国際消防救助隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際消防救助隊(こくさいしょうぼうきゅうじょたい、International Rescue Team of Japan FireーService:IRT-JF)とは、海外で大規模災害が発生した際に各都道府県毎の国際消防救助隊登録消防本部の救助隊から編成され、国際緊急援助隊(JDR)の一員として被災地に派遣され救助活動を行う部隊である。

発足[編集]

1985年にコロンビアで発生したネバドデルルイス火山噴火災害において、日本政府は消防救助隊の派遣を検討したものの、当時海外に消防本部の要員を派遣するような制度はなく、コロンビア政府の意向もあり実現しなかった。この教訓から、自治省消防庁(現在の総務省消防庁)は海外で大規模災害が発生した際に消防本部から救助隊を派遣する制度を整備することとなった。

1986年4月に国際消防救助隊が発足、その年の8月にはニオス湖ガス噴出災害、10月にエルサルバドル地震災害に消防救助隊を派遣した。1987年9月になると国際緊急援助隊の派遣に関する法律の施行に伴い、国際消防救助隊は国際緊急援助隊救助チーム(消防庁、警察庁、海上保安庁)の一員として位置づけられることになった。

部隊概要[編集]

国際消防救助隊は各消防本部特別救助隊特別高度救助隊などから選抜された隊員により編成され、隊員の多くは特別な訓練を受け、電磁波人命探査装置など高度救助資機材にも精通している。東京消防庁消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー)を中心に編成される場合が多く、他の消防本部が当番制であるのに対し、東京消防庁のみは常時派遣可能な体制をとっている[1]。 なお、救助チームとして直接救援活動に従事するほかにも、国際緊急援助隊専門家チームとして被災地の情報収集や防災関係者への救助技術の指導等にあたる場合もある。

同隊のシンボルは、オレンジの地球儀を背景に略称である「IRT JF」、下方に”握手する二つの手”の描かれたワッペンである。しかし、実際に派遣される際は国際協力機構から活動服が支給され、また、国際緊急援助隊の一員として消防・警察・海保の混成チームで活動することもあり、実際に現地で活動する際はIRTのワッペンではなく国際緊急援助隊のJDRと書かれたワッペンを付けている。

2011年には国連人道問題調整事務所が主催する国際都市型捜索救助チームの能力評価において、国際緊急援助隊救助チームは最高レベルの救助能力評価である「ヘビー級チーム」の認定を受けた。

主な活動実績[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国際消防救助隊出動体制編成計画(PDF)

外部リンク[編集]