ジャン=アンリ・ロジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジャン=アンリ・ロジェJean-Henri Roger1949年 - 2012年12月31日)は、フランス映画監督脚本家撮影監督俳優ジャン=リュック・ゴダールの「政治の時代」に「ジガ・ヴェルトフ集団」として、つぎに女優ジュリエット・ベルトとのさまざまな活動のなかで、それぞれ共同監督として作品を発表したことで知られる。フランス国立映像音響芸術学院(la Fémis、旧IDHEC)教授。

来歴・人物[編集]

1949年ブルジョワで知的な家庭、戦闘的コミュニストの両親のもとに生まれた[1]

マルセイユでの学校教育の後、ジャン=アンリ・ロジェはパリなるものに出逢う。彼はそこでほかの者たちがトロツキズムを学ぶように毛沢東主義を研究し、『民衆の大義』誌を統合した。いろいろな任務の後、1969年マルクス主義者の集団「ジガ・ヴェルトフ集団」の中心部で働き、ジャン=リュック・ゴダールとともに実験的で政治的なドキュメンタリー作品を演出した(『プラウダ』、『ブリティッシュ・サウンズ』、1969年[1]。わずか20歳のときだった。

映画監督としては、ある世代すべてにとってのヒロインだった女優ジュリエット・ベルトに関わった。彼らは、映画や、政治的幻想、セックス革命ドラッグの革命のなかで活気づけられた恋愛関係を持っていた。彼らにとっての2本の最初の長編劇映画が、『雪 Neige』(1981年)と『悪党岬 Cap Canaille』(1982年)であった。彼は、2001年になるまでは、3本目の長編『ルル Lulu』に署名しなかった[1]

すでに2005年ヘロインを解体させる誘惑をしながら(「それは私の人生を腐敗させますが、人が私にこの真実を話して欲しくはありません」)、彼はアガト・フィルム社(Agat Films & Cie)で新しい監督作に取り組んでいた[1]

彼は、健康状態によってはときおり、映画の教授をした[1]

2012年12月31日、心臓発作のためにパリで死去[2]。63歳没。

フィルモグラフィー[編集]

出演[編集]

監督[編集]

脚本[編集]

  • 悪党岬 Cap Canaille 1983年 監督ジャン=アンリ・ロジェ、ジュリエット・ベルト
  • ルル Lulu 2002年 監督作

撮影[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e 仏語版WikipediaJean-Henri Rogerの項の記述より。
  2. ^ Décès du cinéaste et professeur Jean-Henri Roger la montagne 2013年1月4日閲覧

外部リンク[編集]