チャールズ・ブコウスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャールズ・ブコウスキー
Charles Bukowski
誕生 ヘンリー・チャールズ・ブコウスキー
Henry Charles Bukowski
1920年8月16日
ドイツの旗 ドイツアンダーナッハ
死没 1994年3月9日(満73歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンペドロ
職業 作家詩人
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 ロサンゼルス・シティー・カレッジ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ヘンリー・チャールズ・ブコウスキーHenry Charles Bukowski, 1920年8月16日 - 1994年3月9日)はアメリカの作家、詩人。

略歴[編集]

1920年ドイツ人の母、カタリーナ・フェットとポーランドアメリカ人の軍人の父、ヘンリー・チャールズ・ブコウスキー・シニアのあいだに、ドイツのアンダーナッハで生まれる。第一次世界大戦後のドイツの経済崩壊により1923年に一家はアメリカ合衆国のメリーランド州ボルチモアに移住、その後カリフォルニア州ロサンゼルスへ転居。幼年時代、ブコウスキーはしばしば失業状態にあった父親から虐待を受けていた[1]

1933年、中学校を休学し、痤瘡の治療を受ける。

1939年ロサンゼルス・ハイスクールを卒業し、シアーズ・ローバックに就職。すぐに退職し、ロサンゼルス・シティー・カレッジに入学、芸術、ジャーナリズム、文学のコースを履修した。

1941年、大学中退。ロサンゼルスを離れる。雑仕事をしながら放浪する。

1944年ニューヨークに移り住む。本格的な創作活動を始め、『ストーリー』誌に短篇Aftermanth of a Lengthy Rejection Slip が掲載される。文芸エージェントの申し出もあったが断る。

1946年、作家になる夢をあきらめる。ジェーン・C・ベイカーと出会い、十年近く同棲することになる。

1952年、1955年まで配達員として郵便局に勤める。

1955年、長年にわたる大量の飲酒がたたり、出血性の潰瘍で入院する。 退院したころからまた詩を書きはじめる。1957年10月、『ハーレクイン』誌の編集者バーバラ・フライと結婚するも、1958年3月に離婚した。この年、両親が相次いで死去。創作活動を再開。

1958年、事務員としてロサンゼルスの郵便局に勤める。

1959年、ジェーン・C・ベイカー死去。葬儀代をもつ。

1960年、最初の詩集Flower, Fist, and Bestial Wail 刊行。1964年、内縁の妻、フランシス・スミスとのあいだに、娘のマリナが生まれる。

1966年、ロサンゼルスの地下新聞『オープン・シティ』紙のコラム Notes of Dirty Old Man を担当。

1969年、 『オープン・シティ』紙のコラムが『ブコウスキー・ノート』としてポルノ専門の出版社から刊行され、最初の商業的成功を得る。

1970年、ブラック・スパロー・プレスのジョン・マーティンから「生涯毎月100ドル[2]という俸給を約束され、1月2日、郵便局を退職。その後の主要な作品のほとんどが、ブラック・スパロー社から出版されることになる。

1971年、ジョン・マーティンから長篇小説の要望を受け、二週間で『ポスト・オフィス』を書き上げる。

1972年、詩集『モノマネ鳥よ、おれの幸運を願え』刊行。シティライツ社から Erections, Ejaculations, Exhibitions, and General Tales of Ordinary Madness 刊行。1983年に二冊にわけて出版、『町でいちばんの美女』及び『ありきたりの狂気の物語』となる。

1973年、T・ハックフォードによるドキュメンタリー番組『ブコウスキー』が公共放送にて放映される。短篇集『ブコウスキーの「尾が北向けば…」』刊行。

1974年、全米芸術基金から助成金を受ける。

1975年、長篇『勝手に生きろ!』刊行。二十代の放浪生活を描く。

1978年、長篇『詩人と女たち』、旅行記『ブコウスキーの酔いどれ紀行』、詩集『指がちょっと血を流し始めるまでパーカッション楽器のように酔っ払ったピアノを弾け』刊行。

1983年、映画『ありきたりの狂気の物語 町でいちばんの美女』公開。

1984年、脚本を担当した映画 The Killers に作家役で出演。

1985年1976年の朗読会で出会ったリンダ・リー・ベイルと8月に結婚。

1987年、脚本を担当した映画『バーフライ』公開。詩集 Love is a Dog from Hell を原作とした映画『クレイジーラブ 魅せられたる三夜』公開。

1991年、短篇『充電のあいまに』及び『人魚との交尾』を原作とした映画『つめたく冷えた月』公開。

1994年、3月9日、 カリフォルニア州サンペドロ白血病により死去。遺作となる「パルプ」を完成したすぐ後のことであった。彼の墓には「DON'T TRY(「やめておけ」)(「突っ張るな!」)」と刻まれている。

エピソード[編集]

  • 遺作である『パルプ』を除き、長篇小説は自伝的内容を多く含み、主人公はヘンリー・チナスキーという作者の分身的存在である。チナスキーは1965年の短篇『魂の箍が外れ過ぎて獣と暮らしてもなんとも思わなくなった男の告白』以来、詩を含む多くの作品に登場。しかしその一方作者が実名で登場する作品も多い。
  • 敬愛する作家にルイ=フェルディナン・セリーヌジョン・ファンテアーネスト・ヘミングウェイなどがいる。セリーヌについては遺作の『パルプ』の他様々な文章で語っている。ただし、ヘミングウェイに関しては、長編『詩人と女たち』で、「彼は良い文章を書くが、全てが彼において戦争である。」と主人公が言っている。これは、著者の考えともとれる。

主な作品[編集]

短編集[編集]

  • 『町でいちばんの美女』 The Most Beautiful Woman in Town & Other Stories 1972(青野聰訳 新潮社、1994 のち文庫)
  • 『ありきたりの狂気の物語』 Tales of Ordinary Madness 1972年(青野聰訳 新潮社、1995 のち文庫)
  • 『ブコウスキーの「尾が北向けば・・・」―埋もれた人生の物語』 South of no North 1973年(山西治男訳 新宿書房、1998)
  • 『ブコウスキー・ノート』 Notes of a Dirty Old Man 1969年(山西治男訳 文遊社、1995)
  • 『ブコウスキーの3ダース』 Hot Water Music 1983年(「ホット・ウォーター・ミュージック」山西治男訳 新宿書房、1993 のち「ブコウスキーの3ダース」改題)
  • 『オールドパンク、哄笑する チャールズ・ブコウスキー短編集』(鵜戸口哲尚訳.ビレッジプレス、2001)

長編[編集]

  • 『ポスト・オフィス』 Post Office 1971年(坂口緑訳 学習研究社、1996 のち幻冬舎アウトロー文庫)
  • 『勝手に生きろ!』 Factotum 1975年 (都甲幸治訳 学習研究社、1995 のち文庫、河出文庫)
  • 『詩人と女たち』 Women 1978年(中川五郎訳 河出書房新社、1992 のち文庫)
  • くそったれ! 少年時代Ham on Rye 1982年(中川五郎訳 河出書房新社、1995 のち文庫)
  • パンク、ハリウッドを行くHollywood 1989年(鵜戸口哲尚、井澤秀夫、ビレッジプレス、1999年)
  • パルプPulp 1994年(柴田元幸訳 学習研究社、1995 のち新潮文庫、のちちくま文庫)

詩集[編集]

  • 『モノマネ鳥よ、おれの幸運を願え』 Mockingbird Wish Me Luck 1972年(『ブコウスキー詩集 2 (モノマネ鳥よ、おれの幸運を願え)』中上哲夫訳.新宿書房,1996)
  • 『ブコウスキー詩集』 1979年
  • 『指がちょっと血を流し始めるまでパーカッション楽器のように酔っぱらったピアノを弾け』 Play the Piano Drunk Like a Percussion Instrument Until the Fingers Begin to Bleed a Bit 1992年(『ブコウスキー詩集 指がちょっと血を流し始めるまでパーカッション楽器のように酔っぱらったピアノを弾け』中上哲夫訳.新宿書房,1995)

エッセイ・伝記[編集]

  • 『ブコウスキーの酔いどれ紀行』 Shakeapeare Never Did This 1979年(中川五郎訳 河出書房新社、1995 のち文庫)
  • 『死をポケットに入れて』(中川五郎訳、河出書房新社、1999 のち文庫)

写真集[編集]

  • 『ブコウスキー・イン・ピクチャーズ』 Bukowski in Pictures 2000年

映像作品[編集]

  • バーフライBarfly 1989年 (脚本)
  • 『つめたく冷えた月』 Lune Froide 1991年 (原作)
  • 『ブコウスキー:オールドパンク』 Bukowski : Born into This 2002年 (ドキュメンタリー)
  • 酔いどれ詩人になるまえにFactotum 2006年 (原作、『勝手に生きろ!』より)

伝記[編集]

  • ハワード・スーンズ 『ブコウスキー伝―飲んで書いて愛して』中川五郎訳 河出書房新社、2000年

脚注[編集]

  1. ^ 自伝的作品『くそったれ! 少年時代』に描かれている。
  2. ^ 彼の遺作「パルプ」の主人公である探偵は、ジョン・バートンから「レッド・スパロー(赤い雀)」を探し出すように依頼されるが、その成功報酬は「生涯毎月100ドル」である。

外部リンク[編集]