ジャック・ドワイヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジャック・ドワイヨン
Jacques Doillon
Jacques Doillon
2017年度 カンヌ国際映画祭にて
生年月日 (1944-03-15) 1944年3月15日(74歳)
出身地 フランスの旗 フランスパリ
職業 映画監督脚本家
活動期間 1969年 - 現在
著名な家族 ローラ・ドワイヨン (長女)
ルー・ドワイヨン (次女)
主な作品
ラ・ピラート
ポネット

ジャック・ドワイヨン(Jacques Doillon,1944年3月15日 - )は、フランスパリ出身の映画監督脚本家

概要[編集]

パリ生まれ。地元の高校在学時代に映画に興味を持ち、同高で文学の講師をしていた映画評論家 アンリ・エゲルの映画クラブに参加していた。以降、映画や脚本家の道へと進んだ。

モーリス・ピアラフィリップ・ガレルらと「ポスト・ヌーヴェルバーグ」とされる[1]

『西暦01年』はフランスの漫画BDから発想され、アラン・レネジャン・ルーシュが撮った場面が含まれる点から「ゴダール中心のヌーヴェルヴァーグにたいして、いささか屈折した位置に立っている」[1]

2017年、日本の『フランス映画祭2017』に招聘されて来日し、自身の監督作品『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』をPR[2]。更に同映画公開で再来日し、舞台挨拶を行った[3]

私生活では、ノエル・ボワソンとの間に生まれた長女ローラは父と同じ職業に進み、映画監督セドリック・クラピッシュと結婚。1982年から1990年まで女優アーティスト ジェーン・バーキンと交際し、2人の間の次女ルーは女優となった。ほか後妻2人の間に、三女リリー・四女ニーナ・長男ラザールがいる。

主な監督作品[編集]

  • 西暦01年 L'An 01 (1973年)シネクラブ上映のみ
  • 頭の中の指 Les Doigts dans la tête (1974年)シネクラブ上映のみ
  • 小さな赤いビー玉 Un sac de billes (1975年)シネクラブ上映のみ
  • 泣きしずむ女 La Femme qui pleure (1979年)シネクラブ上映のみ
  • あばずれ女 La Drôlesse (1979年)シネクラブ上映のみ
  • 放蕩娘 La Fille prodigue (1981年)シネクラブ上映のみ
  • ラ・ピラート La Pirate (1984年)
  • 家族生活 La Vie de famille (1985年)
  • イザベルの誘惑 La Tentation d'Isabelle (1985年)
  • ピューリタンの女 La Puritaine (1986年)シネクラブ上映のみ
  • 恋する女 L'Amoureuse (1987年)
  • ふたりだけの舞台 Comédie! (1987年)
  • 15才の少女 La Fille de 15 ans (1989年)
  • 女の復讐 La Vengeance d'une femme (1990年)
  • ピストルと少年 Le Petit Criminel (1990年)
  • 忘却に抗って - 命のための30通の手紙 Contre l'oubli (1991/オムニバス) 映画祭上映
  • シャルロット・ゲンズブール/愛されすぎて Amoureuse (1992年)
  • 若きウェルテル Le Jeune Werther (1993年)特殊上映のみ
  • Nathalie Sarraute (1995/ドキュメンタリー/TVシリーズ Un siècle d'écrivains)
  • ポネット Ponette (1996年)
  • あまりにも大きな(小さな)愛 Trop (peu) d'amour (1998年) 特殊上映のみ
  • 少年たち Petits frères (1999年)特殊上映のみ
  • イカレた一夜 Carrément à l'ouest (2001年)映画祭上映
  • ラジャ Raja (2003年)映画祭上映
  • 誰でもかまわない Le Premier Venu(2008年)映画祭上映
  • アナタの子供 Un enfant de toi (2012年)映画祭上映
  • ラブバトル Mes séances de lutte (2013年)
  • ロダン カミーユと永遠のアトリエ Rodin (2017年)

主な受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 中条省平『フランス映画史の誘惑』(集英社新書 2003年pp.213-219)。
  2. ^ ジャック・ドワイヨンやイザベル・ユペールの来日も フランス映画祭2017全ラインナップ発表”. Real Sound (2017年5月9日). 2018年2月18日閲覧。
  3. ^ ジャック・ドワイヨンが監督作を引っさげ来日、“近代彫刻の父”ロダンとの共通点語る”. ナタリー (2017年9月22日). 2018年2月18日閲覧。

外部リンク[編集]