ジガ・ヴェルトフ集団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジガ・ヴェルトフ集団英語:The Dziga Vertov Group仏語Groupe Dziga Vertov1968年 - 1972年)は、かつて存在したフランスの映画作家集団である。ヌーヴェルヴァーグの中心人物であったジャン=リュック・ゴダールがいわゆる彼の「政治の時代」に、同グループの名のもとに匿名で政治的映画を集団的に製作、発表したことで知られる。

来歴・概要[編集]

1968年、ジャン=リュック・ゴダールとジャン=ピエール・ゴランを含む政治的にアクティヴな映画作家によって結成された。彼らの作品は、ブレヒト演劇の形式、マルクス主義イデオロギー、個人的著作性の欠如を主として定義されている。1920年代 - 1930年代ソビエトの映画作家ジガ・ヴェルトフから名をいただいたこの集団は、1972年の『ジェーンへの手紙』の完成直後に解散した[1]

同集団は一般的に下記の9本の作品とともにクレジットされている[1]

『勝利まで』は作品の主題に沿って完成することができず、最初の場面を撮ったわずかの後にパレスチナ解放機構のメンバーたちが殺されてしまった。ゴダールは、のちに1976年の彼の作品『ヒア&ゼア こことよそ』で既存の材料をつかった。同作でゴダールと彼のパートナー(アンヌ=マリー・ミエヴィル)は、『勝利まで』をつくるためのゴダール自身とゴランの方法を脱構築し、その方法とジガ・ヴェルトフ集団全体のマニフェストに対して、順番に異議を唱えていった[1]

参加メンバー[編集]

監督・脚本[編集]

※「ジガ・ヴェルトフ集団」の名のもとに匿名で監督・脚本に参加した人物
  • ジャン=リュック・ゴダール
『あたりまえの映画』監督・脚本・撮影、『ブリティッシュ・サウンズ』監督・脚本、『プラウダ』監督・脚本・編集・語り、『東風』監督・脚本・編集、『イタリアにおける闘争』監督・脚本・編集、『勝利まで』監督・脚本、『ウラジミールとローザ』監督・脚本・撮影・編集・出演、『万事快調』監督・脚本、『ジェーンへの手紙』製作・監督・脚本・撮影・語り
  • ジャン=ピエール・ゴラン
『あたりまえの映画』監督・脚本、『東風』監督・編集、『イタリアにおける闘争』監督・脚本・編集、『勝利まで』監督・脚本、『ウラジミールとローザ』監督・脚本・撮影・編集・出演、『万事快調』監督・脚本、『ジェーンへの手紙』製作・監督・脚本・語り
『ブリティッシュ・サウンズ』監督・脚本、『プラウダ』監督・脚本・編集
『プラウダ』監督・脚本・編集
『東風』監督
『東風』脚本・出演
『東風』脚本

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 英語版WikipediaDziga Vertov Groupの項の記述より。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]