ジョン・ファンテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・ファンテ
John Fante
誕生 (1909-04-08) 1909年4月8日
アメリカ合衆国の旗アメリカコロラド州デンバー
死没 (1983-05-08) 1983年5月8日(満74歳没)
アメリカ合衆国の旗アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 小説家脚本家
国籍 アメリカ合衆国の旗アメリカ
子供 en:Dan Fante
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジョン・ファンテJohn Fante1909年4月8日1983年5月8日)は、アメリカ小説家脚本家

生涯[編集]

1909年、コロラド州デンバーに生まれ、ボールダーで育つ。父はイタリアからの移民で石工、母はイタリア系の二世で熱心なカトリック。

1923年、デンバーのレジス・ハイスクールに入学。1927年夏に卒業し、コロラド大学に入学するも、早くも退学を決意し、私立図書館に通い詰める。この時に出会ったのが、「アメリカン・マーキュリー」誌の編集長ヘンリー・メリケンの作品だった。1928年秋に再び大学に登録するも、1929年に最低限の成績を取ることができなかったことで、大学を退学させられた。

友人とバックパックをし、カリフォルニアを目指す。大恐慌下で、長期間にわたり不安定な職を転々とする。1931年にロングビーチ市立大学に登録するも、成績はまたもや振るわなかった。

以後、作家を目指しながら、モーパッサンヘミングウェイジョン・ドス・パソスニーチェシュペングラーなどを読み漁る。 1938年に出版された『バンディーニ家よ、春を待て』が、批評家たちに好意的に受け止められる。「サンフランシスコ・クロニクル」誌のジョーゼフ・H・ジャクソンは、その年の最高の一冊に選んだ。二か月後にはイタリア語にも翻訳された。

1939年11月には『塵に訊け!』が出版されるが、出版社の宣伝不足もあって販売部数は思うように伸びず、批評家の賛辞も得られなかった。1940年1月に自動車の交通事故。1940年9月には『デイゴ・レッド』が刊行され、「タイム」誌などが絶賛した。 1952年、当初『白い風船』の予定だった題を『満ちみてる生』としてリトル・ブラウン&カンパニーより刊行、1956年には映画化される。

1960年代後半、『満ちみてる生』の続篇というべき『僕の犬は愚か者』を書き上げるも、出版社が見つからなかった。1974年には『葡萄の信徒会』が完成し、フランシス・フォード・コッポラ監督による映画化を探るも『地獄の黙示録』にかかりきりになっていたため進展せず、1977年に刊行。一方、健康状態は年を追うごとに悪化していっており、左足を切断する手術を受けることになる。緑内障の手術を受けるも、1978年には盲目となる。

晩年になり、チャールズ・ブコウスキーが働きかけたことによってブラック・スパロウ・プレスよりファンテの重要な作品が次々に再刊され、ようやく日の目を見ることとなった。

ウィリアム・サローヤンウィリアム・フォークナーらと親しく、サローヤンの戯曲『君の人生の時間』のモデルともなった。

主な作品[編集]

小説[編集]

  • The Road to Los Angeles (1933年) 『ロサンゼルスへの道』
  • en:Wait Until Spring, Bandini (1938年) 『バンディーニ家よ、春を待て』
  • en:Ask the Dust (1939年) 『塵に訊け!』
  • Dago Red(1940年) 『デイゴ・レッド』
  • Full of Life (1952年) 『満ちみてる生』
  • The Brotherhood of the Grape (1977年) 『葡萄の信徒会』
  • Dreams from Bunker Hill (1982年) 『バンカーヒルからの夢』

死後に発表された作品[編集]

  • The Wine of Youth (1985年、短篇集)
  • 1933 Was a Bad Year (1985年、未完)
  • Road to Los Angeles (1985年)
  • West of Rome (1986年)
  • Fante/Mencken: John Fante & H.L. Mencken, 1932-1950 (1989年、書簡)
  • John Fante: 1932-1981 (1991年、書簡)
  • The Big Hunger: Stories, 1932-1959 (2000年、短篇集)

映画化された作品[編集]

日本語訳された作品[編集]

  • 「雪の中のレンガ職人」長岡真吾訳、青土社ユリイカ』(Vol.27-6)、1995年5月
  • 『塵に訊け!』都甲幸治訳、DHC、2002年
  • 『デイゴ・レッド』栗原俊秀訳、未知谷、2014年
  • 『バンディーニ家よ、春を待て』栗原俊秀訳、未知谷、2015年
  • 『満ちみてる生』栗原俊秀訳、未知谷、2016年

参考文献[編集]

  • 『デイゴ・レッド』(未知谷)巻末の栗原俊秀氏による年譜より