アヌーシュカ・フィルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アヌーシュカ・フィルム仏語Anouchka Films)は、フランスにかつて存在した映画製作会社で、映画監督ジャン=リュック・ゴダール女優アンナ・カリーナによって設立された。

来歴・概要[編集]

1961年、ゴダールは、長編第2作『小さな兵隊』に主演女優として出演したカリーナと結婚、ふたりは1964年に同社を設立した。「アヌーシュカ」はアンナのロシア風の愛称である。設立第一作は『はなればなれに』、撮影にラウール・クタール、音楽にミシェル・ルグラン、製作主任にフィリップ・デュサールを起用した。

1965年、ゴダールとカリーナ離婚。その後もゴダールのハウスプロダクション的な役割を果たした。そのほかにも、中篇『わるい仲間』を撮ったジャン・ユスターシュに『男性・女性』の未使用フィルムを提供、中篇『サンタクロースの眼は青い』を製作したり、カルロ・リッツァーニの製作会社カストロと共同製作でオムニバス映画『愛と怒り』に参加した。また、ジャック・リヴェット監督の『王手飛車取り』の脚本をリヴェット、クロード・シャブロルと共同で書き、撮影も担当、その後『カラビニエ』『軽蔑』など多くのゴダール作品の助監督をつとめたシャルル・L・ビッチの長編デビュー作を製作した。

1967年7月22日のゴダールとアンヌ・ヴィアゼムスキーの結婚( - 1979年離婚)、同年8月のゴダールの商業映画との決別宣言以降も、もちろんジガ・ヴェルトフ集団時代(1968年 - 1972年)も、同社は製作母体となりつづけたが、1972年、ゴダール+ジャン=ピエール・ゴランの『万事快調』の完成と、ゴランとの決裂をもって役割を終え、ゴダールは同年、その後のパートナーであるアンヌ=マリー・ミエヴィルと新会社「ソニマージュ」を設立する。『ジェーンへの手紙』はソニマージュ製作であった。

フィルモグラフィー[編集]

監督クレジットのないものはゴダール監督作品、共同製作クレジットのないものは単独製作。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]