恐竜・怪鳥の伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
恐竜・怪鳥の伝説
監督 倉田準二
脚本 伊上勝
松本功
大津一郎
出演者 渡瀬恒彦
林彰太郎
沢野火子
牧冬吉
音楽 八木正生
撮影 塩見作治
配給 東映
公開 日本の旗 1977年4月29日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

恐竜・怪鳥の伝説』(きょうりゅう・かいちょうのでんせつ)は、1977年4月29日に公開された東映京都撮影所製作の特撮映画。併映は『ドカベン』(実写映画)。

概要[編集]

富士山麓西湖に現れた恐竜(プレシオサウルス)と怪鳥(ランフォリンクス)の死闘を軸にしたパニック映画である。

当時、人食い鮫による大混乱と恐怖を描いた映画『ジョーズ』の大ヒットにより、猛獣が人間を襲う「動物パニック映画」が量産されていた(大タコが海水浴場で暴れる『テンタクルズ』、大熊が森林公園で暴れる『グリズリー』など)。本作はこの流れに乗る形で製作されたため、従来のいわゆる「怪獣映画」とは趣を異にする“スリラー仕立て”となっている。「水中から引き上げた人体の下半身が無い」などのショックシーンには『ジョーズ』の影響を見て取れる[1]

あらすじ[編集]

1977年夏、樹海での自殺未遂から生還した女性が、巨大な卵を目撃した旨を述べて息絶える。そのニュースを聞いた芦沢節は、富士山麓に向かう。

現地には、恋人の女性カメラマン・小佐野亜希子と、その助手の園田淳子がいた。馬の首なし死体が発見されるなど、富士五湖の近くでは怪現象が相次ぎ、ついに水中撮影中の亜希子を待っていた淳子が、何者かに下半身を食いちぎられるという事件が発生する。

恐竜の目撃も相次ぎ、さらには証拠写真も撮られたため、西湖周辺は恐竜探索で騒然となる。さらに恐竜を退治しようと爆雷攻撃を敢行。しかしプレシオサウルスは陸に上がっていたため、攻撃は空振りに終わる。

節と亜希子は湖に潜り、湖をつなぐ地底トンネルと、大量の卵のある洞穴を発見する。そのころ復活したランフォリンクスが西湖に飛来、恐竜騒ぎに集まった人々を襲う。群衆はパニック状態となり、銃を乱射して爆雷を誤射、全滅してしまう。

恐竜の巣を脱出した二人の前にプレシオサウルスが立ちはだかるが、そこにランフォリンクスが飛来。二匹の恐竜が死闘を繰り広げる中、富士山が噴火。必死に助け合い生き残った節たちの眼前で、恐竜たちは地割れに飲み込まれていくのだった。

登場キャラクター[編集]

プレシオサウルス[編集]

  • 全長24m、体重23t
  • 予告篇ではプレシオザウルスとなっている。
  • 造形物はパペットと実物大の頭部が作られた。
  • 本物同様ヒレ足だがポスターのイラストでは水かきのついた前足になっている。
  • 前世期の恐竜が現在まで生き残っていたもの。自然環境の変化でこの地域だけ太古が再現され眠りから覚める。もう一匹の怪鳥ランフォリンクスも蘇り、宿命の対決をやりながら富士火山帯の爆発と共に地割れの中に吸い込まれてしまう。性格は人間を襲うなど非常に凶暴である。

ランフォリンクス[編集]

  • 全長13m、体重2t
  • 予告篇ではランホリンクスとなっている。
  • 造形物はパペットと実物大の脚部が作られた。
  • 劇中では一体しかでないがポスターのイラストでは三匹描かれている。
  • 富士樹海付近の自然環境の変化で、化石化していた卵が孵化して蘇った前世期の怪鳥。 同様に現れたプレシオサウルスと壮絶な対決をするが、富士火山帯の大爆発により、地割れの中に吸い込まれてしまう。性格は凶暴で人間・動物を空から襲う。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

その他[編集]

  • 本作における造形担当は『怪獣王子』などで知られる大橋史典であり、操演用ミニチュアや着ぐるみ以外に、実物大のプレシオサウルス頭部や馬の死骸などの造形物も、劇中に提供していた。
  • 本作に登場する首長竜翼竜は、実際はそれぞれ恐竜・鳥類ではない(もっとも怪鳥という言葉は単なる形容でしかない)。また両者とも劇中では実在のものより遥かに大きく、容姿や行動も(怪獣風に)アレンジされている。

脚注[編集]

  1. ^ 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、246頁。ISBN 4766927060

外部リンク[編集]