未来展望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
未来展望
Anticipation ou l'amour en l'an 2000
Le Plus vieux métier du monde
Ancienne tour TA23 Orly.jpg
ロケ地のオルリー空港
監督 ジャン=リュック・ゴダール
脚本 ジャン=リュック・ゴダール
製作 ジョゼフ・ベルショルツ
ホルスト・ヴェントラント
出演者 アンナ・カリーナ
音楽 ミシェル・ルグラン
撮影 ピエール・ロム
編集 アニエス・ギユモ
製作会社 フランコリス
レ・フィルム・ジベ
リアルト・フィルム
リッツォーリ・フィルム
配給 フランスの旗 アトス・フィルム
日本の旗 ヘラルド映画 / ザジフィルムズ
公開 西ドイツの旗 1967年4月7日
フランスの旗 1967年4月21日
イタリアの旗 1967年7月19日
日本の旗 1971年12月11日
日本の旗 2002年7月13日
上映時間 20分(オムニバス119分)
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
西ドイツの旗 西ドイツ
言語 フランス語
テンプレートを表示

未来展望』(みらいてんぼう仏語原題Anticipation ou l'amour en l'an 2000、「予想、あるいは西暦2000年における恋愛」の意)は、1966年に撮影され1967年に公開されたフランスイタリア西ドイツ合作のオムニバス映画愛すべき女・女たち』の一篇(第六話)、ジャン=リュック・ゴダールの監督作品である。女優アンナ・カリーナを主演にしたゴダール最後の作品として知られる。

概要[編集]

オムニバス映画全篇については、『愛すべき女・女たち』のページを参照。

『愛すべき女・女たち』の第六話は、『二〇〇一年愛の交換』の邦題でも知られているが、一般には『未来展望』とされている。ゴダール監督の長篇劇映画『アルファヴィル』(1965年)によく似ているが、これはもともとゴダールをインスパイアしたドキュメンタリー作家クリス・マルケル監督のフォトロマン『ラ・ジュテ』(1962年)という先行作品がある。本作は、『ラ・ジュテ』を撮影した、パリ郊外ヴァル=ド=マルヌ県オルリーにあるオルリー空港、それに隣接するホテルヒルトンでロケーション撮影が行われた。

撮影監督ピエール・ロムは、ゴダールの助監督を10年つとめた本作の助監督シャルル・L・ビッチが、このオムニバスにも参加しているフィリップ・ド・ブロカらとつくった短篇『三つのランデヴー Les Trois rendez-vous』(1953年)の撮影監督としてキャリアを始め、オランダのドキュメンタリー作家ヨリス・イヴェンス監督の『ル・ミストラル』(1965年)などを撮っている。今回ゴダールとは初顔合わせ。ミシェル・ルグランは言わずと知れたジャック・ドゥミ監督の『シェルブールの雨傘』(1964年)、ゴダール監督の『女と男のいる舗道』(1962年)の作曲家である。美術のベルナール・エヴァンは、ドゥミ監督の短篇『Le Bel indifférent』(1957年)から始まり、ドゥミやクロード・シャブロルの初期作品を多く手がけた。L・ビッチのほか、『いちばんうまい歩き方』(1974年)のクロード・ミレール監督が本作の助監督についた。クレメンテ・フラカッシフェデリコ・フェリーニ監督の『8 1/2』の製作主任であり、本作が遺作となった。アンドレ・キュルテは、ルイス・ブニュエル監督の『それを暁と呼ぶ』(1962年)の製作主任である。

相手役のジャック・シャリエは、ジャン=ピエール・モッキー監督の『今晩おひま?』(1959年)やアンドレ・カイヤット監督の『愛のためいき』(1963年)で主演している。ヴィットリオ・デ・シーカ監督の『あゝ結婚』(1964年)やフェリーニ監督の『魂のジュリエッタ』(1965年)にも出演しているマリル・トロはイタリア女優。ダニエル・バールは、ゴダール監督の『メイド・イン・USA』(1966年)にも出演している。のちに映画監督になるジャン=パトリック・ルベルはゴダール監督の『彼女について私が知っている二、三の事柄』(1966年)、および本作に出演後、ピエール・グランブラ監督の『スローガン』(1969年)に助監督としてついた。

ゴダールの長篇第二作『小さな兵隊』(1961年)に出演、そして結婚して以来、アンナ・カリーナはゴダールの数々の名作に主演してきた。1964年にはアンナの愛称を社名にした映画製作会社「アヌーシュカ・フィルム」を設立、『はなればなれに』(1964年)などを製作して来たが、1965年にふたりの結婚生活は破綻、本作がゴダール作品での最後の主演作となった。この映画のラストシーンは、ふたりの関係へのゴダールの最後の賭けのような気迫が感じられる渾身のシーンである。それでもふたりは別れてしまった。ふたたびゴダールの署名した映画のなかに、アンナ・カリーナが登場するのは、この20分の短篇映画から25年を待たなくてはならない。それが、10分の短篇映画『時間の闇の中で』(オムニバス映画『10ミニッツ・オールダー』の一篇、2002年)である。『女と男のいる舗道』でのもっともうつくしいシーンのアーカイヴ・フッテージからの引用であった。

あらすじ[編集]

34年も先、西暦2000年の近未来社会では、性的な娼婦と言語的な娼婦に分業化されている。宇宙船を乗り換えるために地球の空港に降り立ったソヴィエト=アメリカ軍の士官(ジャック・シャリエ)は、ホテルの部屋に呼んだ口をきかないフィジカル・ラヴの娼婦(マリル・トロ)はに満足できず、チェンジを所望。変わって現れた娼婦は、客の身体には触れず、聖書に書かれた愛のことばを語りかける。彼女は言語的な娼婦(アンナ・カリーナ)なのであった。ふたりはやがて最後に真実の愛に到達する。

作品データ[編集]

パートカラー作品(イーストマン・カラー)/ 上映時間20分(オムニバス119分) / 上映サイズ1:1.66 (ビスタサイズ

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

外部リンク[編集]