ゲイ (中国神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「羿」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
嫦娥、月に奔る

羿(げい、拼音: イー)は、中国神話に登場する人物。后羿(こうげい、拼音: Hòuyì ホウイー)とも呼ばれる。 の名手として活躍したが、妻の嫦娥(姮娥とも書かれる)に裏切られ、最後は弟子の逢蒙によって殺される、悲劇的な英雄である。

羿の伝説は、『楚辞』天問篇の注などに説かれている太陽を射落とした話(射日神話、大羿射日)が知られるほか、その後の時代の活躍を伝える話(の時代の羿の項)も存在している。名称が同じであるため、前者を「大羿」、後者を「夷羿」や「有窮の后羿」と称し分けることもある。

堯の時代の羿[編集]

天帝である帝俊ないしと同じとされる)には羲和というがおり、その間に太陽となる10人の息子火烏)を産んだ。この10の太陽は交代で1日に1人ずつ地上を照らす役目を負っていた[1]。ところが帝堯の時代に、10の太陽がいっぺんに現れるようになった。地上は灼熱地獄のような有様となり、作物も全て枯れてしまった。このことに困惑した帝堯に対して、天帝である帝俊はその解決の助けとなるよう天から神の一人である羿をつかわした。羿は、帝堯を助け、初めは威嚇によって太陽たちを元のように交代で出てくるようにしようとしたが効果がなかった。そこで仕方なく、1つを残して9の太陽を射落とした。これにより地上は再び元の平穏を取り戻したとされる[2]

その後も羿は、各地で人々の生活をおびやかしていた数多くの悪獣(窫窳鑿歯九嬰大風修蛇封豨)を退治し、人々にその偉業を称えられた[3]

不老不死の薬[編集]

自らの子(太陽たち)を殺された帝俊は羿を疎ましく思うようになり[3]、羿と妻の嫦娥(じょうが)を神籍から外したため、彼らは不老不死ではなくなってしまった。羿は崑崙山の西に住む西王母を訪ね、不老不死の薬を2人分もらって帰るが、嫦娥は薬を独り占めにして飲んでしまう。嫦娥は羿を置いて逃げるが、天に行くことを躊躇して広寒宮)へしばらく身をひそめることにする。しかし、羿を裏切ったむくいで体はヒキガエルになってしまい、そのまま月で過ごすことになった[4][5]嫦娥奔月の項も参考)。

なお、羿があまりに哀れだと思ったのか、「満月の晩に月に団子を捧げて嫦娥の名を三度呼んだ。そうすると嫦娥が戻ってきて再び夫婦として暮らすようになった。」という話が付け加えられることもある[要出典]

逢蒙殺羿[編集]

その後、羿は狩りなどをして過ごしていたが、家僕の逢蒙(ほうもう)という者に自らの弓の技を教えた。逢蒙は羿の弓の技を全て吸収した後、「羿を殺してしまえば私が天下一の名人だ」と思うようになり、ついに羿を撲殺してしまった。このことから、身内に裏切られることを「羿を殺すものは逢蒙」(逢蒙殺羿[6])と言うようになった[7]

夏の時代の羿[編集]

別に伝えられているのは、『路史』の「夷羿伝」など[8]や『春秋左氏伝』などにあるもので王朝を一時的に滅ぼしたという伝説である。こちらの伝説ではおもに后羿(こうげい)という呼称が用いられている[9]。堯と夏それぞれの時代を背景にもつ2つの伝説にどういった関わりがあるのかは解明されていない部分がある[10]白川静は、後者の伝説は羿を奉ずる部族が、夏王朝から領土を奪ったことを示しているとしている。


羿は子供の頃に親とともに山へ薬草を採取に出かけたが山中ではぐれてしまい、楚孤父(そこほ)という狩人によって保護される。楚孤父が病死するまで育てられ、その間に弓の使い方を習熟した。その後、弓の名手であった呉賀(ごが)からも技術を学び取り、その弓の腕をつかって羿は勢力を拡大していったとされる[8]

夷羿・有窮国[編集]

太康(3代目の王)の治世、太康は政治を省みずに狩猟に熱中していた。羿(有窮氏)は、武羅・伯因・熊髠・尨圉などといった者と一緒に、夏に対して反乱を起こし、(5代目の王)を放逐して夏王朝の領土を奪った。羿は王(后)として立ち、有窮国として諸侯を支配下に置くこととなる。しかしその後の羿は、寒浞(かんさく)という奸臣を重用し武羅などの忠臣をしりぞけ、政治を省みずに狩猟に熱中するようになり、最後は寒浞によって殺され、妻であった玄妻純狐氏)も奪われてしまった[8]

脚注[編集]

  1. ^ 袁珂 著、鈴木博 訳『中国の神話伝説』上、青土社1993年 289-296頁
  2. ^ 松村武雄 編 『中国神話伝説集』 社会思想社現代教養文庫> 1976年 15頁
  3. ^ a b 袁珂 著、鈴木博 訳『中国の神話伝説』上、青土社、1993年 298 -302頁
  4. ^ 袁珂 著、鈴木博 訳『中国の神話伝説』上、青土社、1993年 314-320頁
  5. ^ 松村武雄 編 『中国神話伝説集』 社会思想社<現代教養文庫> 1976年 17頁
  6. ^ 孟子』に「逢蒙殺羿,羿也有過」という文がある。
  7. ^ 袁珂 著、鈴木博 訳『中国の神話伝説』上、青土社、1993年 322-325頁
  8. ^ a b c 袁珂 著、鈴木博 訳 『中国の神話伝説』下巻 青土社 1993年 16-23頁
  9. ^ 市村瓚次郎 『東洋史統』1巻 冨山房 1940年 50頁
  10. ^ 内藤虎次郎 『支那上古史』 弘文堂書籍 1944年 66-67頁

関連項目[編集]