平安仏教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平安仏教(へいあんぶっきょう)とは、平安時代より興隆した日本仏教宗派である。具体的には真言宗天台宗の二宗をさすことが多い。場合によっては融通念仏宗も含める。

桓武天皇による平安遷都794年)の背景の一つには、奈良仏教南都六宗)の専横の問題があった。孝謙女帝が僧・道鏡を寵愛し、あわよくば道鏡が天皇にまでなろうとして和気清麻呂に阻止された経緯があり、朝廷の保護の下、力を持ちすぎた奈良仏教の影響を排除することが長岡京平安京への遷都の一つの動機である。

桓武天皇・嵯峨天皇は奈良仏教に対抗しうる新しい仏教として、最澄が唐から持ち帰った天台宗空海が持ち帰った真言宗を保護した。

特に最澄は奈良仏教に対抗意識を持っており、法相宗の僧侶・徳一と激しい論争をした。一方で、空海は奈良仏教に対し、融和的な態度をとった。

特徴は一つに山岳仏教の発展である。奈良仏教が都市仏教であったのに対し、最澄は比叡山延暦寺を、空海は高野山金剛峯寺を開いた。

もう一つの特徴は加持祈祷を行なう密教を持っていたことである。真言宗の密教は東密(京では東寺が中心であったため)、天台宗の密教は台密と呼ばれ覇を競った。これらの特色によって、平安仏教は皇室貴族現世利益をかなえる性格が強くあった。基本的に皇室や藤原氏などの貴族仏教としての性格を持つ。

平安中期になると、天台宗源信らにより死後の阿弥陀如来による救いを説く、浄土教が大きな力を持ってくる。宇治平等院鳳凰堂は、当時の貴族らの浄土信仰の代表的遺構である。融通念仏宗もその文脈で出てくる。やがて武家勢力の台頭と併せ、平安末期に法然の専修念仏が広まり、民衆全体への広がりを見せ鎌倉新仏教のさきがけとなって行った。

関連項目[編集]