オルリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Orly
Blason Orly 94.svg
Orly - Église Saint-Germain-de-Paris.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル・ド・フランス地域圏
(département) ヴァル=ド=マルヌ県
(arrondissement) クレテイユ郡
小郡 (canton) オルリー小郡
INSEEコード 94054
郵便番号 94310
市長任期 クリスティーヌ・ジャノド
2009年 - 2020年
自治体間連合 (fr) メトロポール・デュ・グラン・パリ
人口動態
人口 22,603[1]
2014年
人口密度 3,379[1]人/km2
住民の呼称 Orlysiens, Orlysiennes
地理
座標 北緯48度44分38秒 東経2度23分34秒 / 北緯48.7438888889度 東経2.39277777778度 / 48.7438888889; 2.39277777778座標: 北緯48度44分38秒 東経2度23分34秒 / 北緯48.7438888889度 東経2.39277777778度 / 48.7438888889; 2.39277777778
標高 平均:m
最低:30 m
最高:89m
面積 6.69km2 (669ha)
Orlyの位置(フランス内)
Orly
Orly
公式サイト http://www.ville-orly.fr
テンプレートを表示

オルリーOrly)は、フランスイル=ド=フランス地域圏ヴァル=ド=マルヌ県コミューン。コミューン内にはオルリー空港がある。

地理[編集]

県内のオルリーの位置

パリの南約9km、ウルポワ地方(Hurepoix)に属する。オルリーの領域はセーヌ川左岸に垂直に広がり、東の氾濫原に伸び、西のロンボワイヨ高原(Plateau de Longboyau)の丘陵も含まれる。

交通[編集]

由来[編集]

9世紀から10世紀のオルリーの名は、Aureliacumであった。これはローマ人の人名Aureliusに由来する。その後Orliacum、Orleioとなり、11世紀にはオルリ(Orli)となった。

オルリーの旧市街の位置は、近代に入って開拓されるまで、セーヌ川沿いおよそ2000ヘクタールの湿地に近かった。そのために2つのケルト語の語源が挙げられている。

  • oroまたはorは、縁(orée)や境界(limite)を意味する
  • leigは湿地や悪地、泥を意味するフランス語のlie、limon、enliséに近い

歴史[編集]

10世紀後半、オルリーの地には教会があった。11世紀、オルリーを領有していたのはノートルダム・ド・パリの教会参事会であった。12世紀には製粉所の存在が記された。1250年頃、ノートルダム・ド・パリの教会参事会員がオルリーから直接税を取り立てることに決まった。住民の多数を占める農奴は納税を拒否した。彼らのうち16人が拘束され、支払いを約束させられた。農民たちは摂政王妃ブランシュ・ド・カスティーユに訴え出た。

百年戦争中の1360年、オルリーはイングランド軍に荒らされ、大勢の成人男性が殺害された。

1791年革命後の新政府樹立をオルリー住民は熱狂的に歓迎した。19世紀半ば、郵便電信局を備えた現代的な市街がつくられた。1910年から1938年にかけて数百戸の住宅が建ち、1940年には人口4,000人を数えた。オルリーの高原にできた飛行場は先駆けとなり、1945年に世界的な空港となった。

1935年以降、コミューンの政治は社会主義者共産主義者が優勢で、現在も連合左翼の影響が強い。第二次世界大戦中、多くの地元政治家や地元議員たちがレジスタンス活動に参加し、追放されたり弾圧の犠牲となった。

戦後、コムギ薬用植物ブドウが栽培されていた畑が建設用地となり、小さな村は現代的な都市へ生まれ変わった。

人口[編集]

オルリーの人口推移 1901-2014
ORLY - CITY POPULATION[注釈 1]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 統計基準日:1975年2月20日、1992年3月4日、1990年3月5日、1999年3月8日以上Census(人口調査)。2007年1月1日、2014年1月1日以上Estimate(推計)。1901年から1968年の数値はWikipedia仏語版より。
出典