子どもたちはロシア風に遊ぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
子どもたちはロシア風に遊ぶ
Les enfants jouent à la Russie
監督 ジャン=リュック・ゴダール
脚本 ジャン=リュック・ゴダール
製作総指揮 ルート・ヴァルトブルゲール
出演者 ラズロ・サボ
ジャン=リュック・ゴダール
ベルナール・エイゼンシッツ
アンドレ・S・ラバルト
撮影 カロリーヌ・シャンプティエ
クリストフ・ポロック
編集 ジャン=リュック・ゴダール
製作会社 チェッコ・フィルムズ[1]
ヴェガ・フィルム
JLGフィルム
配給 スイスの旗 テレヴィジオン・スイス・ロマンド 放映[1]
公開 スイスの旗 1993年
上映時間 60分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[1]
スイスの旗 スイス
言語 フランス語
ロシア語
テンプレートを表示

子どもたちはロシア風に遊ぶ』(こどもたちはロシアふうにあそぶ、仏語 Les enfants jouent à la Russie)は、1993年(平成5年)に製作・放映された、ジャン=リュック・ゴダール監督のアメリカ合衆国[1]スイス合作のテレビ映画である。

概要[編集]

本作は、テレビ映画として製作されたため、カロリーヌ・シャンプティエベータカムで収録している。カラーのベータカムで収録されたドラマ部分と、白黒の旧作ロシア映画が多数引用されている部分とで構成される。

ラバルト近影

ゴダール自身が演じるのは、「王子」と呼ばれる白痴のシネアスト・ミシュキン(ムイシュキン)で、『小さな兵隊』(1960年)以来のゴダール組の常連俳優だったラズロ・サボが、ハリウッドのメジャースタジオからやってくる映画プロデューサーを演じている。『ニコラス・レイ - ある反逆者の肖像』(筑摩書房)を始め、多くの著書を持つ映画批評家ベルナール・エイゼンシッツ、ドキュメンタリー・テレビ映画シリーズ『われらの時代のシネアストたち』のメイン監督で、ゴダールを主題にした『恐竜と赤ん坊』(1967年)等で知られるアンドレ・S・ラバルトがふつうに俳優として出演している。アンナ・カレーニナをモデルとしたアンナ・カレーニヌを演じるのは、前年1992年7月 - 8月に撮影した『ゴダールの決別』(1993年)で、神と神に乗り移られた男を目撃したと告白する女子学生オード・アミエル役を演じて映画デビューしたオード・アミオである。

ロケ地は、ゴダールの本拠地であるスイスのヴォー州ロール、フランスのパリ、ロシアのサンクトペテルブルクで、1993年3月および夏に撮影された[1]

本作のエンドタイトルには、製作会社としてルート・ヴァルトブルゲールヴェガ・フィルム(チューリッヒ)、ゴダールのJLGフィルム(ロール)というスイス国籍の2社がクレジットされているが、アメリカのアレッサンドロ・チェッコーニチェッコ・フィルムズも製作に関わっている[1][2]

ストーリー[編集]

白痴のシネアスト・ムイシュキン王子(ジャン=リュック・ゴダール)が、ハリウッドのメジャースタジオのプロデューサーのジャック(ラズロ・サボ)からの依頼で、冷戦後のロシアについてのドキュメンタリーを撮ることになった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g Roberto Chiesi, Jean-Luc Godard, Roma : Gremese, ISBN 888440259X, p.113.
  2. ^ インターネット・ムービー・データベースの本作の項ではフランス作品、ポンピドゥー・センターの上映情報の本作の項ではイタリア・ロシア・フランス合作となっているが、いずれも誤り。#外部リンク欄リンク先参照。二重リンクを省く。

外部リンク[編集]