彼女について私が知っている二、三の事柄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
彼女について私が知っている
二、三の事柄
Deux ou trois choses que je sais d'elle
Immeuble France.jpg
監督 ジャン=リュック・ゴダール
脚本 ジャン=リュック・ゴダール
原案 カトリーヌ・ヴィムネ
製作総指揮 アナトール・ドーマン
ラウール・レヴィ
出演者 ジョゼフ・ジェラール
マリナ・ヴラディ
音楽 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
撮影 ラウール・クタール
編集 フランソワーズ・コラン
シャンタル・ドラットル
製作会社 アヌーシュカ・フィルム
アルゴス・フィルム
パルク・フィルム
配給 フランスの旗 UGC
日本の旗 フランス映画社 / 創造社
公開 フランスの旗 1967年3月17日
日本の旗 1970年10月3日
上映時間 90分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
テンプレートを表示

彼女について私が知っている二、三の事柄』(かのじょについてわたしがしっているにさんのことがら、仏語 Deux ou trois choses que je sais d'elle)は、1966年(昭和41年)製作、ジャン=リュック・ゴダール監督によるフランスイタリア合作の長篇劇映画である。

概要[編集]

本作は、週刊誌『ル・ヌーヴェル・オプセルヴァトゥール』に掲載されたカトリーヌ・ヴィムネによるアンケート記事に想を得て、ゴダールが脚本を執筆し製作された[1]HLM(標準賃貸住宅)で起きている主婦売春の話である。1966年8月8日にクランクイン、同年9月8日クランクアップした。イーストマンカラーテクニスコープ作品[2]

アメリカ人ジョン・ヴォーガス役で出演しているラウール・レヴィは本作のプロデューサーで、撮影後の同年12月31日、フランス・サントロペのホテルで拳銃自殺しており、本作が遺作となった。製作主任としてのちの映画監督のクロード・ミレールが参加しており、のちに助監督から脚本家、映画監督になるジャン=パトリック・ルベルとともに、それぞれ「ブヴァール」役と「ペキュシェ」役で出演しているが、この役名はギュスターヴ・フローベールの未完の遺作『ブヴァールとペキュシェ』からの引用である。

ほとんどの俳優・女優が、本作以前に映画出演作がなく、本作がデビュー作となっている。主演のマリナ・ヴラディの息子役・娘役は、俳優のアントワーヌ・ブルセイエの息子クリストフ・ブルセイエ、娘マリー・ブルセイエ(現在のマリー・サラ)である。

日本では、1970年(昭和45年)10月3日柴田駿フランス映画社大島渚創造社が共同で主催した「ゴダール・マニフェスト」の一環として、劇場公開された。1971年(昭和46年)11月20日にスタートした「日活ロマンポルノ」の第1作、西村昭五郎監督の『団地妻 昼下りの情事』に深い影響を与えた。日本での本作のDVDは、1998年と2003年にハピネット・ピクチャーズ、2008年にはデジタルリマスター版がギャガ・コミュニケーションズから発売されている。

ストーリー[編集]

1966年8月、パリ郊外では、新首都圏拡張整備計画に従い公団住宅(HLM - 標準賃貸住宅)の建設が進んでいる。ジュリエット・ジャンソン(マリナ・ヴラディ)は、そんな公団住宅に夫のロベール(ロジェ・モンソレ)、息子のクリストフ(クリストフ・ブルセイエ)と娘のソランジュ(マリー・ブルセイエ)とともに住んでいる。子どもたちはまだ幼く、ガソリンスタンドに勤める夫はアマチュア無線家で、友人のロジェ(ジャン・ナルボニ)と朝から交信している。

ジュリエットは夫のいない昼間、売春をしている。ジェラール氏の売春宿に子どもを預け、買い物やカフェでの客の物色をする。その日も、若い男をホテルに連れ込み、仕事をし、その後でワンピースを買って、美容院へ向かった。美容院に勤めるマリアンヌ(アニー・デュプレー)に誘われ、アメリカ人(ラウール・レヴィ)の滞在するホテルへと遊びに行く。アメリカ人たちは、彼女たちに大金を振舞うのだ。

夫ロベールは、用事が終わるまで妻をカフェで待っている。近くの席では、女子学生(ブランディーヌ・ジャンソン)と作家(ジャン=ピエール・ラヴェルヌ)が論争している。やがて妻ジュリエットが現れ、夫婦そろって家に帰る。ベッドでのふたりは、口論を繰り返し、それぞれ読書をするのだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

以下アルファベット順

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ キネマ旬報DBサイト内の「彼女について私が知っている二三の事柄」の記述を参照。
  2. ^ Roberto Chiesi, Jean-Luc Godard, Roma : Gremese, ISBN 888440259X, p.104.

外部リンク[編集]