トム・ラディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トム・ラディ
Tom Luddy
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画プロデューサー
ジャンル 映画
活動期間 1967年 -

トム・ラディTom Luddy、本名Thomas E. Luddy、生年月日非公表)は、アメリカ合衆国映画プロデューサーである。テルライド映画祭の創始者でもある。

来歴・人物[編集]

アメリカ・ニューヨーク州ニューヨークに生まれる。

カリフォルニア州バークレーでの学生生活の間、シネクラブをいくつか運営する。1967年、カリフォルニア州サウサリートでのアニエス・ヴァルダ監督の短篇映画『ヤンコ伯父さん』に出演する。翌1968年、バークレーで撮影していたジャン=リュック・ゴダールD・A・ペネベイカーの共同監督作品『ワン・アメリカン・ムービー』(1968年 - 1972年)にも出演する。1970年3月、ナオミ・ワイズらとともに、訪米したゴダールとジャン=ピエール・ゴランにインタヴューをする[1]

実際の仕事としての映画界でのキャリアは、ニューヨークのブランドン・フィルムズ社での外国映画輸入業であった。1972年にバークレーに戻り、バークレー美術館の太平洋フィルムアーカイヴ(Pacific Film Archive)でプログラムの仕事をする。ハンス=ユルゲン・ジーバーベルクHans-Jürgen Syberberg)監督の7時間半を超える大作『Hitler: A Film from Germany』(1978年)に関わる。

1979年フランシス・フォード・コッポラ監督のアメリカン・ゾエトロープ・スタジオに移る。ゴダールが『勝手に逃げろ/人生』(1979年)や『パッション』(1980年)の出資に関してコッポラに話をしたときには、ラディが窓口になった。1981年にコッポラがプロデュースした、アベル・ガンス監督の大作無声映画『ナポレオン』(1927年)など、コッポラの特殊なプロジェクトにことごとく関わった。

1983年にはクリス・マルケル監督の日本に関するドキュメンタリー『サン・ソレイユ』に撮影助手として参加する。コッポラ、ジョージ・ルーカス製作総指揮による三島由紀夫の生涯を描いた『MISHIMA』(1985年)にプロデューサーとして参加する。

1985年に『ゴダールのリア王』(1987年)がゴダールにオファーされた時点でプロデューサーとしてメナヘム・ゴーランに雇われ、先行スピンアウト作品『ウディ・アレン会見』(1986年)をプロデュースする。ゴーランとの次作は、ゴダールも参加したオムニバス映画『パリところどころ』(1965年)のプロデューサーだったバルベ・シュレデールに、主演ミッキー・ローク、脚本チャールズ・ブコウスキーによる『バーフライ』を監督させる仕事だった。

テルライド映画祭をはじめ、いくつかの映画祭のディレクターをつとめ、1988年には第38回ベルリン国際映画祭1993年には第46回カンヌ国際映画祭の審査員を務めた[2]1980年にはじまったドイツの映画監督ヴェルナー・ヘルツォーク周辺とのおふざけのような短篇映画への協力は、いまもつづいている。

フィルモグラフィー[編集]

[編集]

  1. ^ Complete Document Citationでインタビュー全文が閲覧できる。
  2. ^ IMDbにあるBiography for Tom Luddyでの記述は誤りで、ベルリンとカンヌの年号が逆である。

外部リンク[編集]