自由と祖国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
自由と祖国
Liberté et patrie
監督 ジャン=リュック・ゴダール
アンヌ=マリー・ミエヴィル
脚本 ジャン=リュック・ゴダール
アンヌ=マリー・ミエヴィル
出演者 ジャン=ピエール・ゴス (声)
ジュヌヴィエーヴ・パスキエ (声)
音楽 フィリップ・バル
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
編集 ジャン=リュック・ゴダール
アンヌ=マリー・ミエヴィル
製作会社 ヴェガ・フィルム
ペリフェリア
配給 スイスの旗 Expo.02
公開 スイスの旗 2002年8月
上映時間 16分
製作国 スイスの旗 スイス
言語 フランス語
前作 愛の世紀
次作 時間の闇の中で
テンプレートを表示

自由と祖国』(じゆうとそこく、Liberté et patrie)は、2002年製作のジャン=リュック・ゴダールアンヌ=マリー・ミエヴィル共同監督による短篇ビデオ映画である。

概要[編集]

本作は、2002年、スイスで30年ぶりに開かれた内国博覧会Expo.02」のために製作され、表象代行作用についてのある省察への前文である[1]。そのため、シャルル・フェルナン・ラミュの『ヴォー州人画家エメ・パシュ』の朗読から始まる。

スタッフ・キャスト[編集]

ジャン=ピエール・ゴスJean-Pierre Gos
ジュヌヴィエーヴ・パスキエGeneviève Pasquier

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ fr:Liberté et patrieの記述を参照。

外部リンク[編集]