グッバイ・ゴダール!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グッバイ・ゴダール!
Le Redoutable
Cannes 2017 14.jpg
監督 ミシェル・アザナヴィシウス
脚本 ミシェル・アザナヴィシウス
原作 アンヌ・ヴィアゼムスキー
それからの彼女フランス語版
製作 フロランス・ガストー
ミシェル・アザナヴィシウス
リアド・サトゥーフフランス語版
製作総指揮 ダニエル・ドゥリューム
出演者 ルイ・ガレル
ステイシー・マーティン
撮影 ギョーム・シフマン
編集 アン=ソフィー・ビオンフランス語版
ミシェル・アザナヴィシウス
製作会社 Les Compagnons du Cinéma
配給 フランスの旗 スタジオカナル
日本の旗 ギャガ
公開 フランスの旗 2017年5月21日 (カンヌ)
フランスの旗 2017年9月13日
日本の旗 2018年7月13日
上映時間 107分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
製作費 $13,200,000[1]
興行収入 $1,100,000[2]
テンプレートを表示

グッバイ・ゴダール!』(Le Redoutable)は、2017年フランス伝記ドラマコメディ映画。監督・脚本はミシェル・アザナヴィシウスで、出演はルイ・ガレルステイシー・マーティンなど。1960年代後半のパリを舞台に、映画監督ジャン=リュック・ゴダールとその当時の妻となるアンヌ・ヴィアゼムスキーの日々が描かれる。原作は、ヴィアゼムスキーの自伝的小説『彼女のひたむきな12カ月フランス語版』の1年後が描かれた『それからの彼女フランス語版[3]

第70回カンヌ国際映画祭にて主要部門のパルム・ドールに出品されたのち[4][5]、フランスで2017年9月13日に公開された。なお、ヴィアゼムスキーは同年10月5日に死去している。


ストーリー[編集]

キャスト[編集]

評価[編集]

映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには47件のレビューがあり、批評家支持率は47%、平均点は10点満点で5.4点となっている。サイトの批評家の見解の要約は「本作はジャン=リュック・ゴダールの人生における一時代を描いており、奇抜さの不足はないが、主題の本質的なインスピレーションは欠いている」となっている[6]。また、Metacriticには10件のレビューがあり、加重平均値は61/100となっている[7]

出典[編集]

  1. ^ Le Redoutable (2017)”. JP's Box-Office. 2017年11月26日閲覧。
  2. ^ Le Redoutable”. Box Office Mojo. IMDb. 2017年11月7日閲覧。
  3. ^ “「中国女」主演女優アンヌ・ヴィアゼムスキー原作の「グッバイ・ゴダール!」公開”. 映画ナタリー. (2018年4月26日). https://natalie.mu/eiga/news/279840 2018年4月27日閲覧。 
  4. ^ The 2017 Official Selection”. Cannes Film Festival (2017年4月13日). 2017年4月13日閲覧。
  5. ^ Winfrey, Graham (2017年4月13日). “2017 Cannes Film Festival Announces Lineup: Todd Haynes, Sofia Coppola, ‘Twin Peaks’ and More”. IndieWire. Penske Business Media. 2017年4月13日閲覧。
  6. ^ Godard Mon Amour (Le redoutable) (2017)”. Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2018年4月20日閲覧。
  7. ^ Godard Mon Amour Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2018年4月17日閲覧。

外部リンク[編集]