相 (夏)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第5代帝
王朝
都城 帝丘→斟鄩→帝丘
姓・諱 夏后相
生年 不詳
没年 不詳
中康
后妃 后緡

(しょう)は、夏朝の第5代帝。少康の父。

帝丘に都し、その後即位9年目に斟鄩に遷都し、15年目に帝丘にもう一度遷都したと言われている。

政治を省みなかった暴君であったという。有窮氏后羿が反乱を起こし、后羿の家臣である寒浞かんさくによって殺される。結果、夏の帝室の権力は大いに損なわれた。また、このことで、夏が一旦滅びたという説もある。

竹書紀年』によると、相元年(戊戌の年)に淮夷を討ち、相2年に風夷黄夷を討ったという。また、相7年に干夷が訪れ、相8年に寒浞后羿を殺し、相28年には寒浞と子のの手で殺された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  • 注釈
  • 出典
先代:
4代夏帝中康
帝室
5代
BC1870頃 - BC1860頃
次代:
東夷寒浞