィル
脚本 アンヌ=マリー・ミエヴィル
出演者 ブリュノ・クレメール
オーロール・クレマン
レベッカ・ハンプトン
音楽 フレデリック・ショパン
グスタフ・マーラー
撮影 カロリーヌ・シャンプティエ
ジャン=ベルナール・ムヌー
製作会社 JLGフィルム
ペガーズ・フィルム
配給 フランスの旗 ゴーモン
日本の旗 パルコ
公開 フランスの旗 1985年1月23日
日本の旗 1986年3月1日
上映時間 28分
製作国 フランスの旗 フランス
スイスの旗 スイス
言語 フランス語
前作 ハウ・キャン・アイ・ラヴ
次作 ソフト&ハード
テンプレートを表示
こんにちは、マリア
Je vous salue, Marie
監督 ジャン=リュック・ゴダール
脚本 ジャン=リュック・ゴダール
音楽 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
アントニン・ドヴォルザーク
撮影 ジャン=ベルナール・ムヌー
ジャック・フィルマン
編集 アンヌ=マリー・ミエヴィル
製作会社 サラ・フィルム
ペガーズ・フィルム
JLGフィルム
ゴーモン
テレヴィジオン・スイス・ロマンド
チャンネル4
配給 フランスの旗 ゴーモン
日本の旗 パルコ
公開 フランスの旗 1985年1月23日
日本の旗 1986年3月1日
上映時間 80分
製作国 フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
スイスの旗 スイス
言語 フランス語
英語
前作 映画「こんにちは、マリア」のためのささやかな覚書
次作 ゴダールの探偵
テンプレートを表示

ゴダールのマリア』は、アンヌ=マリー・ミエヴィル監督の短篇映画『マリアの本』(マリアのほん、仏語 Le livre de Marie、28分)とジャン=リュック・ゴダール監督の長篇劇映画『こんにちは、マリア』(Je vous salue, Marie、80分)の二部構成で興行された作品に、日本で付されたタイトルである。

『マリアの本』は、フランススイス合作映画、『こんにちは、マリア』は、フランス・イギリス・スイス合作映画で、いずれも1984年(昭和59年)に製作された。

マリアの本[編集]

概要[編集]

1973年(昭和48年)にフランス・グルノーブルにゴダールとともに移住し、「ソニマージュ」を設立以来、『うまくいってる?』(1975年 - 1978年)、『6x2』(1976年)、『ヒア & ゼア こことよそ』(1976年)、『二人の子どもフランス漫遊記』(1977年 - 1978年)と共同監督を重ねてきたアンヌ=マリー・ミエヴィルが、1983年に短篇映画『ハウ・キャン・アイ・ラヴ』を単独で監督している。ミエヴィルにとって、本作は、単独監督作としては2作目の映画となる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

こんにちは、マリア[編集]

概要[編集]

前年の1986年に『映画「こんにちは、マリア」のためのささやかな覚書』を製作し、本作のためのスイス国内の出資者へのプレゼンを行っていたゴダールが、無事資金を得て監督した作品である。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]