都甲幸治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

都甲 幸治(とこう こうじ、1969年11月25日 - )は、日本アメリカ文学研究者、翻訳家早稲田大学文学学術院教授讀賣新聞書評委員。福岡県出身。

1993年東京大学教養学部教養学科表象文化論専攻を卒業後、東京大学大学院総合文化研究科表象文化論専攻修士課程修了。翻訳家を経て、東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻アメリカ科修士課程修了。同大学院博士課程南カリフォルニア大学大学院英文科博士課程に在籍。

2004年早稲田大学文学学術院専任講師就任。「村上春樹の知られざる顔」(『文學界』2007年7月号)では、それまで邦訳されていなかった村上春樹の欧米におけるインタビュー記事などを紹介した。柴田元幸門下。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『偽アメリカ文学の誕生』(水声社2009年
  • 『21世紀の世界文学30冊を読む』新潮社、2012 
  • 『狂喜の読み屋』共和国、2014 
  • 『生き延びるための世界文学 21世紀の24冊』新潮社、2014
  • 『読んで、訳して、語り合う。都甲幸治対談集』立東舎 2015

共著[編集]

  • 『ノーベル文学賞にもっとも近い作家たち いま読みたい38人の素顔と作品』(青月社、2014年)ジュノ・ディアスを担当
  • 『きっとあなたは、あの本が好き。連想でつながる読書ガイド 』(立東舎、2016年)
  • 『世界の8大文学賞 受賞作から読み解く現代小説の今』(立東舎、2016年)

訳書[編集]

外部リンク[編集]