マックス・オフュルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マックス・オフュルス
Max Ophüls
本名 Maximillian Oppenheimer
生年月日 (1902-05-06) 1902年5月6日
没年月日 (1957-03-25) 1957年3月25日(54歳没)
出生地 ドイツの旗 ドイツ帝国 ザールブリュッケン
死没地 西ドイツの旗 西ドイツ ハンブルク
国籍 ドイツの旗 ドイツフランスの旗 フランス
職業 映画監督脚本家舞台演出家
ジャンル 映画演劇オペラ
活動期間 1931年 - 1957年
配偶者 ヒルデガード・ウォール1926年 - 1957年
著名な家族 マルセル・オフュルス (息子)
主な作品
忘れじの面影
輪舞
たそがれの女心
歴史は女で作られる

マックス・オフュルスMax Ophüls, 1902年5月6日 - 1957年3月25日) は、ドイツ出身の映画監督。後にフランス国籍を取得し、アメリカでも活動した。女性映画の巨匠として知られる。

来歴[編集]

1902年5月6日ドイツ帝国ザールブリュッケンで生まれる。本名はマクシミリアン・オッペンハイマー。オフュルスという名はユダヤ人であることを隠すために用いた偽名である。1919年から舞台俳優として活動し、1923年からは演出家に転向した。その後、1929年アナトール・リトヴァクの作品に脚本家として携わり、映画界に進出した。

1931年、短編『Dann schon lieber Lebertran』で映画監督としてデビュー。翌1932年には初の長編『Die verliebte Firma』と『Die verkaufte Braut』を製作した。1933年、ドイツ時代の代表作『恋愛三昧』と『笑う相続人』を発表。しかし、ナチス台頭に伴い、同年にフランスに亡命。5年後の1938年にはフランス国籍を取得した。この時期に製作された作品には早川雪洲を起用した『ヨシワラ』(1937年)がある。同作は戦後日本で最初に公開されたフランス映画となった。また、『永遠のガビー』(1934年)はイタリアで、『Komedie om geld』(1936年)はオランダで製作された作品である。

その後、第二次世界大戦中の1941年に渡米。戦後、ハリウッドで『忘れじの面影』(1948年)や『魅せられて』(1949年)など5本の作品を製作した。

1950年にフランスに帰国。同年にダニエル・ダリューシモーヌ・シニョレを起用した『輪舞』を発表。同作は英国アカデミー賞作品賞ヴェネツィア国際映画祭脚本賞を受賞した。その後も『快楽』(1952年)や『たそがれの女心』(1953年)といった後期の代表作を発表。ローラ・モンテスの生涯を描いた『歴史は女で作られる』(1955年)は8億フランもの製作費が投じられ、オフュルス唯一のカラー作品となった。

1957年3月25日、心臓病によりハンブルクにて54歳で死去。製作中だったアメデオ・モディリアーニの伝記映画『モンパルナスの灯』はジャック・ベッケルによって1958年に完成された。ジャック・ドゥミはデビュー作の『ローラ』(1961年)をオフュルスに捧げている。死去後の1966年には第16回ベルリン国際映画祭で国際映画批評家連盟賞が授与された。

私生活[編集]

1926年女優ヒルデガード・ウォールと結婚した。翌1927年に生まれた息子のマルセル映画監督となり、主にドキュメンタリー映画を製作している。

作風[編集]

多くの作品において滑らかなカメラワークが特徴である。また、女性映画の巨匠と称されるように女性を主人公にした作品が多いことでも知られる。

作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]