ピエール・グランブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピエール・グランブラ
Pierre Grimblat
生年月日 (1922-07-08) 1922年7月8日
没年月日 (2016-06-04) 2016年6月4日(93歳没)
出生地 パリ
国籍 フランスの旗 フランス

ピエール・グランブラPierre Grimblat1922年7月8日 パリ - 2016年6月4日 パリ)は、フランス映画監督脚本家、テレビシリーズの演出家・プロデューサーである。映画の代表作は、ゲンスブールバーキン映画の『スローガン』であり、テレビの代表作はロジェ・アナン主演の『Navarro』、ロラン・マグダン主演の『Le Tuteur』、ジェラール・クライン主演の『L'Instit』である。

来歴・人物[編集]

1960年フランソワ・トリュフォー監督の協力を得て、長編映画『Me faire ça à moi(ひどいじゃない!)』で監督デビュー。つづいて1962年、本作に出演したエディ・コンスタンティーヌ、音楽スコアを書いたミシェル・ルグランとともに『L'Empire de la nuit(夜の帝国)』を撮る。

1964年ジャック・リヴェットジャック・ドニオル=ヴァルクローズの処女長編やジャン=リュック・ゴダールの初期短編など、ヌーヴェルヴァーグの作家たちを続々世に出したピエール・ブロンベルジェ製作のもと、短編『La Rose de mon jardin』を撮る。同年、ブロンベルジェの甥・フランソワ・レシャンバックと共同監督で『Les Amoureux du France』を脚本監督。

1968年、自ら出資してゲンスブールの音楽をフィーチャーした主演映画『スローガン』を撮り、20歳のジェーン・バーキンは同作でゲンスブールに出逢う。

1980年代後半より、テレビ映画のプロデューサーとしての活躍が目覚しく、続々ヒット作を放つ。なかでも1986年、テレビシリーズ『セリ・ノワール Série noire』を企画、そのうちの1本がジャン=リュック・ゴダール監督の『映画というささやかな商売の栄華と衰退 Série noire: Grandeur et décadence d'un petit commerce de cinéma (#1.21)』である。仏ルクセンブルクスイス合作で、TF1、RTL(ルクセンブルクのテレビ局RTL Group)、テレヴィジョン・スイス=ロマンド(スイスのテレビ局TSR)、JLGフィルム社との共同製作である。

日本人のモデル三富邦子との間に一子あり。

フィルモグラフィー[編集]

監督[編集]

出演[編集]

外部リンク[編集]