浜井信三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浜井信三
生年月日 1905年5月28日
出生地 広島県広島市三川町
没年月日 1968年2月26日
死没地 広島市
出身校 東京帝国大学法学部法律学科
前職 広島市助役

Flag of Hiroshima, Hiroshima.svg 第20、21、23、24代 広島県広島市長
当選回数 4回
在任期間 1947年4月 - 1955年4月
1959年5月 - 1967年5月
テンプレートを表示

浜井 信三(はまい しんぞう、1905年5月28日 - 1968年2月26日)は、日本の政治家、初代の公選広島市長(在任期間・1947年 - 1955年1959年 - 1967年渡辺忠雄市長を1期挟み通算4期市長を務めた)。濱井信三とも(胸像の銘文では濵井)。一貫して核兵器の全面禁止を訴え、広島の父、または原爆市長と称される。

広島平和都市建設法の成立に力を注ぎ、広島市中区中島町に平和を祈念する公園(広島平和記念公園)の建設、同じく市中心部への幅員100m道路(平和大通り)の建設を打ちだし、現在の広島市の街並みの基礎を造った。

略歴[編集]

エピソード[編集]

著作[編集]

長く絶版だったが、2006年5月、長男の手により復刻された(改定復刻版)。
  • 浜井信三追想録編集委『浜井信三追想録』1969年

その他[編集]

参考文献[編集]

  •  中国新聞社編集「広島県大百科事典<下巻>」295-296ページ、1982年

脚注[編集]

  1. ^ a b 広島県大百科事典<下巻>295ページ
  2. ^ ヒロシマの記録-中島本町Ⅱ”. 中国新聞 (2000年10月16日). 2013年8月1日閲覧。
  3. ^ 小松左京さんと8・6 - 天風録”. 中国新聞 (2011年7月30日). 2014年3月7日閲覧。

関連項目[編集]

  • 原爆体験記 (広島市) - 浜井市政のもとで編纂・公刊された市民による原爆体験記。
  • 藤田若水 - 戦前の官選市長。浜井に第1回市長選への立候補を慫慂した。

外部リンク[編集]