F-ZEROの登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

F-ZEROの登場人物(エフゼロのとうじょうじんぶつ)では、任天堂コンピュータゲームF-ZERO』シリーズ及びテレビアニメF-ZERO ファルコン伝説』に登場する架空のキャラクターを記述する。

『F-ZERO』本編の登場人物[編集]

マシンスペックは『F-ZERO GX』及び『F-ZERO AX』のもので記載している。性能評価はボディ/ブースト/グリップ性能の順。Aが一番良く、Eが一番悪い。

年齢は、『GX』当時のもの(『F-ZERO X』はその1年前)。「」は注記していない限りアニメ版『ファルコン伝説』のもの(『GX』では全員英語音声)。

初代より登場[編集]

取扱説明書において各キャラクターの詳細が記載されているが、ゲーム画面上には一切登場しない。

キャプテン・ファルコン (Captain Falcon)
声:田中秀幸堀川りょう(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)
37歳。ゲーム版の主人公で、アニメ版にも重要人物として登場。
ドクター スチュワート (Dr. Stewart)
声:飛田展男
42歳。本名はロバート スチュワート (Robert Stewart) 。もともとは優秀な外科医だったが、科学者だった父ケビン スチュワートの死を契機に、父の遺したゴールデンフォックスを駆りレーサーに転向する。既に10年以上グランプリに参戦している常連で、いぶし銀のテクニック、通好みのパイロットとして人気が高い。4年前の大事故の際、悲惨を極めながら一切の死者が出なかったのは、緊急医としての彼の腕によるところが大きいと言われている。身につけている赤いマフラーは友情の証として友人達と購入した物。意外とナルシストでキザな一面もある。
搭乗マシンはゴールデンフォックス (GOLDEN FOX) 。重量:1420kg、性能評価:D/A/D、No.3。初代のみ重量は1020kg。加速や旋回性能に優れるドリフト型マシン。初心者にはやや扱い辛い印象がある。最高速は低いが、ブースト性能が高いため速度に困ることはない。意外に重量があるが、接触には弱い。
アニメ版
2月14日生まれで、血液型はAB型。ゲームと同じく元医者のパイロットで医者としての技術を銀河警察に見込まれた。他にも遺伝子工学、ロボット工学にも精通している。性格は穏やかながら何事にも動じず常に冷静沈着。どちらかと言えば無口な方。的確な判断力を持ち、神経に隙がない。高機動小隊にまとめ役として所属し、リュウやジョディの突っ走りがちな性格を宥めたり、小隊内のよき相談役となっている。医者としての能力は高く、コールドスリープされたリュウを蘇生させたり、友人のロイをサイボーグ『マイティー ガゼル』として復活させたりしている。
ピコ (Pico)
声:望月健一
自称124歳(初代SFC版では34歳)。デスウインド出身。元ポリポト軍の軍人で、現在は軍基地の近くに小さな店を出している。しかし、ごく一部で彼の裏の顔は有能なヒットマンではないか、との噂が囁かれていた(『GX』では大っぴらにヒットマンと名乗るようになっている)。性格は攻撃的だが、それを抑える冷静さも持つ。レース上でも攻撃的な走りを見せ、『GX』の4年前に起きた大事故の一因ではないかとも言われている。ナイフコレクションが趣味で、好物は血のしたたるレアなステーキ
初代及び『X』での一人称は「私」で、話し方も知的な雰囲気を持っていたが、『GX』で性格が一転した(一人称が「俺」である等)。
搭乗マシンはワイルドグース (WILD GOOSE) 。重量:1620kg、性能評価:A/B/C(『X』のみB/B/C)、No.6。非常に頑強なボディを持っており、攻撃的な走りをすることができるマシンだが、それ以外は概ね並みか並み以下の性能。
アニメ版
ゲームと同じくヒットマン。特に狙撃の能力は高く、レース中のF-ZEROマシンに小型爆弾を撃ち込む程(10話より)。ダークミリオンからの依頼を受けて登場する事が多い。15話でのジョン タナカ暗殺計画の際は宅配便の配達員やタクシー運転手に変装したりした。
サムライ ゴロー (Samurai Goroh)
声:岩田安宣大塚明夫(大乱闘スマッシュブラザーズX)
45歳。この時代にしては珍しい和風な人間(日系人)。いつも日本刀を持っている。表向きは賞金稼ぎだが、本当の姿はレッドキャニオンをアジトとする悪名高い宇宙盗賊団のボス。大きく「激」と書かれたシャツを着ている。賞金稼ぎとしても手柄を立てようとしているが、いつもいいところでキャプテン ファルコンに獲物を横取りされるため、彼を(勝手に)ライバル視している。F-ZERO参戦の理由も、彼をレースで打ち負かすため。悪党だが、ヌケた一面もあり、憎めない人。本人はファルコンを狙っているだけなのだが、なぜかゴロー自身は他の様々なパイロットの話題に挙がる、良くも悪くも目立つ人物である。『GX』で優勝した際には、大勢の観客の前で自らが盗賊団ボスであることをカミングアウトした。
GXのムービー中で明らかになったことだが、太った体型に似合わず、バック転を軽くこなすなど、運動神経は良いようである。
大乱闘スマッシュブラザーズX』ではアシストフィギュアとして登場。走ったり飛んだりしながら日本刀を闇雲に振り回し、他の相手を斬りまくる。海外版でも日本版と同じ声優を起用している。
搭乗マシンはファイアスティングレイ (FIRE STINGRAY) 。重量:1960kg、性能評価:A/D/B、No.5。炎のペインティングが特徴的。初代においては最高速が全マシン中最高、ブースト中も動作が安定、横滑りも一切なくコーナリングも強いとかなり高性能。唯一の欠点は加速が悪く、一度大きく減速するとブーストを持っていない限り復帰が困難なこと。マシンの動きに合わせてヒレが動くという地味なギミックが搭載されている。減速を余儀なくされるコースは苦手。『GX』でも概ね同様の特徴を持つ、速度とコーナリングを両立した、扱いやすく速い重量級マシンである。
アニメ版
宇宙盗賊団のボスである事はゲームと共通だが、性格はゲームに比べると非常に義理堅く渋い役どころとなっている。「盗みはするが殺しはしない」をモットーに悪い事ばかりしているが、リュウには信用されており、よく協力する(その際、リュウを何度か仲間に誘おうとしたが断られている)。宇宙船「ゴウジンマル」を所持しており、先端に取り付けられた巨大な刀はコクピットのゴローの動きに連動する。なお、ファイアスティングレイの色を塗ったのはリサらしい。腰に日本刀(750年前の業物で切れ味は鋭い)を携えていて、鉄の檻を一振りで粉々にしたり、壁の一部を円状に切り倒すなど、剣術にも長けている。その力で人を傷付ける事はしない。
ゲーム版と違いキャプテン ファルコンとは全く絡まないが、「バートのF-ZERO教室」によるとファルコンを一方的にライバル視する設定自体は存在する模様。GBA版『ファルコン伝説』ではファルコンとの絡みがあるが、こちらでの性格はゲームに準じたものとなっている。
シャツに書かれている文字はなぜか「刀」で、上着の背中にも同じように書かれている。だが、後半のエピソード及びDVDのジャケットでは「激」になっていたり、ゲーム『F-ZERO CLIMAX』では「刀」のままだったりと、統一されていない。

『F-ZERO X』より登場[編集]

マイティー ガゼル (Mighty Gazelle)
声:藤本隆行
37歳。『X』での名前はエムエム ガゼル (MM Gazelle) 。グランプリを一時中止に追い込んだ大事故において、最も深刻な被害を受けたパイロット。奇跡的に命を取り留めた彼は、失われた肉体を機械で補い、サイボーグとして復活した。彼女が居るらしいが、無論サイボーグではない。サイボーグになったことで、死をも恐れない彼の走りに、ますます磨きがかかっている。『GX』では前回の『X』グランプリでの反省点を踏まえ、反応神経系統のパーツを最新式に変更し、外装も少し換え、さらにバイクへの変形機能も追加した。一度事故にあっているせいで、グランプリに参戦しようとするたびに周囲から心配されている。笑いすぎると、腹筋が無いのになぜか腹が痛くなる。『GX』では色を変えると、金ピカにもなる。
『F-ZERO X』ではマスタークラス優勝後に彼のサイボーグ化以前の姿を見ることができる。
搭乗マシンはレッドガゼル (RED GAZELLE) 。重量:1330kg、性能評価:E/A/C、No.1。加速性と最高速は共に並み以上で、ブースト性能もなかなかよい。滑りやすくドリフト走行向け。
アニメ版
正体は銀河連邦の優秀スパイにしてクランク ヒューズの父親、ロイ ヒューズ。キャプテンファルコンの正体を知っている数少ない人物でキャプテンファルコンの友人でもある。
とある事件で肉体を失い、脳細胞だけがダークミリオンに保存されていたが、連中の罠により監禁されたスチュワートの手でサイボーグとなり復活した。その際にダークミリオンに利用されたり、メモリーを消去されたりもした。
本来の記憶を取り戻した後、ゾーダがレース場に落とした爆弾からクランクを守るために自分の身を挺して爆発に巻き込まれてしまい再起不能となってしまう。ガゼルの残骸の元で泣きじゃくるクランクにスチュワートは「君のお父さんを必ず元の姿に戻す。」と約束をした。そして最終回では元の人間の姿に戻っており、リュウの跡を継ぐクランクをクラッシュとともに見守った。
ジョディ サマー (Jody Summer)
声:井上喜久子
25歳。銀河宇宙連邦の戦闘機パイロット。F-ZEROパイロットとしての経験はまだ浅いが、操縦センスは抜群。前回の『X』グランプリでの功績を称えられ、ミス銀河連邦を受賞した。最近はCMの出演依頼なども多い。エステが趣味。オクトマン曰くタコが嫌いらしい。『X』でCPUが彼女を操作している場合は、同僚のジョン タナカと併走し、オクトマンを執拗に狙っていることがある。ファルコンに好意を抱いている様子。
搭乗マシンはホワイトキャット (WHITE CAT) 。重量:1150kg、性能評価:C/C/A、No.2。銀河宇宙連邦の軍用機研究部が、様々な環境での実戦データを元に開発したマシン。旋回性とグリップ力に特に優れており、少し挙動が独特だがどんなコーナーも楽に曲がることができる。その他も平均的な性能を持ち、テクニカルなコースも安定して走れる。
アニメ版
銀河連邦高機動小隊の隊長。2月21日生まれで、血液型はB型。小隊所有の宇宙船「ギャラクシーランナー」の指揮も取り、遠隔操作可能なリモコンを所持している。リュウ スザクをこの時代に目覚めさせたのは彼女である。過去のゾーダが起こした事件で重傷を負い、体の半分がサイボーグと化している。過去のトラウマから、目的のためには犠牲を厭わない非情な面を持ち合わせているが、高機動小隊のメンバーを時に厳しく、時に優しく見守る頼もしい存在。反面、真面目すぎて融通の利かない所があり、料理は苦手らしい。ファルコンハウスに来た事は全くないが、クランクに誘われて以降、たまに訪れている。好物はチーズフォンデュワインで、趣味は仕事。
バート レミングは、ゾーダが起こした事件で死んだと思われた兄、アンディ サマーである。
終盤ではキャプテン ファルコンの事を「兄さん」と呼んでいるが、実際にキャプテン ファルコンからジョディに自分の正体を打ち明ける場面は描かれていない。
ダークマターリアクターから救出したハルカをキャプテン ファルコンから託された後に交わされた会話が兄アンディとの最後の会話となった。
ダークマター消滅後に宇宙空間に浮遊したキャプテン ファルコンのヘルメットをリュウに託し、キャプテン ファルコンとして使命を全うした兄アンディを誇りに生きていくことを涙ながらに誓う。
ババ (Baba)
声:大和武志岩田安宣
19歳。惑星ジャイアンの大自然の中で育った野生児。その野生の勘と柔軟な肉体のため、パイロット選考委員会にスカウトされた。ダンスが得意。『X』ではコースアウト時の悲鳴が女性の声になっているが、彼は男性である(『GX』の悲鳴は男性になった)。また、『X』以降コメントを見る限りオカマ口調であり、『GX』では明確にオカマキャラになっている。
故郷に銅像を作るのが夢らしい。
搭乗マシンはアイアンタイガー (IRON TIGER) 。重量:1780kg、性能評価:B/D/A、No.4。ブーストに難があるが、ボディが丈夫でスピードも良く扱いやすい。
アニメ版
世間知らずな所をゾーダの口車に利用されて、ダークミリオンの偵察員、組織とブラディーチェーンとの架け橋として暗躍。なお、初登場の時は普通の男言葉だったが、後半で再登場した時にはオカマになっていた。そのビッグマウスぶりは、マイケル チェーンに「信用が持てない」と思わせるほどである。
ジャックとブラディーチェーンのいざこざの後にマイケルと共に銀河連邦に逮捕された(なぜかその後も登場、最終的にダークミリオンを離反した)。
オクトマン (Octoman)
声:大和武志
88歳。銀河宇宙連邦と対立している惑星タコラ出身。タコラ星は現在、経済的危機に陥っている。そのため、彼はレースで賞金を稼いで、タコラ星の未来を変えようと参戦している。マシンは中古。全宇宙で食べられているタコを救うのが彼の夢らしい。自分を動物にたとえるとしたら、なぜかゾウ。語尾に「ダ〜コ」を付けるのが口癖。
スターフォックス コマンド』には、同名のキャラクターが悪役として登場している。容姿は本家と酷似しているが、手足の数などが異なる。
搭乗マシンはディープクロー (DEEP CLAW) 。重量:990kg、性能評価:B/B/C、No.8。マシンナンバーが8なのは、タコの足が8本だからと言われている。性能的には癖がないが、その分差をつけるには思い切ったセッティングが必要。GBA版『ファルコン伝説』に限り、驚異的なジャンプ性能を持つ。
アニメ版
惑星タコラのために参戦していることはアニメでも同じだが、勝利には程遠く借金が重なるばかり。結局ゾーダの誘惑に負けて、仕方なくダークミリオンになる。子供が100人おり、故郷には自分が優勝ばかりしているとウソの報告をするのがやっと。バイオ レックスとは仲が良く、タッグを組む。稀にスカルとトリオを組む事もある。
惑星タコラから代表団の応援に来たレースでは今度こそ優勝するべく終盤からゾーダの命令を無視してトップに立つがあと2周でエナジー切れを起こしてしまう。しかし、珍しく参戦し張り切っていたジョン タナカがゴール目前でバイオレックスとの交戦の末スピン、リュウ達がそのまま巻き込まれまぐれながらも念願の初優勝を果たす。その後渡された優勝賞金はダークミリオンには渡さず、歓迎会の会場で使ったファルコンハウスへ全額電子マネーで振り込み、残った賞金は全てタコラ星の応援団にお土産代として持たせた。なお、応援団の一人がたこ焼きを食べているシーンがあるが、脚本の小山高生曰く「『タコのような宇宙人』だから共食いではない」らしい。
最終決戦では惑星タコラへの気がかりと高機動小隊の侵入阻止の捨て駒扱いされていることに嫌気がさし、バイオ レックス、スカルと共にダークミリオンを抜けた。
ミスター イー・エイ・ディ (Mr. EAD)
声:岩田安宣
年齢不詳。謎の組織EADが開発したアンドロイド。ネオキョートシティで作られた。グランプリの参戦は完璧なアンドロイドを作るための過程でしかない。量産化がすでに始まっているとのこと。
任天堂のソフトウェア開発部署のひとつ、「情報開発本部」の英語での呼称がEntertainment Analysis and Development、略してEADであるほか、グレートスターの製作者「シーゲル キューポン」を漢字で書くと「茂 宮本」となる。また、顔もマリオに似ており、ベルトにはスターが付いており、ブーツにはキノコが付いている。
搭乗マシンはグレートスター (GREAT STAR) 。重量:1870kg、性能評価:E/A/D、No.9。名前の通り性能はE・A・D。パイロットがアンドロイドなので操作性が重視されず極端に扱いにくいが、加速とブースター性能はかなり良い。重量の割にボティも弱いので、超上級者向け。GBA版『ファルコン伝説』および『CLIMAX』でも概ね同様の性能を持つ。
アニメ版
性能テストのため高機動小隊に配属されており、リュウ達と共に、ダークミリオンの野望を止めるため日々奮闘している。カタコトの口調で話し、一人称は「おいら」。両足のジェットで空を飛べる(その際、何故かマリオのジャンプに似たポーズを取る)など、体には様々な機能が搭載されている。人を信じやすく、隠し事が出来ない性格。ケイトの歌が好きで、その身を犠牲にして彼女を護衛した(その後、新たに作り直されてバージョンアップしている)。
女性限定のレディースレースでは、何故か女装でピーチのコスプレをしており、ジョディとルーシーの護衛に乗り気だったが、あまりに見た目がキツかったため待機に回された。
ジェームズ マクラウド (James McCloud)
声:三木眞一郎
32歳。やとわれ遊撃隊「ギャラクシードッグ」のリーダー。平和な時代のため、仕事がめっきり減ってしまい、F-ZEROグランプリの賞金目当てに戦闘機をF-ZEROマシンに改造して参戦。妻と幼い息子がいる模様。
彼は『スターフォックス』シリーズの主人公、フォックス・マクラウドの父親と同姓同名のキャラクターである。キツネではなく人間の姿をしている点を除けば、服装やサングラスを掛けているところもほぼ同じ。『X』では角刈りに近い髪形をしていたが、『GX』及びアニメ版では、キツネの耳をモチーフにした髪型をしている。また、『F-ZERO X』ではマスタークラス優勝後に「キツネにつままれた気分だよ」とコメントしている。
搭乗マシンはリトルワイバーン (LITTLE WYVERN) 。重量:1390kg、性能評価:E/B/B、No.10。ボディが弱いが、他は弱点もなく安定した性能で扱いやすい。このマシンを製作した「スペースダイナミクス社」も、『スターフォックス』シリーズに登場する企業と同名である。
アニメ版
33話で登場。かつては軍隊に所属していた優秀なパイロット。だが、ある任務で上司からの裏切りに遭い、親友だったオドネル(『スターフォックス』シリーズに登場するウルフ・オドネルと同姓の人間キャラクター。声優は森川智之)を失った日から人間不信になり、自分の利益のためだけに人を騙すことをしてきた。
高機動小隊やダークミリオンに軍隊仕込みの横暴な訓練を強要し、レースで互いに潰し合いをさせて優勝を勝ち取ったが、レース終了後に彼の計画を知ったダークミリオンに取り囲まれ、ピンチに陥った所をリュウ(ただ一人真面目に訓練を受けていた)に救われた。「あんたは間違っている。だが訓練は本物だった」というリュウの言葉を受け、本人は口には出さなかったが、その考えは徐々に変わっていった。
コーヒーのブレンドの好みはリュウと同じだが、ブラックで飲んでいた。だが、ラストではリュウと同じようにミルクを入れて飲んでいた。
33話での「バートのF-ZERO教室」では、7月13日生まれのA型で、『スターフォックス』シリーズに登場する惑星と同名のライラット系第3惑星コーネリア出身であることが紹介されたほか、ギャラクシードッグのメンバーであるペッピー・ヘアとピグマ・デンガー(共に『スターフォックス』シリーズに登場するキャラクターと同姓同名の人間キャラクター)もイラスト付きで紹介された。
ビリー (Billy)
声:相沢正輝
7歳。生物学上れっきとしたサル科。ロケットパイロットとしての訓練を受けて初めて宇宙に飛び出したサルが祖先である。生まれたときから様々な訓練を受け、グランプリに出場するまでになった。やたらと金にうるさい。『GX』及び『AX』では、セガとのコラボレーション作品であることからか、ベルトのバックルに『スーパーモンキーボール』のアイアイが描かれている。
搭乗マシンはマッドウルフ (MAD WOLF) 。重量:1490kg、性能評価:B/B/C、No.11。コンセプトは「サルにでも扱えるマシン」。性能的には癖が無いが、匂いによってパイロットに指示を出す等、独特のシステムを搭載している。
アニメ版
ゲームと違い気弱な性格で、一人称は「僕」。
ダークミリオンのアタック要員だったが、厳しい訓練とレースの邪魔をするだけの任務に嫌気が差し、組織を抜ける。その一心でジョディを罠に嵌めようとした事もあった。
GBA版によると、彼に負けたパイロットは翌日のメディアで「サル以下」と叩かれるらしく、アニメの活躍と大きく異なっている。
ケイト アレン (Kate Alen)
声:前田愛
30歳。黒人女性。過去数回、F-ZEROグランプリでは、開会式でオープニングソングを歌ったこともある歌姫。激しいダンスと迫力ある歌声で多くの客を魅了している。アフロヘアーが印象的。F-ZEROのスピード感に魅せられて歌うことよりも走ることを選んだ。だが、今でも歌手としての活動は続けている。6つ子の姉妹(もしくは影武者)がいる。
搭乗マシンはスーパーピラニア (SUPER PIRANHA) 。重量:1010kg、性能評価:B/C/B、No.12。歌手から転向してきたケイトにも扱いやすく設計されている。軽量で、加速と旋回力が強い。GBA版『ファルコン伝説』および『CLIMAX』では加速後に速度が減りにくいため、グリップ力の高さも合わさって狭いコースでの高速走行を可能とする。また、外の音を遮断し、コックピットで音楽を楽しめるよう設計されている。
アニメ版
年齢は25歳。我侭な性格という設定が追加された。ジョン タナカは彼女の大ファン。ゾーダに脅迫されていたが、彼女はそれに屈しなかった。利用される事に嫌悪感を抱き、その度に人間不信となっていったが、EADが必死で護衛したこともあって今は心を開いている(気の強さはまだ残っている)。
声優の前田愛は、AiMの名で今作のエンディングテーマを担当している。
ゾーダ (Zoda)
声:辻親八
年齢不詳。地球征服をたくらむ悪の怪人(人間離れした外見だが、一応地球人らしい)。アロー夫妻と抗争を繰り広げている。ファルコンにも賞金首として目をつけられており、危うく捕まりそうになったことがある。アドレナリンやドーパミンなどの内分泌物質を自由に増幅できる装置を身につけて、異常な力を発揮する。食人植物を育てるのが趣味。彼がなぜ地球征服を狙うのかというと、彼曰く「悪人の究極の夢だから」とのこと。
搭乗マシンはデスアンカー (DEATH ANCHOR) 。重量:1620kg、性能評価:E/A/C、No.13。ベースが惑星間航行ミサイルであるため、最高速とブーストが優れている。反面操作性とボディに難があるうえ、元がミサイルであったためか、なぜか起爆装置がそのまま残っている(レースには関係ない)。しかしゾーダはその事実を知らない。最高速重視のときの最高速はブラックブルに次ぐ速さ。
アニメ版
年齢は42歳で、本名はゾーダック ストロベリー5月19日生まれで、血液型はRh-のO型。150年前の凶悪犯罪者。多数の部下を連れて破壊と悪行の限りを尽くしていたが、当時警察官だったリュウに逮捕され死刑囚として投獄されていた。しかし脱獄して追跡していたリュウに罠をはめ、コールドスリープへと追いやった。その後銀行を襲撃するが警察の作戦に引っかかり瞬間冷凍装置によって冷凍刑にされた。そして150年後、冷凍刑務所を襲撃したブラック シャドーの手によって人造人間として復活、ブラック シャドーの片腕としてリュウと再び激突する。だが、過去が忘れられないためか、ブラック シャドーをあまり良いとは思っておらず、陰で「水牛」とあだ名で呼んだり、度々下克上を企てようとした。アニメではアロー夫妻をライバル視せず、リュウ達を狙っていた。
物語中盤では奪ったリアクターマイトをブラックシャドーに献上した際、本性を表しアジトごと吹き飛ばすが知らずに逃げ出しており、逆にリアクターマイトを体内に埋め込まれ、更にブラッド ファルコンを吸収する事でハイパーゾーダへと進化。その力で剣を作り出したり、冷凍刑にされる直前にリュウの恋人に遭遇する記憶を思い出したりしていた
ケーキを丸ごと一口で食べる程の甘党。大抵チョコパフェを部下であるオクトマン達に注文している。「バートのF-ZERO教室」によると、彼が甘党になった理由は犯罪者となる前はケーキ工場でパティシエとして働いていた際、ケーキをしばしばつまみ食いした影響によるものらしい。ハイパーゾーダに変身してからは甘党ぶりにさらなる磨きがかかっている。
150年前はリュウや民間人を容赦なく殺害するなど凶悪犯っぷりを見せていたが、23世紀の方では凶悪ながらも前述の甘党ぶりをはじめ意外とコミカルな一面を見せる。
初めはリュウのことを軽視しており、しばらくは150年前に彼と会ったことも忘れていた。だが、次第にリュウをライバルとして意識し始め、ブラック シャドー関連の件においては彼を助けたりもした。
41話のファイヤーフィールドのレースで一度ブラック シャドーを倒すが、そこに後釜を守ろうとするミス キラーが立ち塞がる。リュウを捕えて無実を証明しようとする彼女にリアクターマイトの力を使って過去の記憶を呼び戻した。だがリュウが本部から脱出した後、ブラック シャドーが何事もなく戻ってきたため、結局ダークミリオンの首領の座を乗っ取る計画は失敗に終わる。
長らく自分は150年前の人間だと思っていたが、実際は惑星ライトニングの秘密基地でブラック シャドー自らが道具として作られた人造人間であった。ブラック シャドーは自分にとって最大の障害「宇宙を救うもの」であるリュウを抹殺するためにゾーダをリュウのいる過去の世界へと送り込んでいたのだった。45話でそれを本人に告げられたことによってますますブラックシャドーの反発心を強め、基地から脱出した後は過去を断ち切り、宇宙を支配する男として戦うことを決意する。
最終決戦の地、暗黒星雲にてブラック シャドーの計画を横取りしようとダークマターリアクター内部で戦いをいどむが、デスファイア発動後にリアクタードライブの影響下に置かれたことでマシンが制御不能に陥り、逆にブラック シャドーのブラックファイアをまともに受けてそのまま飛ばされてしまい、飲み込まれてしまった。だが最終回では取り込まれながらもオーバーロードを再度試みようとするリュウに煽りをかけ、それが勝利へと繋がることとなった。
ダークマターリアクターの爆発に巻き込まれたかに見えたが運良く生き残り、5年後のF-ZEROレースでは元の姿に戻っておりスタート直前にレースに乱入してきた。
ハイパーゾーダになった後の搭乗マシンはハイパーデスアンカー (HYPER DEATH ANCHOR) で、重量:1670kg、性能評価:C/A/D。マシンナンバーは13で不変で、デスアンカーよりも一回り大きくボディ性能が大幅に強化されている。(ゲームでは『CLIMAX』にのみ登場)。
ジャック レビン (Jack Levin)
声:矢尾一樹
19歳。人気アイドルグループのメンバーだったが、極度のF-ZERO好きで、すぐに引退してグランプリに参戦。老舗チームの「チーム・サンダーボルト」に身を置く。多くの女性ファンに支持されているF-ZERO界のアイドルである。また、その腕も確かなものであり、優勝候補に挙げられることもしばしば。これまでにサインを17億4523万3247枚書いた。そんな彼も、自分の母親には魅力が全然通用しない。芸能界からレーサーの道に転身するなど、元SMAP森且行との共通点が多い。一人称は「僕」。
搭乗マシンはアストロロビン (ASTRO ROBIN) 。重量:1050kg、性能評価:B/D/A、No.14。癖のない性能である。車内には車載カメラがおおく取り付けられており、走行中でも多角的にレビンを撮影できる。軽量級で加速性能とコーナリング性能が良い。ブースト性能はDだが、一発あたりの威力がかなり高い。最高速度はやや低め。ちなみにマシンの「No.14」の由来はアイドル時代に出したファーストシングルのランキングが「14位」だったことがアニメ版において判明した。
アニメ版
年齢は24歳。5月5日生まれで、血液型はO型。お調子者でアウトローな性格。女好きで、暇な時にクラブへ通っては女子をナンパしている。二枚目を気取っているが、実際はそんなにモテていない。
ストリート育ちで、幼少時から札付きの不良として暴れ回り、大変荒れていた。やがて「雷鳴の死神」の異名で恐れられる暴走族となったが、事故に遭い引退(その際に一般警察時代のジョディに助けられている)。その後はアイドル「チャッピー」としてデビューし、「幸せの青いマシン」や「恋する乙女…うふっ」なる歌を発表しているが、そのセンスはお世辞にも良いものとは言えなかった(リュウは気に入っているらしい)。後にドライビングテクニックを買われ高機動小隊へ入隊する。一人称は「俺」、もしくは「俺様」。
当初はリュウを150年前の人間としてしか見ていなかった事もあり、上目線で彼を馬鹿にする発言が多かった。そのためリュウとは事ある毎に喧嘩していたが、次第にその腕を認めるようになり、今は良き相棒にしてライバルといった関係(リュウがピンチの時は、助けようとしたり、最終回では、「リュウがやられる訳ないだろう」と弱気なジョン・タナカにクランクとともに激怒する場面があるなど彼を大切な仲間だと思っている)。軟派な性格だが実はひそかに自分を助けてくれたジョディに惚れている。実力はあるが、先述通りすぐ調子に乗るため、レースの優勝回数は多くない。(後期からは回数が増えてきているらしく、稀にリュウより優勝する月もある)
バイオ レックス (Bio Rex)
声:藤本隆行
9歳。バイオテクノロジーにより蘇生された恐竜。肉食恐竜の本能のためか、ピコに匹敵すると言われるほど凶暴な性格。『X』では自らを生み出した人間に挑戦するため、そして『GX』では賞金で旨い肉をたくさん食べるために参戦。好きな食べ物はハンバーグ、ステーキ、ホットドッグ、そして人間。『GX』では飲酒もしている。他のパイロットを、みんな旨そうだ(ただし、サムライ ゴローを除く)と思っている。また、マンモスを蘇らせて、その骨付き肉を食べるという夢もある。
搭乗マシンはビッグファング (BIG FANG) 。重量:1520kg、性能評価:B/D/A、No.15。凶暴なパイロットにあわせ頑丈に出来ているが、同時に扱いやすさも併せ持つ。最高速度も高い。
アニメ版
復活させたのはダークミリオンとなっており、そのまま一員になる。オクトマンとコンビを組む事が多く仲も良い。ゲームとは正反対に、気弱な一面を見せる事も多くゾーダやミス・キラーに逆らえないなど頼りない部分が目立つ。主に敵の妨害と破壊工作をすることが多い。
ザ スカル (The Skull)
声:藤本隆行
241歳。本名及び『X』での呼び名はアービン ゴードン (Arbin Gordon) 。F-ZEROグランプリの前身、F-MAXグランプリにおいて数多くの功績を残したパイロットであり、科学と黒魔術の力でこの世に復活した。そのドライビングテクニックはF-ZEROの世界でも十分通用しうるものであり、今回は新たなる伝説を作るであろうとも目されている。復活してまず一番にしたことは「自分の墓参り」。あの世は今ちょっとした健康ブームであると語っている。『GX』では語尾に「〜だな」が付く。なお、復活させたのは「黒魔術と科学でエンターテイメントを考える企業」アビヌス社。
搭乗マシンはソニックファントム (SONIC PHANTOM) 。重量:1010kg、性能評価:C/A/D、No.16。特殊なエンジンが使われており、ブーストに優れているが、そのエネルギー源は観客の魂であるという噂がある。排気口か排気ガスの位置がおかしい。最高速が優れている。ブーストは表示の割に特に強くはないが、速度を維持しやすい。GBA版『ファルコン伝説』および『CLIMAX』では表示の性能が忠実に再現されているため、グリップ力の低いドリフト型マシンになっている。なお、ゲーム版『ファルコン伝説』ではカードe+限定マシン。
アニメ版
宇宙一の黒魔術師。バイオ レックス同様ダークミリオンの手でこの世に復活、雇われてそのまま一員となる。なぜか爆発で首だけになっても生きていたりと謎が多い。当初はミス キラーと共に行動し、ゾーダに忠誠を誓っていなかったが初登場以降はコミカルな面が目立ち、ババとともにゾーダにこき使われる場面が多い。骸骨であるためか、やたらと「骨」という言葉をよく使う。
彼の黒魔術には「特定の言葉を口にすると呪われる」「生涯に一度物体を意のままに操れる」などがあるが、役に立たない物も存在する。
ゲーム版でのプロフィールによると、生前はF-1グランプリのトップレーサーだったらしく、リュウの大先輩という事になる。しかし、アニメでは黒魔術師や悪党としての面しか描写されなかった。
ミス キラーがハルカに戻った後はゾーダの命令で彼女の監視を行っている。ミス キラーの裏切りが発覚してからはゾーダにくら替えした。
アントニオ ガスター (Antonio Guster)
声:大西健晴
36歳。サムライ ゴローの部下であったが、彼の裏切りにより投獄。出所後は一匹狼の盗賊として生きる傍ら、彼への復讐に燃えている。F-ZERO参戦の理由もレース上でゴローに赤恥をかかせるためである。趣味で野球をやっている。ヘルメットの下はモヒカン。『GX』のムービーでは利用しているコインランドリーで悲惨なトラブルに巻き込まれる。
『X』での一人称は「俺」で普通の喋り方だったが、『GX』では「ワテ」に変更されており、訛った口調で喋るようになった(日本語では関西弁で表記)。
搭乗マシンはグリーンパンサー (GREEN PANTHER) 。重量:2060kg、性能評価:A/B/D、No.17。元はゴローのスペアマシンとして開発されたが、最高速度とグリップを犠牲にしてブースト・加速性能を強化している。
アニメ版
スーツに大量の爆薬を装備していることから「銀河系の弾薬庫」の異名を持ち、破壊を好む性格。ゴロー曰く苦楽を共にしてきた右腕だったが、彼の甘いやり方に不満を持っていた。ダークミリオンの輸送船を襲った後に船を爆破させた。しかしそれを許さなかったゴローから、和を乱した罰で宇宙船を降ろされる。その後、それを利用しようとするゾーダに仲間になれと誘われたが「アホか」と言い返し断る。その後マルチプレックスのレースに参加し、ゴローに自分を援護するよう言われるも、ゾーダの口車に乗せられる形でついに裏切り、攻撃を仕掛けるがリュウによって阻止されゴローと一戦交えた後そのまま退場した。リサには全く信用されていない。『GX』同様に関西弁口調だが、一人称は『X』と同じで「俺」。
ビーストマン (Beastman)
声:松本保典
30歳。昔、宇宙ワニに食べられそうになった過去を持ち、猛獣から人々を守るために通販で買った筋力アップ商品や、空手の通信教育で体を鍛えハンターとなった。『X』では自らの星の猛獣を退治し尽くしてしまい、自らの宣伝のために参戦。『GX』では宿敵バイオ レックスから人々を守るために参戦している。恐竜のヘルメットを被っているのは彼が恥ずかしがり屋のためだが、かえって目立ってしまっている面もある。
搭乗マシンはハイパースピーダー (HYPER SPEEDER) 。重量:1460kg、性能評価:C/C/A、No.18。パイロットと同様に派手なカラーリングで、機首にはシャークマウスペイントが施されている他、コックピット横には彼が倒した猛獣の撃墜マークがある。加速は遅いが、かなりの最高速を持つ。グリップ力が異様に強く、まず滑ることはない。旋回性が低いためドリフトを多用することになるが、ドリフトを入力してもドリフトに非常に移行しにくい、なかなか独特なマシン。GBA版『ファルコン伝説』および『CLIMAX』では表示の性能が忠実に再現されているため、『X』や『GX』とは操作性が大きく異なり、最高速度とコーナリングを両立した走破性重視の初心者向けマシンになっている。このマシンは惑星間戦争で撃墜された戦闘機の残骸を、ビーストマンがドクター クラッシュに頼んでF-ZEROマシンに改造してもらったもので、シルエットが戦闘機に似ているのはそのため。
アニメ版
宇宙連邦から派遣されてやって来た猛獣ハンター。猛獣に家族を全員殺されたという過去から、全宇宙の猛獣を根絶やしにしようと考えている。その為には一切の手段を選ばないため、銀河連邦では「鬼の狩人」と評されており、バイオ レックスだけでなく何の罪もないレオンも狙う。武器としてを使う。
レオン (Leon)
声:野島健児
16歳。狼に似た容姿を持つ獣人。彼の故郷の惑星ズーでは、12年前に大きな戦争が起こり、今なおその傷跡が残っている。彼は故郷を復興させるため、そして貧困に苦しむ子供たちを助けるために参戦しているのである。普段は孤児院の院長を務めており、子供たちに賞金でサッカーコートを作る約束をした。プロレス界にも参戦して金を稼ごうとしている。彼のおまけムービーでは一対一のレースを放棄し、レース中に発見した捨て猫を拾うといった彼の優しい一面が描かれている。
搭乗マシンはスペースアングラー (SPACE ANGLER) 。重量:910kg、性能評価:C/C/A、No.19。軽量級のマシンとしては珍しく、最高速性能が高いマシンだが、加速性能は悪い。極端なセッティングや下手な操縦は許さない、超上級者向けのマシンである。GBA版『ファルコン伝説』および『CLIMAX』では表示の性能が忠実に再現されているため、速度と操作性に優れた初心者向けマシンとなっている。
アニメ版
ビーストマンに追われている狼の獣人。普段は人間の姿をしてファルコンハウスで働いているが、一度満月を見ると、押さえきれないほどの感情の高ぶりと野性に駆り立てられ、真の姿を晒してしまう(本人はそれに苦悩している)。ルーシーに惚れているようである。しかしビーストマンに追い詰められたため、ミュートシティを去る事になる。自分が狼男であるという事はルーシーには伝えていなかったが、ルーシーは既に知っているようであった。
スーパー アロー (Super Arrow)
声:長島雄一
35歳。地球の平和を守る正義のスーパーヒーロー。宿敵ゾーダのグランプリ参戦を聞き付け、急遽パイロットライセンスを所得して参戦した。前回の『X』グランプリでは、その人間離れしたスーパーパワーを使って好成績を残した。悪人に対しては無敵だが、恐妻家で妻には滅法弱い。いつもフクロウを連れている。マシンは40年のローンで購入し、給料がとても安いなど、いろいろ苦労している。
搭乗マシンはキングメテオ (KING METEOR) 。重量:860kg、性能評価:E/B/B、No.20。かなり軽めのマシンで、加速性に優れる。ブースト性能がなかなか強力で、コーナリング性能もしっかりしている、扱いやすく速いマシン。安定性や耐久性は悪い。GBA版『ファルコン伝説』および『CLIMAX』でも概ね同様の性能を持つ。
アニメ版
ゲームとは違い、高級レストランの常連であるぐらいには金持ち。ゲーム以上に存在感をアピールしてはいるものの、ヒーローは「自称」らしい。その活躍はヘタレ系に通じるものがあるが、ピエロのように別の観点から人を救うキャラクターとなっている(ただし、かなりの天然)。ゲームと違いゾーダとの因縁は無い。実力がないわけではないが、ドジですぐに調子に乗る性格のおかげでF-ZEROパイロットとしての成績もイマイチ。メインストーリーに絡まないサブキャラクターの中では出番が多く、終盤は活躍しないにも関わらずオープニングに顔を出し、最終話にも登場していた。
ゲームで相棒だったフクロウはフクロウ型ロボット「ズック」(声:千葉一伸)になっている。通信機になる他、しばしば彼の事を「オッサン」と呼んではキツいツッコミを入れてくる。また、アロー夫妻の仲の良さに少々呆れている場面もある。原作ほどではないが恐妻家らしい。(ただし、そんな場面は見られなかった)
ミセス アロー (Mrs. Arrow)
声:小松由佳
27歳。スーパーアローの妻で、彼の唯一頭が上がらない相手。時々喧嘩もするが強い愛情で結ばれている。結婚前にF-ZEROのレースクイーンをしており、後にパイロットへと転身した経験がある。結婚後はレーサーを引退していたが、ペーパードライバーだった夫を見かねて現役復帰した。女性陣の中では珍しく筋肉質な身体付きをしており、強さと美しさを併せ持っている。『GX』の優勝インタビューによれば、プロポーズは彼女の方から彼に結婚するよう命令したとのこと。彼との間には既に子供が生まれており、『GX』のファルコンのムービーでその姿を見ることができる。
搭乗マシンはクイーンメテオ (QUEEN METEOR) 。重量:1140kg、性能評価:E/B/B、No.21。かつてF-ZEROパイロットをしていたころのマシンを参考に製作して貰ったとのこと。見た目は姉妹機である夫のキングメテオと似ているが、使い勝手は随分異なっている。こちらは重量がある分加速が劣り、最高速がわりと優れている。少し滑りやすいためドリフト走行向け。GBA版『ファルコン伝説』および『CLIMAX』では操作性が異なり、強度の弱さを除けば全体的なバランスに優れた初心者向けマシンとなっている。
アニメ版
お調子者でおっちょこちょいなスーパーアローのよき理解者である点は同じだが、ゲームよりも淑やかな女性として描かれている。喧嘩をする事はほとんどなく、お互い「ダーリン」「ハニー」と呼び愛し合っている。『X』の時と同じくゴーグルを着用しているが、体格は普通に描かれている(筋肉を強調していない)。ホワイトランドのレースで優勝したり、レディースレースの優勝候補と言われている。
ゴマー&シオー (Gomar & Shioh)
声:長嶝高士(ゴマー)、高木渉(シオー)
年齢不詳。生まれたときから二人一組で行動する(離れていると二人共死んでしまう)習性を持つ、惑星ハックマインのフリカケル人。その習性ゆえ、本来二人乗りマシンは禁止となっているF-ZEROグランプリにおいても、特例として参加が認められている。ゴマーはシオーより賢く、シオーはゴマーより背が高い。そのため、互いが互いを尊敬し羨ましく思っている。『GX』の翌年には、お互い結婚して相棒が変わる予定。ゴマーの相手はスリー、シオーの相手はサトー。身につけている赤いマフラーは友情の証として友人と購入した物。
彼らに関する名称の設定は日本の和食に関するものが多い(ハックマインは「白米」など)。結婚相手の名称はそれぞれ「ゴマスリ器」、「砂糖」から。
搭乗マシンはツインノリッタ (TWIN NORITTA) 。重量:780kg、性能評価:E/A/C、No.22。このマシンにはワカメールという非常に軽い金属が使用されており、二人乗りであるにも関わらず全マシン中で最も軽い。そのため加速性に優れるのはもちろんのこと、トップクラスの強力なブースト性能から速度も折り紙付き。ただし最高速そのものは低く、ボディ強度も最低レベル。『X』ではブーストの強さから、最も速い最高速型マシンだった。GBA版『ファルコン伝説』および『CLIMAX』でも概ね同様の性能を持つ。
アニメ版
あちこちでインチキな悪徳商売をしている指名手配中の詐欺師。常に2人同時で喋る。銀河一の悪党になってブラック シャドーの部下になるため、ルーシーにインチキダイエット商品などを売りつけたり、マシンをツインノリッタとして改造させたりした。
「ブーストは2回まで」というルーシーの忠告を受けて出場したレースでは、序盤こそ身軽な動きで大きくリードしていたが、ゴール直前でリュウに追い抜かれた事に焦って3回目のブーストを使用してしまい、その瞬間にマシンは大破、リタイアとなってしまう。結局は犯罪がばれ、最後はルーシーの優しさに涙を流しながら御用となった。
シルバー ニールセン (Silver Neelsen)
声:島田敏(老人)、望月健一(若い頃)
98歳。人間のF-ZEROパイロットとしては最高齢。「鉄人シルバー」の異名を持ち、F-ZEROグランプリ最多出場記録を有する(何回出たのかは本人も覚えていない)常連でありながら、未だに優勝経験はない。本人曰く「参戦することに意義がある」とのこと。100歳を超えても走り続けようか少し悩んでいる。旧式のマシンを愛用し、他人の最新マシンにケチを付けるのが趣味。優勝したら記念館を作り、彼の半生が映画化されるとのこと。
搭乗マシンはナイトサンダー (NIGHT THUNDER) 。重量:1530kg、性能評価:B/A/E、No.23。彼の旧友ゴルドが制作した。ゴルドは既に亡くなっている。現在ではかなり旧式のマシンとなったが、引退まで乗り続けるつもりの様子。重量はあるが加速性にとても優れ、ブーストが強い。最高速は遅く、グリップ力も低く滑りやすい。『X』ではヘルホークに次ぐ、かなり速いドリフト型マシンだった。GBA版『ファルコン伝説』および『CLIMAX』でも概ね同様の性能を持つ。ゲーム版『ファルコン伝説』ではカードe+限定マシン。
アニメ版
ゲーム版と違ってレースの出場回数を覚えており(登場時は7776回目だったらしい)、優勝経験も豊富。異名は「鉄人ニールセン」と微妙に変更されている。若い頃はイケメンで結構モテたらしい。現在でも高齢ながらなかなかの肉体を保っている。
70年前にアンソニー ロプキンというライバルがいて、彼にだけはどうしても勝てなかったという過去がある。アンソニーは決着の付かないまま事故のためにコールドスリープされていた(当初は事故死したと思われていた)が、時を経て当時と変わらない姿で復活。約束を果たすため再びレースで勝負することになる。リュウに勝てない事に悩むジャックを鍛えた事もあった。
第1回F-ZEROグランプリの際に、キャプテン ファルコンやブラック シャドー、アンソニー、ミスターゼロらと共に撮られた写真がある。
マイケル チェーン (Michael Chain)
声:志村知幸
39歳の黒人男性。銀河最大規模の宇宙暴走族「ブラディーチェーン」のリーダー。数年前は何万人という配下がいたが、ここ数年相次ぐメンバーの脱退に悩まされており、彼はそれを引き留め、さらなるメンバーの勧誘のために優勝を狙っている。しかしながらグランプリの結果は芳しくなく、『GX』時点でメンバーは1万人にも満たずにいる。趣味はボクシング。ボディービルダーのコンテストに参加している(オクトマンやミセス アローも同じコンテストに参加している)。『GX』のストーリーモードでは走行中にマシンからシートごと飛び出して、ファルコンを挑発するという危険な行動を見せたこともある。
搭乗マシンはワイルドボア (WILD BOAR) 。重量:2110kg、性能評価:A/C/C、No.24。かなり重く頑丈。最高速度を除けば走行性能はさほど高くはないが、『GX』ではコーナリング時にスピードが落ちにくい。頭部に設けられている背びれのような突起物は、膨大な爆音を出すためのものだと言われている。
『GX』のストーリーモードでは彼の配下も登場、全員いかつい顔つきをしている。搭乗マシンは色違いのワイルドボアだが、耐久力はマイケルのマシンより大幅に劣る。
アニメ版
暴走族のヘッドという点はアニメでも変わらず。シャツには「M」の文字、左肩には鎖が付いたプロテクターを装着している。7話で初登場。
ドリームの恋人である青年トゥルカムを利用して優秀なパイロットを監禁し、レースで優勝賞金を独占しようとしたがリュウと交戦中にスーパーアローの相方ズッグの不意打ちで隙を突かれ失敗に終わった。
37話では暴走族時代から因縁のあるジャックを仲間に引き込もうと、ババと協力してジャックとチキンレースや殴り合いを繰り広げる。最後はババ達メンバーと共に銀河連邦に逮捕されたが43話でババと共に姿だけ登場している。
ブラッド ファルコン (Blood Falcon)
声:銀河万丈
37歳(実質4歳)。キャプテン ファルコンの遺伝子(『GX』の4年前に起きた大事故の際に、ブラック シャドーが盗み出した物)から作り出された、ファルコンのクローン。そのため、実年齢は4歳。洗脳により悪の化身となり、ブラック シャドーの右腕として働いている。だが、ブラック シャドーを押しのけて優勝した際に「相手が誰であろうと情け容赦はしないのだ」と言っている。悪に染まった頭脳を除く、あらゆる部分でファルコンと同等の能力を持っている。また、ファルコンの複製は彼だけではない、と発言している。『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズでは、ファルコンの色を変えると彼と同様のカラーリングになる。コインランドリーを利用してるという意外と庶民的な一面も持ち、『GX』のムービーではそのコインランドリーで悲惨な目に遭う。
搭乗マシンはブラッドホーク (BLOOD HAWK) 。日本版『X』での名称はヘルホーク (HELL HAWK) 。重量:1170kg、性能評価:B/A/E、No.25。キャプテン ファルコンのマシンと違い、加速性とブースト性能が高めで、グリップ性能や最高速は最低レベル。『X』では最も速いドリフト型マシンで、タイムアタックに使用されることも多かった。GBA版『ファルコン伝説』および『CLIMAX』でも概ね同様の性能を持ち、ブースト性能は全マシンでもトップ。エンジンはブラック シャドーが開発させた物と、大事故の際に大破したブルーファルコンから盗んだ物を使用している。
アニメ版
ブラック シャドーが盗んだスチュワートの遺伝子工学と、リアクターマイトの力によって作られたクローンで、何度死んでも新しいブラッドファルコンが意思を継ぎ、現れる。19人に増殖(クローン実験によって生まれた試作品)、液体人間になるなど、ゲーム以上にすごい展開を見せた。ただし、『GX』のストーリーモードでは、ファルコンの流血したところからいきなり現れるような演出もなされており、あながちゲームから乖離した設定ではないともいえる。
増殖体は全てリアクターマイトを埋め込まれていたゾーダによって吸い込まれ、ハイパーゾーダにパワーアップさせるほどの膨大なパワーを発揮した。
液体人間の方は39話で長官を監禁、彼らに成りすまして自作自演で高機動小隊を壊滅しようとしたが失敗。ジョディによって破壊された後、ドラゴンバードに忍び寄り火災現場の中でリュウに襲いかかるが、そのままブーストファイアのパワーに飲まれて消滅した。
ジョン タナカ (John Tanaka)
声:千葉一伸
31歳。銀河宇宙連邦のメカニックマン。ジョディに密かな恋心を抱いており、彼女を守ろうとF-ZEROグランプリに参加する。万が一優勝した際には彼女にプロポーズしようと考えている。山篭りで修行しようとしたこともあったが、1日で降参して下山してしまった。非常に礼儀正しい人物。サインは日本語でジョン田中と書く。『X』、『GX』では小型ロボットを連れている。
搭乗マシンはワンダーワスプ (WONDER WASP) 。重量:900kg、性能評価:D/A/D、No.26。ネジ一本からこだわって趣味で作っていた、自家用ドライブマシンをF-ZEROマシンに大改修した。とても軽量で加速性能がよく、ブースト性能も強め。旋回性とグリップ力に圧倒的に優れているが、優れすぎて使いづらいかもしれない。GBA版『ファルコン伝説』および『CLIMAX』では表示の性能がそのまま再現されているため、グリップ力の低いドリフト型マシンである。
アニメ版
銀河警察の本部長で高機動小隊の責任者。しかし気の弱さ故にあまり期待はされておらず、上からの命令とジョディ達の勝手な行動に振り回されて右往左往する情けない中間管理職。24話での『バートのF-ZERO教室』では視聴者から「彼はなぜ本部長になれたんですか」という珍妙な質問が届き、バートからは「世の中にはよく分からない大人の事情があって……(出世できているんでしょうね)」と言われている始末である。その時のバートから「良い大学に出ていたのでしょうか」という発言もあり、終盤でも大学を首席で卒業したと言っているがジャックから「嘘をつけ」と突っ込まれているため、真偽は不明だが、F-ZEROパイロットとしての実力は高い様子。若干オカマ口調で喋る。ゲームと違いジョディに対する好意は特にない。代わりにケイトの大ファンで、自分の仕事よりもケイトのコンサートを優先するほど。
ドラク (Draq)
声:中博史
137歳。ロジャーと共に宇宙運送業を営んでいる。元からF-ZEROの熱狂的ファンで、『X』の時に積み荷の中に受取人不明のマシンが2台あったことから、その受取人探しと称して参戦。『GX』の時点でもまだ受取人が現れていないため、引き続き参戦している。テレビゲームでイメージトレーニングをしている。その巨体ゆえマシンの乗り降りには苦労しており、最近はダイエットもしているとのこと。『GX』では、セッティング時にダンディ坂野ゲッツ!のポーズをとる。
搭乗マシンはマイティータイフーン (MIGHTY TYPHOON) 。重量:950kg、性能評価:C/A/D、No.27。パイロットに似合わず軽量であるが、玄人好みの性能である。表示の割にグリップ力はそこまで低くないものの、GBA版『ファルコン伝説』および『CLIMAX』では表示の性能がそのまま再現されているため、グリップ力の低いドリフト型マシンになっている。
アニメ版
ゲームと同じく運送屋。ロジャーを兄弟と呼び、仲も良い。人が良い性格故にダークミリオンに利用されたり、ゾーダに捕まったりもした。
ロジャー バスター (Roger Buster)
声:藤本隆行
41歳。ドラクの相棒。「頼まれればどんな危険なものも運ぶ」この道20年の宇宙運送業者。ドラクに付き添って、受取人不明のマシンで参戦している。ドラクと違い、ロジャー自身はあまりF-ZEROに興味がなく、マシンの受取人を見つけて送り届けることを第一に思っている。昔ドジを踏んで宇宙を1人で漂流したことがある、と語っている。地上では路地屋協会参上と書かれた大型トラックを使用している。
搭乗マシンはマイティーハリケーン (MIGHTY HURRICANE) 。重量:1780kg、性能評価:E/B/B、No.28。重量があり、走行性能も高い。ボディの弱さを気をつければ初心者でも簡単に使える。
アニメ版
F-ZEROにはまっている描写はアニメの方が強い。運送屋である点は変わらず。一人称は「俺ッチ」。病弱なアリアスのために特産品のフルーツを届けた時に手術を控えている彼を勇気付けるためにリュウと共にレースで自分達が優勝したら手術を受けるよう約束する。そしてレース当日、ドラクを利用しようとしたダークミリオンの妨害があいながらもリュウに続き2位でゴールし、アリアスとの約束を果たした。
ドラクと共に再登場した45話で、惑星ライトニングにあるダークミリオンの秘密基地を探ろうとしたゾーダに捕まった。だが同じく基地の秘密を探るハルカの機転で脱出。基地の自動防衛システムに狙われそうになったリュウを間一髪のところで助け、基地まで案内した。その最中、ゾーダの妨害に合いながらもブラックシャドーに立ち向かおうとしたが吹き飛ばされてしまった。しかし、ラストでは基地から脱出したリュウをジョディたちと共に駆け寄った。
ドクター クラッシュ (Dr. Clash)
声:千葉一伸
55歳。マッドサイエンティスト。エンジニアからパイロットに転向した。背中のロボットアームは自ら開発した補助具であり、運動不足の体をフォローしている。裏で巨大F-ZEROマシン「ビッグベア」を作っている。マシンの中にはテレビや電子レンジが搭載されている(ただし電子レンジは不調、テレビは故障中らしい)。
搭乗マシンはクレイジーベア (CRAZY BEAR) 。重量:2220kg、性能評価:A/B/E、No.29。『X』の時には、マシンのフロントに目の模様がついていた。重量はかなりあるが、加速とブースト性能が優れている。反面スピードは低く、さらに非常に不安定で滑りやすいため、上級者向けマシンになっている。GBA版『ファルコン伝説』では加速と最高速度が『X』や『GX』と逆転しており、『CLIMAX』では加速力・最高速度が高めに設定されている。
アニメ版
高機動小隊のエンジニアで、メンバーのマシンのセッティングを担当している。自らがマシンに乗ってレースに出る回数は少なめ。高機動小隊のメンバーの中で最年長であるため、穏やかな性格でルーシーや仲間らを暖かく見守るが短気で癇癪持ち。油の臭いが好きで、嗅いでいないと落ち着かない一面もある。ルーシーに対しては娘のように可愛がっているが軟派なジャックに対してはよく憎まれ口を叩いている。(EADも多少その影響を受けているが少なくとも彼はジャックを信頼している)メカに夢中になりすぎて周りが見えなくなる癖がある。なお、ドラゴンバードを組んだのは彼だが、そこに組み込まれていたリアクターマイトの秘密は知らされていなかった。
ブラック シャドー (Black Shadow)
声:若本規夫
年齢不詳。冷徹さと残忍さを兼ね備える、全宇宙で恐れられている悪の帝王。自らの部下達をキャプテン ファルコンに捕らえられ、幾度となく悪事を邪魔されているため、彼の抹殺を目論んでいる。ブラッド ファルコンをはじめ多くの部下を抱えているが、そんな彼もデスボーンの配下に過ぎなかった。(ただ、これはストーリーモードの展開であるため厳密には不明確。通常のグランプリ戦では、CPUのブラック シャドーは相手がデスボーンであろうと容赦なく攻撃し、操縦テクニックそのものもCPUシャドーが上)。悪の帝王だが、サインはする。一人称は『X』では「私」、『GX』では「我輩」となっている。ストーリーモードではデスボーンに時空の狭間に送られてしまう。
搭乗マシンはブラックブル (BLACK BULL) 。重量:2340kg、性能評価:A/E/A、No.30。敵マシンの破壊を前提としたセッティングがなされている(らしい)。『X』では強度とグリップ性能に優れる、初心者にも扱いやすいマシンだった。『GX』では表示と異なり、実際のグリップ力が著しく低下している。ブーストも表示よりはかなり強い。加速重視、標準、最高速重視、どの設定でもそれぞれトップクラスの性能を持つが、その制御に要する技術は並ではない。最高速重視のときの最高速は全マシン中トップ。『ファルコン伝説』及び『CLIMAX』では表示の性能が忠実に再現され、加速性能やブースト、旋回力は非常に低いが、最高速度やグリップ性能は指折りの性能である。重量が重いためにこちらも初心者には扱いにくくなっている。また、敵マシンの破壊を前提とした(らしい)ボディ強度だけに、GBA版『ファルコン伝説』および『CLIMAX』ではサイドアタックでほとんどの相手マシンを一撃で破壊できる。
アニメ版
銀河連邦に対抗する悪の組織「ダークミリオン」の首領で、今作最大の悪役。当然銀河連邦からは指名手配されているが、治外法権が適用されているF-ZEROレースには姿を見せる。一人称は「私」。
レースで敵を破壊したり、リアクターマイトのパワーを増幅させるためにゾーダやリュウ達を道具として利用することに喜びを感じるなど悪役らしい性格がにじみ出ている。冷凍刑務所を襲撃してゾーダを復活、ハルカをミス キラーとしてこの時代に蘇らせ、影であるドン ジーニーやデスボーンになりすましてF-ZERO委員会に暗躍していた。
41話ではレースに飛び入り参加するが溶岩の熱さによってリアクターマイトのパワーが増幅したゾーダによってマグマの海に落とされ死んだと思われていた。しかし、43話の終盤で何もなかったかのように無事な姿を見せた。
最終回では最大の夢である宇宙を破壊して暗黒に染めるべく、ダークマターリアクター内部でハルカを人質にとり余裕と高笑いに満ちた表情でリュウと交戦するが合流したキャプテン ファルコンの妨害と自らが道具として作り上げリアクタードライブに送り込んだゾーダがリュウに喝を入れたことでターミナルコアが暴走、自業自得という結果に終わった。
その後、爆風に巻き込まれながらもマシンから飛び出し反撃しようとしたがキャプテン ファルコンが放ったファルコンパンチの直撃によってエネルギー炉の中心に落とされキャプテン ファルコンとともに消滅した。第1回グランプリの写真で姿を確認でき、そのことからキャプテン ファルコン同様個人名ではなく「悪の帝王」が代々襲名していく肩書きの様子である。
8月15日生まれで、好きな食べ物は激辛料理。趣味は温泉巡り。

『F-ZERO AX』に登場[編集]

以下の人物は、『GX』のストーリーモードでベリーハードランクをクリアすることによっても追加できる(1台は除く。どの人物が追加されるかは話によって異なる)。

ドン ジーニー (Don Genie)
声:茶風林
65歳。兵器の大量密売、エネルギー資源の横流しなど多くの悪事を重ね、過去幾度となく投獄されてきた宇宙商人の首領。勾留される度に多額の保釈金を支払い保釈されている。F-ZEROパイロットいちの巨漢。ブラック シャドーとの関連性も噂されている。「10億では葉巻も買えない」「10億以上の利子が1秒で手に入る」金持ちだが、非常にケチな性質で、寄付はおろか「全く、時間の無駄だな」と言ってサインもしてくれない。グランプリ参戦の理由は不明ではあるが、F-ZEROグランプリの買収を示唆する発言はしている。
搭乗マシンはファットシャーク (FAT SHARK) 。「太った鮫」ではなく「豊かな詐欺師」という意味。重量:2490kg、性能評価:A/B/E、No.31。最も重い最高速型マシンでありながら加速も悪くなく、ブーストの強さと最高速は全マシン中トップ。ボディ強度までも最高レベル。ただし、最高速重視にしてもあまり最高速は伸びない。スピード性能に恵まれている反面、コーナリング性能は絶望的であり、下手に曲がるとみるみる減速する。
アニメ版
ブラック シャドーと関わっているためか、『AX』のキャラクターの中で唯一アニメ版に登場。武器商人としてレースを開催したりしていた。しかし彼の正体はブラック シャドーの影にすぎなかった。一度だけマシンに乗る場面があったが、なぜかファットシャークではなく、バーサーカー(ファルコン)のレッドブルと同型だった。なおゲーム版『ファルコン伝説』及び『CLIMAX』には登場しない。『AX』と異なり丁寧な口調で喋る。
デジ ボーイ (Digi-Boy)
8歳。本名はテリー ゲッター (Terry Getter) 。アインシュタイン・アカデミー在学の天才発明少年。地球人の中で最も高い知能指数の持ち主という説もある。自らが勝つよう計算し尽くされた理論でマシンを設計。難しい操作はすべて自動化して、片手で操作できるようにした。今興味があるのは、サムライ ゴローの生態研究。シャロンという子が気になるようだが、彼女のことは予測不可能であることのこと。
搭乗マシンはコズミックドルフィン (COSMIC DOLPHIN) 。重量:900kg、性能評価:E/A/C、No.32。ボディに難があること以外は確かにバランスはよい。
ダイ・サン・ゲン (Dai San Gen)
3人ともに64歳。チャイナル星人の3つ子。ダイとゲンは男、サンは女。名前の由来は麻雀大三元から(サインもこう書く)。ダイがハンドリング、サンがナビゲーションとブースト、ゲンがアクセルとブレーキを担当している。テレパシーを使い絶妙なコンビネーションを見せる。ダチョウ倶楽部の物まねが得意。
搭乗マシンはピンクスパイダー (PINK SPIDER) 。重量:1100kg、性能評価:C/C/A、No.33。コーナリング性能に優れる。
スペード (Spade)
年齢不詳。サーカス団の奇術師。経営困難にあるサーカス団を立て直すために参戦。しかし、気まぐれな性格ゆえに成績は安定しない。マスクの下はサーカス団の仲間も知らないようだが、本人曰く、腹部に浮いている球体が本体である。3歳になる息子がいて、その容姿は彼にそっくりであるとのこと。
搭乗マシンはマジックシーガル (MAGIC SEAGULL) 。重量:1330kg、性能評価:B/A/E、No.34。41台中唯一中が見えないうえ、ドアもなく、どのように乗り込むのかも不明。アルファベットのWに似たフォルムをしている。性能的にはコースを選ぶマシンである。なお、『GX』での出現条件が他の『AX』のキャラクターと異なる。
ダイゴロー (Daigoroh)
10歳。サムライ ゴローの一人息子。だが、盗賊団のボスである父親が梃子摺るほどの悪ガキ。サッカー、野球、武術が得意(算数は苦手)。剣の腕にいたっては父親以上である。だが、そんな彼も父親のことは「デブでイビキがうるさいけど男の中の男だぜ!」と尊敬している。パイロットセンスは父親並、あるいは、それ以上とされており、将来を期待されている。
搭乗マシンはシルバーラット (SILVER RAT) 。重量:880kg、性能評価:D/A/D、No.35。ガスターのグリーンパンサーの系譜に繋がるマシンだが、性能は大きく異なる。全マシン中最も小型で、加速、ブースト性能はとても良いが、最高速度は全マシン中最低クラス。さらにボディ性能、マシンの重量も非常に低いため、扱うにはかなりの修練が必要なほどである超上級者向けマシンである。
プリンシア ラモード (Princia Ramode)
16歳。わがままで好奇心旺盛な、マジカール星デザート王国のお姫様。王宮では、習い事とパーティーばかりの生活に退屈している。諸国(諸星)漫遊の旅で立ち寄った地球でF-ZEROグランプリを見た際に、そのスピード感に魅せられ、家来達にマシンを作らせ参戦。へそ出しルック、ハート型のサングラスと、とても王女とは思えない格好をしている。年の割に、スタイル抜群で、F-ZEROの女性陣の中で文句無し一位の巨乳(そのスタイルを保つ秘訣は、本人曰くトップシークレット)。意外にもサムライ ゴローに興味があるようである。
搭乗マシンはスパークムーン (SPARK MOON) 。重量:1620kg、性能評価:B/C/B、No.36。最高水準の安全装置と、有名パイロットのテクニックがインプットされた人工知能が搭載されており、お姫様であるプリンシアにも扱いやすい性能である。
リリー フライヤー (Lily Flyer)
14歳。銀河連邦軍の予備部隊所属の優秀な少女。F-ZEROには訓練の一環として参戦している。上官には絶対服従し、任務の遂行のみを目標に行動しているが、そんな彼女も、本当はフルーツパフェが好物、カエルの小物を集めるのが趣味、ハート模様が好き、自由に生きて恋することを夢見ている、といった天真爛漫な少女である。いわゆるツンデレに近い性格。『GX』のムービーでは、アントニオ ガスターやブラッド ファルコンも利用しているなにかとトラブルが起こるコインランドリーを利用している。
搭乗マシンはバニーフラッシュ (BUNNY FLASH) 。重量:1414kg、性能評価:D/B/A、No.37。可愛らしい見た目とは裏腹に走行性能は高い。グリップが強い分ドリフトが効きにくいが加速性能やブーストは強力である。
ピージェイ (PJ)
35歳。惑星間タクシー「ギャラクシーキャブ」の運転手。一番の稼ぎ手だったが、社長とケンカ(原因は給与アップの要求)して謹慎処分を食らってしまい、その後F-ZEROの広告を見て、タクシーを改造して参戦(料金メーターはつけたままにしている)。酔っ払いと熱愛カップルの客は苦手。スピード違反をしばしば起こし、銀河連邦にお世話になっている。語尾に「ッス」を付ける。
搭乗マシンはグルービータクシー (GROOVY TAXI) 。重量:1280kg、性能評価:B/D/B、No.38。タクシーがベースとなっているため、41台中唯一4人が乗れるスペースが設けられている。タクシー業界では暴走行為は厳禁であるため、ブースト性能はあえて抑えてある。
キュースリー (QQQ)
年齢不詳。フェニックスの相棒ロボット。控えめな性格。彼が未来から連れてきた、タイムトラベルのナビゲーターメカだが、人工頭脳が一部故障しており、記憶喪失になっている。キャプテン ファルコンの走行データを参照したようだ。休日は南の島のリゾートで、トロピカル・オイルを飲んでのんびりと過ごしている(『GX』のムービーを参照。実際はキュースリーが鮫に襲われるが、ロボットパワーで感電させて沈没させた)。
搭乗マシンはローリングタートル (ROLLING TURTLE) 。重量:999kg、性能評価:A/D/B、No.39。重量が999kgなのは、彼の名前(キュースリー→9three)からきている。軽量ではあるが、強度とグリップ性能が高いため扱いやすい。
No.39であるのも、39を入れ替えると、93(キュースリー)になるからである。
フェニックス (Phoenix)
26歳。時空警察の刑事。宇宙の歴史が変わるのを阻止するため、29世紀より派遣されてきた。とある時間犯罪者(おそらくデスボーン)を追い続けている。時空警察の規則で、任務に関係ない未来の情報を教えたり、レースの賞金を受け取ったりすることは禁止されている。『AX』の主役級キャラクターで、キャプテン ファルコンとよく似た容姿を持つ。
搭乗マシンはレインボーフェニックス (RAINBOW PHOENIX) 。重量:1080kg、性能評価:B/B/C、No.40。ブースト使用時やダッシュプレート使用時に、一時的に両翼が広がるギミックが搭載されている。未来から来たマシンなので、何世代も先の技術が使われており、本来性能は相当高いはずなのだが、あえてリミッターを掛けて性能を抑えている。それでも各性能はバランス良く高く、入手できればグランプリでもタイムアタックでも大いに活躍できる。

『F-ZERO GX』初出[編集]

デスボーン (Deathborn)
声:若本規夫(※加工有)
年齢不詳。『GX』における悪の黒幕。時空を自由に操る力を持ち、時空警察から指名手配されている。死ぬたびに部分的にサイボーグとなり、3度目にして不死身となった。悪役としての彼は強大で、帝王ブラック シャドーも彼の配下に過ぎず、大いに恐れ慄いていた。チャンピオンベルトを狙っており、その秘められた力で宇宙を意のままにしようと画策している。ドン ジーニーと同様、勝利インタビューではサインを断る。自らの強さを誇示する映画を作っては悦に入ったりと、些か変な趣味を持っている。裏のF-ZEROグランプリ覇者でもある。
搭乗マシンはダークシュナイダー (DARK SCHNEIDER) 。重量:2080kg、性能評価:A/B/D、マシンナンバー無し(00と表記されることも多いが、実際はマシンにナンバーが描かれていない)。重量級マシンなので旋回性能と加速性能が悪いが、グリップが失われ辛く挙動も素直なため重量級マシンの中では扱いやすい。ボディも硬く接触に強いため初心者に向いている。最高速があるがブーストはほとんど並みなので速度は伸びにくい。加速寄りに設定すると、最高速が僅かに低下する代わりに加速がかなり改善され、性能がマイルドになってオススメ。
アニメ版
表向きはF-ZERO委員会の代表である。普段は無口で何も喋らない(呼吸音のみ)。F-ZERO委員会本部に拉致されたリュウをリアクターマイトの装置に押し込んで記憶を消去させようとしたが、バーサーカーに変装していたキャプテン ファルコンの乱入と「セイブス」として覚醒したリュウの力によって失敗に終わる。彼もドン ジーニー同様、ブラック シャドーの影にすぎず、ゲーム版と立場が逆転している。(アニメのブラック シャドーの性格や口調などゲーム版のデスボーンと酷似している)ブラック シャドーは彼の姿でF-ZERO委員会を支配していたのである。
創造者 (Creator)
年齢不詳。幽霊のような3人の魂の集合体で、チャンピオンベルトに封印されていた。『GX』のストーリーモードにのみ登場。F-ZERO(GX時点)における全ての(悪の)根源で、事実上本作のラスボス。デスボーンは彼らの最高傑作であり、それに打ち勝ったキャプテン ファルコンをもとに、新たな宇宙を創ろうと亜空間での戦いを挑んでくる。
その戦いはスタッフゴースト(マシンはファルコンのマシンと同じ)とのタイムアタックバトル。
戦いの舞台となるコースは壁が一切なく、慣れないうちは完走するだけでも難しいが、スタッフゴースト自体は難易度が低いうちは速度も遅く、コースにさえ慣れてしまえば勝つのは容易である。しかし難易度が上がるにつれゴーストの速度は増していき、最高難易度ではまさに最終決戦と呼ぶに相応しいほどの難易度になる。
アニメ版には登場しない。
ファミコン (Famicom)
37歳。ストーリーモード第三話で、賭けレースに負け続けているニールセンのために、飛び入りで変装して出場したキャプテン ファルコンの登録名。ニールセンに道化のような服を着せられ、その場に居合わせたクラッシュも大笑いしていた。ファミコンという名前はファルコン(Falcon)のもじりでもある。
搭乗マシンはブルーファルコン (BLUE FALCON) 。ちなみに賭けレース時のオッズは2560.5という超大穴(他の参加者はビーストマンが8.1、ザ・スカルが32.6、スーパーアローが6.3、ババが12.4であった)であり、ニールセンとファルコンは鞄に入りきらないほどの札束を手に入れ大儲けすることができた。

『F-ZERO ファルコン伝説』及び『F-ZERO CLIMAX』に登場[編集]

以下では『ファルコン伝説』のオリジナルキャラクターを記述する。それ以外の登場キャラクターに関しては上述。

『F-ZERO ファルコン伝説』のパイロット[編集]

リュウ スザク (Ryu Suzaku)
声:森川智之
23歳。7月28日生まれで、血液型はA型。『ファルコン伝説』の主人公。2051年当時、ニューヨークでは名の知れた警察官にしてF-1レーサーだった彼はマシン刑事(デカ)の異名で悪人に恐れられていた。しかし、凶悪犯ゾーダを追っている際に事故に遭い、当時の医療技術では治せないほどの重傷を負う。その後、彼はその能力を惜しまれて、コールドスリープされたのであった。そして2201年。150年の時を経て彼はジョディ サマーの手で目覚め、高機動小隊の一員となる。一本気で正義感の強い性格だが、それゆえに無茶をする事が多いため、しばしばジョディに叱られている。ダークミリオンの優勝を阻止するため、時を同じくして2201年に蘇ったゾーダとの決着をつけるため、彼は多くの戦いに身を費やす事になる。
ミサキ ハルカを恋人に持つ。ルーシーに恋心を寄せられているが、本人は気づいていない。
当初はコーヒーをブラックで飲んでいたが、いつの間にか砂糖とミルクを入れるようになっていた。
ネーミングの由来は、おそらくGBAソフト『F-ZERO ファルコン伝説』と『F-ZERO CLIMAX』の開発元、朱雀から。
終盤ではクランクの友人アリアスの家から見つかったハルカの日記帳から、自分がコールドスリープされた後にハルカが自分の敵を打つためにゾーダを追ったまま行方不明になったことと、ゾーダからハルカが150年前に自分と一緒に冷凍刑にされたことを伝えられてミス キラーがハルカではないかという疑念を抱くようになり(後のこの予想は的中していたことが判明する)、以後ミス キラーが相手だと本気を出せなくなってしまう。
自分が2201年によみがえった理由をジョディとスチュワートから告げられ、自分が宇宙を救う者(セイブス)である事を知りその使命を果たす決意を固める。最終決戦ではキャプテン ファルコンと共にファルコンフライヤーに乗って暗黒星雲に向かったが、ブラック シャドーに導かれてしまい、一人だけダークマターリアクター内部に入りブラック シャドーと最後の戦いを繰り広げる。しかし2つのリアクターマイトを発動させることがなかなか出来ず、さらにハルカを人質に捕られていたため次第に追い詰められていくが、後から駆けつけたキャプテン ファルコンの救援と、ダークマターリアクターに飲み込まれたゾーダに「とっとと女(ハルカ)の事でも思い出して力を出せ!」と煽られた事により(その時本当にハルカの事を思い出していた)ブーストファイアー・フル・パワーを発動。ダークマターリアクターの暴走させてエネルギー炉の爆発を起こした。だがキャプテン ファルコンもブラック シャドーと共に爆破に巻き込まれてしまい、キャプテン ファルコンの最後をその目で見届ける事となる。その後ジョディからファルコンのヘルメットを託され、キャプテン ファルコンの意思を継ぐ決意をする。5年後の新たなF-ZEROレースではキャプテン ファルコンとしてレースに出場し、レーサーとしてデビューしたクランクを抜き去った所で物語は完結する。
搭乗マシンはドラゴンバード (DRAGON BIRD) 。重量:1850kg、性能評価:B/B/B、No.00。全ての性能が高水準でまとまっているが、重量のおかげでテクニカルコースで小回りが利かないため、むしろ直線向きのマシンと言える。機体ナンバーの由来は「可能性は無限大(∞)」という意味から00である。
キャプテン ファルコンの名を継いだ後のマシンはブルーファルコン2 (BLUE FALCON 2) 。重量:1380kg、性能評価:B/B/C、No.7。こちらのブルーファルコンはブーストがやや高くなった分、グリップが若干減少している。
ルーシー リバティ (Lucy Liberty)
声:水樹奈々
20歳。以前からF-ZEROの大ファンだったが、宇宙暴走族にバスをジャックされたところをリュウに助けてもらい、その後技術知識で銀河警察に入隊志望し、高機動小隊に入った少女。経験は浅いが的確な走りをする腕を持つ。クラッシュと共にマシンの整備や研究を行う事も多く、また独自にゴマー&シオーのマシンを改造してツインノリッタにしたり、マシンにミサイルポッドを取り付けたり(反則行為)と実力は高い。ドジを踏むこともあるが、基本的には真面目でしっかり者であり、女好きのジャックもこのルーシーには手を出さない。ジョディとは対照的に、料理が得意。クランクのお姉さん的存在。先述のバスジャック事件以来、リュウには恋心を抱いており、一緒にいる事は多いものの、リュウには全く気づいてもらえない。
終盤ではミス キラーから記憶チップを手渡された際に今までのミス キラーとは明らかに様子が違うことに疑念を抱き、リュウに問い詰めてミス キラーの正体がハルカであることに気付いた。リュウとハルカの幸せを願うため結局自ら身を引く事になり、片想いに終わる(人生としては良い経験になった模様。実際ジャックに「お前いい女になりそうだな」と言われた)。
搭乗マシンはエレガンスリバティ (ELEGANCE LIBERTY) 。重量:1000kg、性能評価:B/C/A、No.31。ゲーム版『ファルコン伝説』ではカードe+限定マシン。軽量でグリップが高く、彼女に合わせた、初心者向けで走りやすいマシンといえる。コーナリング性能が非常に優れる反面、スピードは若干低めなので、直線コースよりはテクニカルコース向き。
ミス キラー (Miss Killer)
声:吉田小百合
21歳。ダークミリオンの幹部で一流の殺し屋。リュウの恋人と瓜二つの外見を持つ。ブラック シャドーのお気に入りの部下でエリート意識が強く、見下すような言動が多いため、ゾーダと対立している。冷徹な性格で、その姿でリュウを惑わし何度も命を奪おうとした。
その正体はリュウの恋人、ミサキ ハルカ (Misaki Haruka) 本人であるが、ブラック シャドーに洗脳されているため、その自覚がない。
150年前、レースクイーンだったハルカは、同じく一流のレーサーだったリュウと知り合い、しばらくの間交際を続けていた。しかし、リュウが彼女にプロポーズしようとしたその日、リュウはゾーダを追う途中事故にあって、コールドスリープされてしまう。その後レースクイーンを引退し、ゾーダが死刑にならず冷凍刑にされるのだと知ったハルカは仇を討とうとゾーダの元へ向かったが、ゾーダの仲間と間違われ、共に冷凍刑にされてしまった。そして150年後、彼女はゾーダと共にブラック シャドーの手によって目覚め、洗脳されてミス キラーとして生まれ変わった。以来、リュウ達を色々な手で苦しめてきたが、終盤でゾーダのリアクターマイトの力によりハルカの記憶を取り戻す。だがその事を知られると自分の命がないと思い、冷徹なミス キラーを演じ続ける。その後リュウの部屋へ訪ねた時にルーシー達と楽しげに話すリュウの姿を見て、もうリュウとは昔のような関係には戻れないと悟り婚約指輪を持ったまま立ち去ってしまった。後にリュウと再会した際に「私の指に合わなかった」と言って指輪を投げ返し、リュウとの決別を決意。以後、ブラック シャドーの計画を探るためにミス キラーを演じながら影でリュウ達に協力するようになる(ゾーダに捕まったロジャーとドラグが閉じ込められた部屋のカギを解除して脱出の手助けをしたりした)。
ブラック シャドーの計画を引き出したチップをレース中にリュウに渡そうとするがキャプテン ファルコンやルーシーの妨害を受けてコースアウトしてしまい、仕方なくルーシーに渡してそのままダークミリオン本部へ戻ったが、ブラック シャドーから全てを見抜いていた上であえて泳がせていた事を告げられて、ついに裏切りが発覚してしまう。その後カプセルに閉じこめられたまま宇宙に放り出され、サムライ ゴローの船に拾われる。駆けつけたリュウを目の前にした彼女は、感極まって胸に銃を当てて拒絶するがリュウの説得によってついに心を開いた。しかし突然現れたブラック シャドーによって再びさらわれてしまった(実際はリュウのリアクターマイトのエネルギーを増幅するために彼女を利用したものだった)。
最終決戦ではカーボンフリーズを施されて人質にされていたが、救援に駆けつけたキャプテン ファルコンによって救われた。
ダークマターリアクター消滅後、150年前に待っていた思い出の場所でリュウとの本当の再会を果たし、150年間引き裂かれたリュウとの関係はついに結ばれる事となった。その時の彼女にはミス キラーの面影はなく、リュウの恋人ミサキ ハルカの素顔に戻っていた。5年後の世界ではリュウと結婚し、バートに代わってファルコンハウスを経営している。
なお、キラーがハルカであることが正式にわかったのは物語終盤だが、放送開始当初発売された自由帳で、そのことが逸早く暴露されてしまった(キラーの絵のところにちゃっかりMISAKI HARUKAと書かれていたのである)。ゲーム版『ファルコン伝説』ではカードe+限定キャラクターで、ここでもミサキ ハルカの名前で登場している。
搭乗マシンはムーンシャドー (MOON SHADOW) 。重量:1110kg、性能評価:B/C/B、No.32。ブラックシャドーによって膨大な費用を賭けて製作されたマシン。ボディ強度とグリップは高めで、その他の性能もバランスがよい。
クランク ヒューズ (Crank Hughes)
声:小松里賀千葉一伸(5年後)
11歳。7月28日生まれ。惑星ヘルでリュウが出会った少年。コンピューターの腕は超一流であり、高機動小隊の面々を影からサポートする。右目に様々なデータが表示されるゴーグルを装着している(シャットも可能)。かつてはゾーダに頼まれて強力なコンピュータウイルスを作ったりもしたクラッカーであったが、リュウ達と出会ってからは足を洗い、バートの好意でファルコンハウスで手伝いをしながら住むようになった。バートに父の、ジョディに母の面影を感じている。
後にマイティ ガゼルは自分の父親、ロイ ヒューズであり、古い友人であるキャプテンファルコンがバートであることを知る。(最初に彼の正体を知ったのは彼であり、長い間秘密にするがバート不在に我慢できずリュウに教えてしまう)5年後の世界ではリュウのドラゴンバードを引き継ぎ、レーサーとしてデビューする。
『CLIMAX』での搭乗マシンはアニメ版最終決戦仕様のドラゴンバードEX (DRAGON BIRD EX)。重量:1880kg、性能評価:B/A/Cと、リュウが乗る場合と異なる(マシンナンバーはリュウの場合と同じく00)。こちらのドラゴンバードはブーストが非常に高くなったが、グリップは弱くなっている分、上級者向けのマシンになっている。
なお、アニメ版最終話のクランクはレッドガゼルに乗っており、5年後で乗っていたのは通常仕様のドラゴンバードである。最終決戦仕様のドラゴンバードにはリュウしか乗っていない。
リサ ブリリアント (Lisa Brilliant)
声:浅野まゆみ
年齢不詳。宇宙海賊であり、サムライ ゴローの妻。ゴローが唯一頭が上がらない相手である(彼女がレディースレース中に海賊船を出して妨害行動に出た時もゴローは「(彼女も)ああなったら止められねえ」と発言している)。彼女にあこがれてゴローの部下になった者も多い。夫婦仲は良好だが、互いに風来坊なため、同居はしていない。ピンク色のカニ型宇宙船「エクセレントオブクイーン」を所有。ピンクはラッキーカラーらしく、ゴローのファイアスティングレイも同様に塗った(が、仕返しにパンツァーエメラルドを緑色に塗られた)。最初の方ではジャックを欺き、アストロロビンを強奪し高機動小隊の本部からF-ZEROレースの賞金を奪い取った挙句アストロロビンを色替えし逃走も計っていたが、今はゴローの手助けをしたりしている。
搭乗マシンはパンツァーエメラルド (PANZER EMERALD) 。重量:1900kg、性能評価:A/D/B、No.33。形状は大きく異なるが、ゴローのファイアスティングレイに近い性能を持つ。
バート レミング (Burt Lemming)
声:田中秀幸
年齢不詳。4月10日生まれで、血液型はA型。リュウの行きつけカフェ「ファルコンハウス」のマスターで、重度のF-ZEROファン。レースの日は店を休みにすることが多い。クランクの父親的存在。紳士的で、リュウに対して「リュウさん」と呼び、ジャックを「ジャック君」、ルーシーとクランクに対してはそのままで呼び捨てている。毎回次回予告の後に、「バートのF-ZERO教室」というコーナーがあり、ディフォルメ化されたバートが視聴者からの質問に答えている。左目の傷のことを度々聞かれたが、真相は最後まで不明だった(「バートのF-ZERO教室」最終回での彼の態度を見ると、どうやらとても恥ずかしい理由で出来た傷だったらしい)。お世辞にも絵が上手いとは言えない。得意料理は納豆のカレー(クランクの好物だが、リュウの口には合わない模様)。
バート レミングという名は本名ではなく、本当の名はアンディ サマー (Andy Summer) 。名前のとおり、ジョディ サマーの兄である(ジョディは亡くなったと思っていた)。
実は、彼こそがキャプテン ファルコンの正体である。キャプテン ファルコンについては上述。
惑星タンカルでブラッド ファルコンと共に切り裂いた空間に巻き込まれて消滅したかに見えたが、ブラック シャドーを欺くため行方不明になったように見せかけて謎の覆面パイロット「バーサーカー」に成りすましてF-ZERO委員会の内部調査に乗り出していた。なお、バート不在となった時のファルコンハウスはクランクが代わりに経営していた。
F-ZERO委員会本部で拉致されたリュウを救うためにブラック シャドーの目の前でバーサーカーの正体を明かし、リュウと共にブーストファイアを発動してF-ZERO委員会本部からの脱出に成功。その後ファルコンハウスに客として訪れたリュウをマスターとして出迎えた。
搭乗マシンはブルーファルコン (BLUE FALCON) 。
バーサーカー (Berserker)
ドン ジーニーに雇われた、ダークミリオンに従う謎の覆面パイロット。
その正体は行方不明と思われたキャプテン ファルコンである。F-ZERO委員会の動きを調査するために、素顔を隠していた。
搭乗マシンはレッドブル (RED BULL) 。重量:2200kg、性能評価:A/C/B、No.77。ブルーファルコンに擬装を施したものだが、性能はブルーファルコンとは大きく異なる。ゲームでは『CLIMAX』にのみ登場。外見がブラックブルに似ているためか性能も似せており、最高速度とボディ強度はブラックブルと同等であり、ブラックブルと同様にサイドアタックで相手マシンを一撃で破壊することも可能である。ブースターに関してはブラックブルよりも優れ、ポテンシャルは高いが重量が重い分小回りが利かないため、上級者向けマシンになっている。
ダークソルジャー (Dark Soldier)
ダークミリオンの一般戦闘員であるロボット。それなりの喜怒哀楽は持っている。『CLIMAX』ではプレイヤーキャラクターとして登場。なお、色違いがリサの部下として働いている。
搭乗マシンは量産型デスアンカーであるソルジャーアンカー (SOLDIER ANCHOR) 。重量:1720kg、性能評価:D/B/B、No.34。デスアンカーと違い、ブースターを抑えられた反面、グリップを強化してバランスが取れているため、マシンの強度にさえ気をつければ初心者でも扱える。最高速度は高め。なお、ゲーム版ではオレンジ色だが、アニメ版では様々な色のバリエーションが登場する。
アンソニー ロプキン (Anthony Ropkin)
声:千葉一伸
年齢不詳(コールドスリープを考慮すれば90歳以上)。
シルバー ニールセンの若い頃のライバルである宇宙人。ローカルレースでは連戦連勝を記録する謎の凄腕パイロット。ニールセンとの決着を付ける直前に事故にあって重傷を負い、リュウと同じようにコールドスリープされて現代に蘇った。
搭乗マシンは名称、ナンバー、性能共に不明だが、外見は赤いゴールデンフォックス。ゲームには登場しない。

その他の登場人物[編集]

ミスター ゼロ (Mr. ZERO)
声:飛田展男
F-ZEROにおける実況担当。常にハイテンションであり、靴や装飾品にはF-ZEROマシンをモチーフとしたデザインが施されている。なお、70年前の第一回F-ZEROグランプリの記念写真に若い頃のニールセン等と共に写っている。
ゲームにもよく登場しており、初代では取扱説明書の漫画に、『X』ではスタート時のカウントやエンディングに、『GX』ではレース優勝後のF-ZERO TVのインタビュアーとして登場。
銀河連邦警察長官
声:志村知幸
銀河警察の責任者。リュウ達の力を高く買っているが、ジョン タナカはあてにしていない。ブラッド ファルコンに捕まったこともあった。
サスケ、白雲(はくうん)、幻斎(げんさい)、月影(つきかげ)
声:川上とも子(サスケ)、野中秀哲(白雲)、滝知史(幻斎)、高橋裕吾(月影)
サムライ ゴローの部下である宇宙盗賊。ゴローのことを御頭と呼び慕っている。第4話では、サスケがレイナと言う名で女装姿で登場していた。
アリアス
声:戸田真衣子
病に苦しむ少年。5話で初登場した際はゴローに奪われた薬で無事に助かる。10話ではリュウとロジャーがレースで勝ったら手術を受ける約束をする。クランクといつの間にか友達になったことが36話で明らかにされており、最終回では逞しく成長し、元気な姿を見せている。
ローズ
声:浅野まゆみ
150年前、リュウとハルカの友人であった女性警察官。実はアリアスの先祖であり、彼女の残した日記から150年前の事件の真相が明らかになる。
レイナ
声:川上とも子
病気の少女。届くはずだった薬がサムライ ゴロー(の名前で悪事を重ねていたビビリビッチ)に奪われ、母親(声:戸田真衣子)と共に途方にくれていた。実は、彼女の正体はサスケである。そのため性別は男。
トゥルカム
声:福山潤
ドリームの恋人。ドリームとの贅沢な生活を望むあまり、マイケル チェーンの言いなりになっていたが、彼女の言葉で目を覚ます。
ドリーム キャサリン
声:笹本優子
トゥルカムの恋人。実は家出した大富豪の娘であった。
ビビリビッチ
声:千葉進歩
宇宙盗賊。服に書かれた「汁」の文字がトレードマーク。サムライ ゴローの名を利用して悪事を重ねていたが、本物のゴローにばれて、お仕置きされる。その後、リサがリアクターマイトを手に入れた際、ゾーダと共にそれを奪おうとして再登場。リサを人質にして、ゴローの手に渡ったリアクターマイトを渡すように要求するが、リサに逃げられ、逆に人質に取られてしまい、挙句の果てにゾーダに見捨てられるという悲惨な結果に終わった。彼の部下は、その後リサの配下についていることが確認されている。
ゴードン
声:藤田圭宣
ケイト アレンのマネージャー。アービン ゴードン(ザ スカル)と同じ苗字だが、容姿は全く異なる別人。ジョン タナカ(本人曰く「友達」)の事を「タナカちゃん」と呼ぶ。

『F-ZERO FOR GAMEBOY ADVANCE』の登場人物[編集]

一般的なマシン取得条件の順に並べている。なお、本作は1世代(25年)後の未来が舞台となっているため、上記の『F-ZERO』本編の人物及び『ファルコン伝説』の人物は登場しない。

ミーガン (Megan)
謎の女性パイロット。空手の達人。
搭乗マシンはホットバイオレット (HOT VIOLET) 。最高速度の低さを除けば、平均的なスペックで、コーナリング性能に優れている。
ミッキー マーカス (Micky Marcus)
速さと美しさを追求するフェミニスト。
搭乗マシンはファイアーボール (FIRE BALL) 。ボディ強度と最高速に優れる反面、加速と旋回力が若干鈍く、ブースト性能は低いが、全体的にバランスは取れている。
ジェーン B クリスティー (Jane B Christie)
搭乗マシンのジェービークリスタル (J.B.CRYSTAL) はデザインこそ古いが、高いバランス性能とかなり長いブースト持続力を持つ。しかしブーストの加速は鈍く、ブースト中でもダートで減速してしまうという欠点があり、そのスピード性能やジャンプ力も弱い。安定性は最高クラスだが、旋回力とボディ強度はそこまで高くはない。
ナイチ "ザ・スウィープマン" (Nichi "THE SWEEP MAN")
ネイティブ系。
搭乗マシンはクレイジーホース (CRAZY HORCE) 。加速力・旋回力・ジャンプ力に秀で、ブースト時の最高速度もそれなりに高いため、高速のコーナリングと、ザ スティングレイに次ぐ長距離ジャンプを可能とするが、全マシンで最もボディがもろく、コーナリングバランスも悪い。最高速度やブースト持続時間はやや低め。
サイバー卿 (Lord Cyber)
辺境の城に住む、王侯貴族の血を引く富豪。
搭乗マシンはダーティージョーカー (DIRTY JOKER) 。最高速度、ボディ強度、加速力は標準クラスで、コーナリング性能がやや優れている以外に特徴がないように見えるが、ブーストやダッシュ板、地雷の接触などで加速した後に非常に減速しにくいという長所がある。ブーストの速度は速いが、持続時間は3秒と短い。ジャンプ力は低い。加速後の減速のしにくさとコーナリングバランスの高さから、ダッシュ板が多く狭いコースに強い。
アレックス (Alex)
陽気な元アメフト選手。
搭乗マシンはザ スティングレイ (THE STINGRAY) 。ジャンプ時の飛距離とブーストの持続時間は最高クラスで、ボディ強度が高く、最高速度もかなり速い反面、加速は鈍く、旋回力・安定性共に低い上に挙動が若干独特なためコーナーリングは苦手。ブースト時の最高速度は全マシン中最も低い。その性能から長距離の直線コースに強く、速度を維持しやすい。
ブリッツ ワーグナー (Blitz Wagner)
この時代における最高齢パイロット(43歳)。
搭乗マシンはシルバーサンダー (SILVER THUNDER) 。ボディは堅いが、加速・ジャンプ力・ブースト持続時間・コーナリング性能はかなり低い。通常時の最高速が最も速いマシンで、ブースト最高速度も速い。その性能から走破性は高く、ザ スティングレイ程ではないものの、長距離コースに強い。
ケント アケチ (Kent Akechi)
自称キャプテン ファルコンの血縁者。
搭乗マシンもファルコンマークII (FALCON Mk-II) と、彼を意識した名前とフォルムである。高いレベルでバランスのとれた機体で加速力に優れ、ボディ強度とブースト速度に若干の難があるものの、どのコースでも平均以上の走行が出来る。
クミコ "ザ・ブレット" (Kumiko "THE BULLET")
大和撫子風の外見に似合わず、その直線での爆発的なスピードは「弾丸クミコ」の異名を持つ。
搭乗マシンはファイティングコメット (FIGHTING COMET) 。加速と安定性はほどほどで通常時の最高速は最も遅く、ボディも脆いうえ、旋回力に欠けるためにコーナリングも苦手。しかしながらブースト性能は他のマシンを圧倒し、持続時間が長く非常に速いブーストが使え、さらにはダーティージョーカーと同じく、加速後は非常に減速しにくい。ジャンプ力はクレイジーホースと同等。ザ スティングレイが長距離コースに強いのとは対象的に、こちらは短距離の直線コースに強い。
ヤズー ジュニア (Yazoo Jr.)
優秀な設計者を父に持ち、理論的な走りをする。
搭乗マシンのジェットバーミリオン (JET VERMILION) は、最高速において高い水準(ブースト時600km/hを超えるただ1台のマシン)を誇るが、加速・コーナリング性能は最悪。ボディの堅さは全マシン中最高。ジャンプ力はかなり低い。その性能から、一度最高速に達すれば速度はほとんど減らないが下手に操作を誤って大きく減速すると、シルバーサンダー以上に復帰が困難である。