シャンタル・アケルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シャンタル・アケルマン
Chantal Akerman
Chantal Akerman
本名 Chantal Anne Akerman[1]
生年月日 1950年6月6日
没年月日 2015年10月5日(満65歳没)
出生地 ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル
死没地 フランスの旗 フランス パリ
職業 映画監督脚本家女優
ジャンル 映画テレビドラマ

シャンタル・アケルマン(Chantal Akerman、1950年6月6日 - 2015年10月5日)は、ベルギー出身の映画監督脚本家女優。日本語では「シャンタル・アッカーマン」と表記されることもある。代表作に『ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地、ジャンヌ・ディエルマン』がある[2][3]

経歴[編集]

1950年6月6日、ブリュッセルに生まれる[1]ユダヤ人の両親を持つ[4]。彼女の父方の祖父母は、反ユダヤ主義の強まっていたポーランドを逃れ、ブリュッセルへ渡った[5]。貧困の中で育った彼女の父親は、12歳の頃から働き、18歳で自らの工場を持つに至った[5]。母方の祖父母はアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所で死去し[5]、彼女の母親は生還した[2]

高校での生活になじめなかった彼女は、文学に興味を持っていたが[5]、15歳の頃にジャン=リュック・ゴダール監督の映画『気狂いピエロ』を見て、映画製作の道へ進むことを決意する[5]

1968年、短編映画で映画監督デビューを果たす[2]。1975年、デルフィーヌ・セイリグ主演の『ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地、ジャンヌ・ディエルマン』を監督する[4]。2011年、ニューヨーク市立大学シティカレッジのスタッフに就任する[3]

2015年10月5日、パリにて死去[6]。65歳没[6]。その死については、うつ病で入院していたという報道がある一方、自殺であったとする報道もなされている[6]

彼女の作品は、トッド・ヘインズガス・ヴァン・サントサリー・ポッターミヒャエル・ハネケらに影響を与えた[6]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • 街をぶっ飛ばせ(1968年) - 監督・出演
  • 部屋(1972年) - 監督・脚本・編集・出演
  • ホテル・モンタレー(1972年) - 監督・製作
  • 8月15日(1973年) - 監督・脚本・撮影・編集
  • 私、あなた、彼、彼女(1974年) - 監督・脚本・製作・出演
  • ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地、ジャンヌ・ディエルマン(1975年) - 監督・脚本
  • 家からの手紙(1977年) - 監督
  • アンナの出会い(1978年) - 監督・脚本
  • 一晩中(1982年) - 監督・脚本
  • 新パリところどころ「おなかすいた、寒い」(1984年) - 監督・脚本
  • 彼女は陽光の下で長い時を過ごした(1985年) - 出演
  • ゴールデン・エイティーズ(1986年) - 監督・脚本
  • 芸術省(1989年) - 出演
  • アメリカン・ストーリーズ/食事・家族・哲学(1989年) - 監督・脚本
  • 忘却に抗って - 命のための30通の手紙「エル・サルヴァドル、フェーべ・エリザベス・ベラスケスのために」(1991年) - 監督
  • 東から(1993年) - 監督・脚本
  • ブリュッセル、60年代後半の少女のポートレート(1994年) - 監督
  • カウチ・イン・ニューヨーク(1996年) - 監督・脚本
  • 囚われの女(2000年) - 監督・脚本
  • 向こう側から(2002年) - 監督・撮影
  • オルメイヤーの阿房宮(2011年) - 監督・脚本・製作
  • No Home Movie(2015年) - 監督・脚本・製作

脚注[編集]

  1. ^ a b Chantal Akerman”. AlloCiné. 2015年8月30日閲覧。
  2. ^ a b c Sharf, Zack (2015年10月6日). “Landmark Belgian Filmmaker Chantal Akerman Dies at 65”. IndieWire. 2015年11月19日閲覧。
  3. ^ a b Shoard, Catherine (2015年10月6日). “Chantal Akerman, pioneering Belgian film director and theorist, dies aged 65”. The Guardian. 2015年11月19日閲覧。
  4. ^ a b Romney, Jonathan (2015年10月8日). “Chantal Akerman obituary”. The Guardian. 2015年11月19日閲覧。
  5. ^ a b c d e Adams, Sam (2010年1月28日). “Chantal Akerman”. The A.V. Club. 2015年11月19日閲覧。
  6. ^ a b c d Saperstein, Pat (2015年10月6日). “Chantal Akerman, Feminist Cinema Pioneer, Dies at 65”. Variety. 2015年11月19日閲覧。

関連文献[編集]

  • Margulies, Ivone (1996). Nothing Happens: Chantal Akerman's Hyperrealist Everyday. Duke University Press. ISBN 978-0-8223-1723-4. 
  • Foster, Gwendolyn Audrey, ed (2003). Identity and Memory: The Films of Chantal Akerman. Southern Illinois University Press. ISBN 978-0-8093-2513-9. 

外部リンク[編集]