逢蒙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

逢蒙(ほうもう、拼音: Féng Méng)は、中国神話に登場する人物。羿ゲイの弓射の弟子兼家僕。好色な野心家である。

弓の技を羿ゲイに学び、その弓の技を習得する。自らが天下一の弓の名手になろうと考え、羿を射殺しようとするが失敗。しかし後にの木の棒で撲殺することに成功し、羿を殺害してしまう[1]

別の伝承[編集]

『芸窓私志』(『重較説郛』巻31に収録、『淵鑑類函』巻431・兔2にも載せる)に引かれている伝承では、羿がとても大きなウサギを捕まえるが、そのウサギは山の神の化身であり、夢の中でその神は羿に対して「なぜ我を辱めた、逢蒙の手をかりる」と告げたという。羿が逢蒙によって殺害されたのは次の日であったという[2]。また、羿に射ち落とされてしまった9の太陽(三足火烏)が転生し、羿に対する報復として逢蒙の前に9人の仙女となって現われ、逢蒙を利用して羿を殺させたともいわれている。

『列子』湯問には「逢蒙は始め甘蠅に習う」との記述がある[3]甘蠅かんようは羿と同様に弓の名手として知られる存在の古代中国の人物である。

関連項目[編集]

  • 羿
  • 寒浞 別の伝説において羿を殺害したとされる人物。
  • 名人伝』 中島敦の小説 甘蠅を題材とする。

脚注[編集]

  1. ^ 袁珂 著、鈴木博 訳『中国の神話伝説』上、青土社、1993年 322-325頁
  2. ^ 南方熊楠 『十二支考 上』 岩波書店 岩波文庫 1994年 100頁
  3. ^ 袁珂 著、鈴木博 訳『中国の神話伝説』上、青土社、1993年 440頁