さようなら原発1000万人アクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

さようなら原発1000万人アクション(だつげんぱついっせんまんにんアクション)とは、福島事故後の日本で、原子力発電所の廃止を目指した署名を中心とする一連の運動。

特徴[編集]

様々な反原発活動の主催者名にもなっている。2012年4月の時点で約660万人の署名が集まっている。日本各地で街頭での署名や演説から、会場を借り切っての講演会やら芸術鑑賞会まで様々な活動が実施されている。賛同者には弁護士大学教授芸術家などのさまざまな著名人が名を連ねている。

2011年9月19日には大江健三郎の呼びかけにより明治公園デモ活動が実施され約6万人が集まった[1]

2012年2月11日にも大江健三郎の呼びかけで代々木公園でデモ活動が実施され、約1万2千人が集まった[2]

2012年5月5日には芝公園で「原発ゼロの日 さようなら原発5.5集会」が実施され約5500人が集まった[3]

2012年7月16日にはさようなら原発10万人集会代々木公園一体で行われ、主催者発表17万人、警視庁発表7万人の関東・東北の市民が集まった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]